振袖の豆知識と雑学!成人式を彩る伝統衣装の魅力を解説

成人式, 振袖, 着付け

振袖は、日本の伝統的な衣装の中でも特に華やかで美しいものです。成人式や卒業式などの特別な場面でよく見かけますが、その歴史やデザイン、着こなし方には多くの魅力と奥深さがあります。私自身も初めて振袖を着たとき、その華やかさと重みを感じ、日本の伝統文化に触れる素晴らしい体験をしました。

振袖の歴史は古く、平安時代にまで遡ります。当時は貴族の女性たちが身にまとい、結婚式や公式行事でその美しさを競い合いました。現代でも振袖は未婚女性の晴れ着として親しまれ、そのデザインや色合いには深い意味が込められています。例えば、赤い振袖は幸福や長寿を願う意味があり、多くの女性に愛されています。

振袖を選ぶ際には、自分の体型や好みに合わせて選ぶことが大切です。色や柄、素材の違いによって、同じ振袖でも印象が大きく変わります。また、振袖に合わせる小物やアクセサリー、ヘアスタイルにも注意を払い、トータルコーディネートを楽しむことがポイントです。私が友人の結婚式で振袖を着たときは、ヘアスタイルやアクセサリーにもこだわり、自分だけの特別な一着に仕上げました。

この記事では、振袖の歴史や種類、選び方やコーディネートのポイントなど、振袖に関するさまざまな豆知識を紹介します。振袖に対する理解を深め、美しく着こなすための参考にしていただければ幸いです。振袖の魅力を知り、自分らしいスタイルで特別な日を彩りましょう。

振袖・振袖レンタル・着物・着物レンタル・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖や卒業袴、各種着物のレンタルと着付け、さらに振袖ドレスまで提供しています。常設のフォトスタジオも備え、一人ひとりに合った着物選びのサポートを行っています。こだわりの商品セレクトとプロの着付け技術が強みで、お客様が自信を持って着物を楽しめるよう全力で支援します。

和遊館丸豊
店名 和遊館丸豊 豊橋店
住所 〒441-8113愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601

予約・お問合わせ

振袖の歴史と起源

振袖の起源とその歴史

振袖の豆知識と雑学

振袖の起源とその歴史は、古くからの日本の文化と深く結びついています。振袖の最も初期の形は、平安時代にさかのぼります。当時、貴族の女性たちは豪華な装飾が施された長袖の衣装を着用し、その美しさを競い合っていました。この長袖の衣装が、後の振袖の原型となったと考えられています。

振袖の名称が初めて文献に登場したのは江戸時代のことです。この時代に入ると、振袖は未婚女性の正式な装いとして定着しました。特に成人式や結婚式などの重要な儀式で着用され、その華やかさと優雅さが一層際立つようになりました。振袖は、袖を振る動作が邪気を払うと信じられており、未婚女性が良縁を引き寄せるために着用したとも言われています。

江戸時代には、振袖のデザインや色にも多くの意味が込められるようになりました。例えば、赤い振袖は幸福や長寿を象徴し、若い女性に人気がありました。また、刺繍や染め技術の発展により、振袖の装飾はますます精巧で美しいものとなりました。この時期、振袖は単なる衣服としてだけでなく、女性の社会的地位や家族の繁栄を示す重要なシンボルともなっていきました。

近代に入ると、振袖のデザインや用途はさらに多様化しました。成人式の晴れ着として広く知られるようになり、多くの女性が一生に一度の特別な日を彩るために振袖を選ぶようになりました。現代では、振袖はレンタルサービスも充実し、誰でも手軽に利用できるようになっています。また、振袖のデザインも時代と共に変化し、伝統的な柄からモダンなデザインまで幅広く選べるようになりました。

振袖の歴史を振り返ると、それは日本の文化や美意識の変遷を映し出す鏡のようです。長い歴史の中で培われた技術と美意識が、現代の振袖に息づいています。振袖を着ることで、ただ美しいだけでなく、深い歴史と伝統を感じることができます。

