着物の雨コート

未分類

着物の雨コートについて

雨の日は、防水・撥水をほどこした雨コートを着れば、大切な着物も汚れません。

足元が一番濡れやすいので、裾まですっぽり隠れる丈を選びましょう。

雨コートでも既製品で販売している二部式なら、丈が調整しやすく便利です。雨コートは、薄くて持ち運びにも便利ですので、

雨が心配な日のお出かけでは、バッグに入れて持っていくのもお勧めです。

着物の雨コートの既製品:参考価格 約1万円~2万円

着物用の雨コートとは

きれいに着物を着ても、雨に濡れたり泥で汚れてしまったりしては台無しですね。そんな時に活躍するのが、「雨コート(あまこーと)」と呼ばれる着物用のレインコート。着物の上から着用することで、雨や泥はねだけでなく、晴れの日に舞う塵からも着物を守ってくれます。雨コートの形にはいくつか種類がありますが、中でも「ワンピースタイプ」と「二部式」が着やすくて人気です。ワンピースタイプは1日中天気がすぐれないときにおすすめ。1枚で全身をカバーできるので、訪問先でさっと脱ぎ着できるというメリットがあります。デメリットは、丈の調整が難しい点。雨コートの丈が短いと、一番地面に近く汚れやすい裾の部分を充分に守れません。また長すぎても裾を引きずってしまいます。

二部式の雨コートは、これから雨が降りそうな時や、午後になったら止みそうという時に活躍します。上部は羽織れるコート、下部は巻きスカートと2つに分かれているため、脱ぎ着するのに少し手間がかかりますが、ワンピースタイプと異なり、身丈の調整が簡単にでき、既製品を購入しても丈が合わず使えないというリスクが少ない点が魅力です。また、雨が止んだ際は下部だけ外すという使い方もできます。

ワンピースタイプの雨コートでは、アップルコートというのがオススメです。色も数種類あるので助かります。生地はポリエステルです。

雨コート

アップルコート

ポリエステルは水に強く比較的頑丈なので、難しいお手入れ不要という点が魅力です。

表面がテカテカしている通常のレインコートとは異なり、雨コートは着物の雰囲気に溶け込むような質感に作られています。近年では織りの技術も進歩しておりさまざまな生地を使用した雨コートが作られるようになっています。

 

和遊館丸豊に電話で問い合わせ

和遊館丸豊の営業時間 豊橋店9:30~16:30(土・日17:30)火曜・水曜定休
田原本店10:00~17:30ならお電話でお問合せ下さい。わからないことやご質問など。

田原本店へ電話で問合わせ

関連記事一覧