振袖が未婚女性の象徴となった理由

振袖の豆知識と雑学

振袖が未婚女性の象徴となった理由には、歴史的な背景と社会的な慣習が深く関わっています。振袖の長い袖は、江戸時代に未婚女性の礼装として定着しました。この時代、女性の社会的地位や役割が厳格に定められており、振袖は若さと純潔を象徴するものとされました。袖を振る動作には、邪気を払うという意味が込められており、未婚女性が良縁を引き寄せるために振袖を着る習慣が生まれました。

また、振袖はその豪華さと華やかさが特徴であり、未婚女性が家族の名誉を示す手段として用いられました。結婚を控えた若い女性が、見合いや社交の場で振袖を着用することで、家族の繁栄や財力を示すことができました。このように、振袖は未婚女性の美しさや品格を引き立てるための重要なアイテムとなりました。

江戸時代には、振袖のデザインや色彩にも特別な意味が込められるようになりました。例えば、赤色は幸福や長寿を象徴し、結婚を控えた女性に特に好まれました。また、振袖の柄や模様にも様々な願いや祈りが込められ、松や鶴、亀などの吉祥文様が多く使われ、これらは家庭の繁栄や長寿、幸福を願う象徴として知られています。

振袖が未婚女性の象徴となった背景には、社会的な慣習だけでなく、女性自身が美しさを競い合う文化も関わっています。振袖の美しさや華やかさは、女性たちが互いに自分を引き立てるための重要な手段でした。友人や家族との特別な時間を共有する中で、振袖は単なる衣装を超え、女性の成長や社会的な役割を象徴する重要な存在となりました。

現代においても、振袖は成人式や結婚式などの特別な場で未婚女性に愛され続けています。伝統的な美意識と現代的な感覚が融合したデザインが多く登場し、振袖は今なお多くの女性にとって特別な意味を持つ衣装です。振袖を着ることで、過去から現在まで続く日本の文化と伝統に触れることができるのです。

振袖の種類とデザイン

振袖の種類とその特徴

振袖の種類とデザイン

振袖にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。代表的な振袖には、大振袖、中振袖、小振袖があります。これらの違いは主に袖の長さによって分類されます。

大振袖は、袖の長さが約114cm以上あり、最も豪華で華やかな振袖です。結婚式や成人式などの正式な場面で着用されることが多く、その長い袖が舞う姿は非常に美しいです。大振袖には、豪華な刺繍や絢爛な柄が施されており、特別な日の装いとして最適です。

中振袖は、袖の長さが約85cmから114cm程度の振袖です。大振袖ほどではありませんが、華やかさと上品さを兼ね備えており、結婚式の披露宴や成人式、卒業式などでよく使用されます。中振袖は、動きやすさと美しさのバランスが取れているため、幅広いシーンで活躍します。

小振袖は、袖の長さが約75センチメートルから85cm程度の振袖です。比較的短めの袖丈ですが、デザインや色合いによっては非常に華やかで可愛らしい印象を与えます。小振袖は、卒業式や友人の結婚式など、ややカジュアルな場面でも着用されることが多く、若々しい雰囲気を演出します。

また、振袖のデザインには伝統的なものから現代的なものまで多岐にわたります。例えば、古典柄の振袖は、鶴や亀、松や梅といった吉祥文様が描かれており、日本の美意識を強く反映しています。現代的なデザインの振袖は、シンプルな柄やモダンな色使いが特徴で、個性的なスタイルを楽しむことができます。

振袖の素材にも注目すべきです。一般的には絹が使用されますが、最近では軽量で扱いやすいポリエステル素材の振袖も増えています。絹の振袖は、光沢と質感が美しく、特別な日にふさわしい高級感があります。一方、ポリエステルの振袖は手入れが簡単で、長時間の着用でも疲れにくい利点があります。

これらの振袖の種類と特徴を理解することで、自分に最適な一着を選ぶ参考になるでしょう。振袖は、人生の特別な瞬間を彩る重要なアイテムです。

振袖のデザインと色の意味

振袖の種類とデザイン

振袖のデザインと色には、それぞれ深い意味が込められています。これらは単なる装飾ではなく、着用者の願いや祈りを反映したものであり、伝統的な日本文化の一部として大切にされています。

まず、振袖のデザインにはさまざまな模様や柄が用いられます。代表的なものには、松、竹、梅、鶴、亀などがあります。松や竹は、冬でも緑を保つことから、長寿や不老長寿を象徴します。梅は寒い冬を乗り越えて咲く花であり、逆境に強い精神力や希望を表します。鶴や亀は、古くから長寿や幸運の象徴とされており、結婚式や成人式などの特別な場で好んで用いられます。

色彩にも重要な意味があります。赤は特に人気のある色で、幸福や活力を象徴します。結婚式や成人式など、人生の節目となる行事でよく選ばれます。赤はまた、厄除けの意味も持ち、着る人を守ると信じられています。

青や緑の振袖は、平和や成長、自然との調和を意味します。これらの色は、落ち着きや冷静さを表し、着用者に安定感をもたらすとされています。青は特に知性や信頼を象徴する色でもあり、慎重で真面目な印象を与えます。

紫は、高貴さや尊厳を象徴する色です。古代から貴族や皇族に愛されてきた色であり、格式の高い場での使用が一般的です。紫の振袖は、気品や優雅さを強調し、着用者を際立たせます。白は、純粋さや清潔さを象徴します。婚礼の際に花嫁が白無垢を着るように、白は新たな始まりや清らかな心を表現します。白の振袖は、特別な日を迎える心の準備や純粋な気持ちを象徴します。黒は、格式や威厳を示す色です。振袖においても、黒は洗練された大人の魅力を引き立てます。黒地に華やかな模様が描かれた振袖は、特別な行事で一際目立つ存在となります。振袖のデザインと色には、それぞれの意味やメッセージが込められています。これを理解することで、振袖選びがより豊かなものとなり、自分の個性や願いを反映させた一着を見つける手助けとなります。

振袖のコーディネート

振袖に合わせる小物とアクセサリー

振袖のコーディネート

振袖を引き立てるためには、適切な小物とアクセサリーの選び方が重要です。これらのアイテムは、全体のコーディネートを完成させる役割を果たし、振袖の美しさを一層引き立てます。

まず、帯は振袖の重要な要素です。帯は、振袖の色やデザインに合わせて選ばれることが多く、金糸や銀糸を使った華やかなものから、シンプルで上品なものまでさまざまです。帯を結ぶ方法も多種多様で、お太鼓結びや文庫結びなど、着用する場面や個人の好みによって選ばれます。

次に、帯揚げと帯締めは、帯を固定するための小物ですが、装飾的な役割も果たします。帯揚げは、帯の上部に見える部分で、鮮やかな色や美しい柄が施されています。帯締めは、帯の中央を固定する紐で、これも華やかな装飾が施され、振袖全体のバランスを整える重要なアイテムです。襟元に挿す重ね衿(伊達衿)も重要な小物です。重ね襟は、着物の襟元に華やかさを加え、顔周りを明るく見せる効果があります。振袖の色や柄に合わせて選ぶことで、全体のコーディネートがより一層引き立ちます。

また、草履とバッグも欠かせません。草履は、振袖のデザインや色に調和するものを選ぶことが大切です。草履の高さやデザインによって、全体の印象が変わります。バッグは、草履とセットで販売されることが多く、小物入れとしても機能的です。

さらに、髪飾りも振袖を華やかに見せるための重要なアイテムです。簪(かんざし)や花の髪飾り、ビーズやパールを使ったものなど、多種多様なデザインがあり、振袖の雰囲気に合わせて選びます。髪飾りは、ヘアスタイルと一緒に考えることで、全体のバランスが取れます。

和装用のショールや手袋も寒い季節には役立ちます。ショールは、振袖の色に合わせたものを選び、防寒だけでなく、エレガントな印象を与えます。手袋は、シンプルなデザインで振袖の美しさを損なわないものが適しています。

これらの小物とアクセサリーを適切に選ぶことで、振袖のコーディネートが完成し、より一層華やかで美しい姿を演出できます。

ヘアスタイルと振袖のコーディネート

振袖のコーディネート、ヘアスタイル

振袖に合わせるヘアスタイルは、その日の装いを一層引き立てる重要な要素です。振袖は華やかでボリュームのある装いであるため、ヘアスタイルもそれにふさわしいものを選ぶことが求められます。

まず、振袖に最もよく合うヘアスタイルの一つはアップスタイルです。アップスタイルは顔周りをすっきりと見せ、首元を美しく引き立てます。シニョンやポニーテール、編み込みを取り入れたアップスタイルなど、さまざまなバリエーションがあります。シンプルなアップスタイルに華やかな髪飾りを添えることで、全体のバランスが取れます。

次に、和装ならではの伝統的なヘアスタイルも人気です。例えば、日本髪風のスタイルは、振袖の古典柄や格式高いデザインによく合います。このスタイルは、髪を結い上げてボリュームを持たせ、簪(かんざし)などの伝統的な髪飾りを使用することで、華やかさを演出します。髪飾りには花やビーズ、パールなどが使われ、振袖の色や柄に合わせて選ぶとよいでしょう。

ボブヘアやショートヘアの方も、振袖に似合うヘアスタイルを楽しむことができます。ショートヘアの場合、サイドをカールさせたり、トップにボリュームを持たせたりすることで、華やかさをプラスします。また、ヘアアクセサリーを工夫することで、振袖とのコーディネートが完成します。特に、花やリボン、パールのアクセサリーはショートヘアにぴったりです。

ヘアスタイルと振袖のコーディネートにおいて大切なのは、全体のバランスを考えることです。振袖が豪華であればあるほど、ヘアスタイルもそれに負けない華やかさが求められます。一方で、振袖がシンプルなデザインの場合、ヘアスタイルで個性を出すことができます。また、顔の形や髪質を考慮して、自分に最も似合うスタイルを選ぶことが大切です。

振袖に合うヘアスタイルを選ぶ際には、専門の美容師に相談することをおすすめします。プロのアドバイスを受けることで、自分の魅力を最大限に引き出すスタイルを見つけることができます。振袖とヘアスタイルの調和を図ることで、特別な日をより一層美しく彩ることができるでしょう。

振袖の選び方と購入のポイント

自分に合った振袖の選び方

振袖の選び方

自分に合った振袖を選ぶためには、いくつかのポイントを考慮することが重要です。まず、自分の体型に合った振袖を選ぶことが大切です。身長が高い方は、柄が大きめで縦に流れるデザインの振袖を選ぶと、全体のバランスが良く見えます。一方、小柄な方は、細かい柄や横に広がるデザインの振袖が適しています。これにより、体型に応じた美しいシルエットを作ることができます。次に、肌の色に合った色を選ぶことも重要です。一般的に、肌が明るい方は、赤やピンクなどの暖色系がよく似合います。肌が少し暗めの方は、青や緑などの寒色系が映えます。また、無地の振袖よりも、華やかな柄が入った振袖の方が、顔周りを明るく見せる効果があります。

顔の形も振袖選びに影響します。丸顔の方は、V字や縦のラインが強調されたデザインが顔をスッキリ見せてくれます。逆に、面長の方は、横に広がるデザインやボリュームのある柄がバランスを整えてくれます。これにより、顔の形に合わせた効果的な見せ方ができます。

さらに、振袖のデザインや柄にも注意が必要です。伝統的な古典柄は、格式の高い場面やフォーマルなシーンに適しています。一方、モダンなデザインや個性的な柄は、自分の個性を強調したいときにぴったりです。振袖を着るシーンや目的に合わせて、適切なデザインを選ぶことが大切です。

自分の好みや個性を大切にすることも忘れないでください。自分が本当に気に入ったデザインや色の振袖を選ぶことで、自信を持って特別な日を迎えることができます。振袖は一生に一度の特別な装いですから、自分らしさを表現できる一着を選ぶことが何よりも重要です。

振袖選びは、専門家のアドバイスを受けることも一つの手です。プロの意見を参考にしながら、自分に最もふさわしい振袖を見つけてください。これにより、最高の一日を迎えるための準備が整います。

購入とレンタルのメリットとデメリット

振袖レンタルと振袖購入のメリットとデメリット

振袖を購入するかレンタルするかは、どちらもそれぞれのメリットとデメリットがあります。まず、購入のメリットについて説明します。購入の最大のメリットは、自分だけのオリジナルな振袖を持つことができる点です。これは長く保存しておくことができ、特別な思い出として後世に伝えることができます。また、何度でも着用できるため、将来的に家族や親戚に貸すことも可能です。さらに、自分の体型や好みに合わせて仕立てることができるため、フィット感やデザインにこだわることができます。

しかし、購入には高額な費用がかかるのがデメリットです。振袖は一度きりの着用で終わることが多いため、そのコストパフォーマンスを考えると躊躇する人も多いです。また、購入後の保管やメンテナンスが必要であり、適切に管理しないと劣化してしまうリスクもあります。特に絹製の振袖は湿気や虫害に弱く、定期的な点検とクリーニングが欠かせません。

一方、レンタルのメリットは、手軽に振袖を楽しむことができる点です。レンタル費用は購入よりもはるかに安く、短期間の使用には最適です。最新のデザインやトレンドを取り入れた振袖を選ぶことができ、毎回違ったスタイルを楽しむこともできます。また、レンタル店がクリーニングやメンテナンスを行ってくれるため、手間がかからず便利です。

レンタルのデメリットとしては、自分だけの振袖ではないため、他人と同じデザインを着る可能性がある点が挙げられます。また、使用回数に制限があるため、何度も着用する場合には不向きです。さらに、サイズやデザインの選択肢が限られていることもあります。自分の体型に完全にフィットしない場合や、希望するデザインがレンタル店にない場合もあります。

結論として、振袖を購入するかレンタルするかは、個々のニーズや予算に応じて判断する必要があります。特別な思い出を長く残したい場合や、頻繁に着用する予定がある場合は購入が適しています。一方で、一度きりの使用やコストを抑えたい場合はレンタルが適しています。それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、自分に最適な選択をすることが大切です。

振袖の着付けと着こなしのコツ

振袖の着付け方法と準備

振袖の着付け

振袖を美しく着こなすためには、正しい着付け方法と準備が欠かせません。まず、準備として必要なアイテムを揃えることが重要です。振袖本体に加え、帯、帯揚げ、帯締め、長襦袢、重ね襟、腰紐、伊達締め、帯板、帯枕、襟芯、足袋、草履などが必要です。また、髪飾りやバッグも準備しておくと良いでしょう。

着付けの手順は複雑ですが、段階を追って丁寧に行うことで美しい仕上がりになります。まず、肌着と足袋を着用し、次に長襦袢を着ます。長襦袢の襟がきれいに整うように襟芯を入れ、腰紐でしっかりと固定します。次に振袖を羽織り、左右の襟元を合わせて腰紐で固定します。このとき、襟元が緩まないように注意が必要です。

帯を結ぶ際は、帯板を帯の内側に挟んで形を整えながら巻きます。帯枕を使って帯の形を整え、帯揚げで固定します。帯締めは帯の中心でしっかりと結び、装飾的な部分が正面に来るように調整します。この一連の動作は見た目以上に難しく、経験を積んだ着付け師の技術が求められることもあります。

着付けが完了したら、全体のバランスを確認します。襟元や袖の位置、帯の形が整っているかをチェックし、不自然なシワやゆがみがないように微調整します。また、草履を履く前に足袋がしっかりと装着されていることも確認します。髪飾りやバッグを持って最終的なコーディネートを整えます。

着付けの前には、体をリラックスさせることが大切です。着付けが長時間にわたることが多いため、事前に軽いストレッチや深呼吸を行い、緊張をほぐしておくと良いでしょう。また、着付けが始まる前にトイレを済ませておくことも重要です。着付け後にトイレに行くのは難しくなるため、事前の準備が欠かせません。

振袖の着付けは一見複雑に思えますが、正しい手順と適切な準備を行うことで、美しく着こなすことができます。プロの着付け師に依頼することで、より確実で美しい仕上がりが期待できるため、特別な日のために専門家の力を借りることもおすすめです。

振袖を美しく着こなすためのポイント

振袖を着こなす為のポイント

振袖を美しく着こなすためには、いくつかの重要なポイントがあります。まず、振袖の着付けが基本となりますが、それだけではなく全体のバランスや姿勢も大切です。

最初に重要なのは、正しいサイズの振袖を選ぶことです。自分の体型に合った振袖を選ぶことで、シルエットが美しく整います。丈が長すぎたり短すぎたりすると、全体のバランスが崩れてしまうため、専門家に相談して適切なサイズを選びましょう。

次に、着付けの際に襟元をしっかり整えることがポイントです。襟が緩んでいたり、シワが寄っていると、だらしなく見えてしまいます。襟元はきちんと固定し、襟芯を使って形を整えることで、美しいラインを保つことができます。また、長襦袢の襟が見えるように少しだけ開けて着付けると、首元がすっきりと見えます。

帯の結び方も重要な要素です。帯は振袖のデザインや色合いに合わせて選び、しっかりと結ぶことで全体のバランスが整います。帯の位置や形を整えるためには、帯板や帯枕を使用して固定します。特に帯の中央部分がずれないように注意し、美しい形を保つように心がけましょう。

振袖を着た際の姿勢も大切です。背筋を伸ばし、肩をリラックスさせて自然な姿勢を保つことで、振袖の美しさが際立ちます。猫背や前かがみの姿勢は避け、胸を張って堂々とした立ち姿を心がけることがポイントです。正しい姿勢を保つことで、振袖のラインが美しく見え、全体の印象が引き締まります。

さらに、髪型やメイクも振袖の着こなしに大きく影響します。髪型は振袖のデザインやテーマに合わせて選び、華やかな髪飾りを使うと良いでしょう。メイクはナチュラルかつ華やかさを意識し、特に目元や口元を強調することで、顔全体のバランスが整います。

アクセサリーや小物も美しい着こなしに欠かせない要素です。草履やバッグ、髪飾りなどの小物は、振袖の色やデザインに合わせて選ぶことで、統一感が生まれます。全体のコーディネートを意識して、小物まで気を配ることが、振袖を美しく着こなすための秘訣です。これらのポイントを押さえることで、振袖を美しく魅力的に着こなすことができます。

振袖の知識と雑学のまとめ

この記事で紹介した振袖の歴史や振袖にまつわる雑学を知ったうえで、あらためて振袖の魅力を深め、自分に最も合ったスタイルを見つけてください。

振袖を選ぶ際には、まず自分の体型や肌の色、顔の形に合ったものを選ぶことが大切です。適切なサイズとデザインを選ぶことで、振袖の美しさを最大限に引き出すことができます。例えば、背の高い方は縦長の柄やシンプルなデザインが似合い、小柄な方は細かい柄や横に広がるデザインがバランスよく見えます。また、肌の色に合った色を選ぶことで、顔色が明るく映え、全体の印象が引き締まります。

着付けにおいては、正しい手順を守りながら進めることが重要です。襟元や帯の位置、全体のバランスを確認しながら丁寧に仕上げることで、美しいシルエットを保つことができます。着付けの際には、プロの着付け師に依頼することも一つの方法です。専門家の手による着付けは、見た目だけでなく、長時間着用しても快適に過ごせるように工夫されています。

振袖に合わせる小物やアクセサリーも、コーディネートの重要な要素です。帯揚げや帯締め、草履やバッグなど、全体の統一感を意識しながら選びましょう。髪飾りやメイクも振袖に合わせて華やかさをプラスすることで、一層引き立ちます。髪型は、振袖のデザインやテーマに合わせて選ぶと良いでしょう。アップスタイルや編み込みなど、さまざまなスタイルがありますが、自分の顔の形や髪質に合ったものを選ぶことが大切です。

また、振袖を着る際の姿勢も重要です。背筋を伸ばし、自然な姿勢を保つことで、振袖の美しさが際立ちます。猫背や前かがみにならないように意識し、堂々とした立ち姿を心がけることがポイントです。正しい姿勢は、振袖のラインを美しく見せるだけでなく、自分自身の自信にもつながります。

振袖を着ることで、特別な日の思い出がより一層深まります。成人式や結婚式、卒業式など、人生の重要な節目において、振袖はその場を華やかに彩る存在です。自分らしいスタイルで振袖を楽しみ、心に残る一日を過ごしてください。

振袖の魅力を最大限に引き出すためには、準備から当日の着こなしまで、一つ一つのステップを大切にすることが必要です。この記事で紹介したポイントを参考にしながら、自分だけの特別な振袖スタイルを見つけてください。振袖の美しさを身にまとい、人生の大切な瞬間を最高の形で迎えることができるでしょう。

振袖・振袖レンタル・着物・着物レンタル・着付け教室・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖、卒業袴、着物レンタルから着付け教室、振袖ドレスまで、お客様の大切な一日を彩るための全てをご提供しています。フォトスタジオを常設し、着物・振袖専門店として、商品セレクト、着付け、コーディネートに力を入れ、お客様一人ひとりに合った最適な着物選びをお手伝いしています。和遊館丸豊の強みは、細部にまでこだわったセレクト力と、美しく着こなすための着付け技術です。お客様が自信を持って着物を楽しめるよう、心を込めてサポートいたします。

和遊館丸豊
店名1 和遊館丸豊 豊橋店
住所 〒441-8113愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601
店名2 和遊館丸豊 田原本店
住所 〒441-3416愛知県田原市東赤石4丁目83
電話 0531-22-0071

予約・お問合わせ

よくある質問

Q.いつ頃、振袖を見に来てますか?
A.振袖を見に来るのは、高3の春ぐらいからスタートして、成人式の2年半〜1年前までが一般的です。

理由としては、選べる振袖の種類が多かったり、当日のお支度時間を優先的に選べたりすることから、多くの方が大学1年生の夏休みまでに選んでいます。

Q.いつ頃、振袖を決めてますか?
A.大体60%以上の人が、成人式の1年前までに振袖を決めています。

Q.振袖選びは時間がかかりますか?
A.平均して約8〜10着を試着して選んでいますので、平均約1.5~2時間ほどです。

Q.最近の振袖は何色が人気ですか?
A.人気は白系(約24%)続いて赤色(約15%)が人気です!最近は、緑色(約14%)や青色(約14%)の人気が高まってきているカラーですね。案外、色については偏りが少なくなってきています。

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 豊橋店
所在地・・・〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話番号・・・0532-26-2601

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 田原本店
所在地・・・〒441-3416 愛知県田原市東赤石4丁目83
電話番号・・・0531-22-0071

和遊館丸豊にLINEで予約・問い合わせ

LINEなら24時間受付可能!

田原本店LINE問い合わせ

関連記事一覧