振袖の選び方のコツ

和遊館丸豊のスタイリング、コーディネートはプロの知識とセンスでお嬢様を素敵に魅せます。そのために「選びやすさ」と「商品セレクト」にこだわります。

  • HOME
  • 振袖の選び方

Style & Select 振袖の選び方のコツ

振袖の選び方のコツを紹介!「上手に振袖を選ぶ」なら選びやすいお店に行くのが正解!

和遊館丸豊のスタイリングは、プロの技とセンスであなたをキレイに細くお顔映り良く仕上げます。「自分にどんな振袖が似合うんだろう?」「スッキリ細く見せたいなあ?」「華やかに素敵に変身したい、どの振袖を選べばいいの?」…こんなお悩みありませんか?そんなお悩みや不安に和遊館丸豊がお答えします!

振袖を選ぶとき、どうだったら選びやすいですか?

・ディスプレイ、接客対応、専門家的アドバイス、【試着回数=比較回数】

考えてみると、振袖の選びやすさの要素は上記のようなことが関係してくると思います。

「振袖を選ぶ」のも「洋服を選ぶ」のと同じです。

では、振袖と洋服で選ぶときに何が違うのでしょうか?

大きく洋服と違う点は・・・振袖は自分で試着が自由に簡単にできない。。。つまり試着して(比較して)選びにくいのです。

それ以外は、ディスプレイ、陳列の見やすさ、販売員のアドバイスや、試着時の対応など選びやすいと感じるポイントは洋服を選ぶ時とほぼ同じです。しかし、振袖なので洋服の時のように試着が自由に何回も自分でできないので、鏡で似合っているかどうか確認や納得がしにくいのです。

なので、いろいろと親身になって試着させてくれる、納得がいくように見せてくれる、選ばせてくれるお店があるといいですよね!そうだったら絶対に選びやすいですよね!試着を重ねていくと自分でも先ほど試着した振袖より似合っているかどうかは必ずわかります。(何回も比較できるから)ということは、「何着も気兼ねなく試着させてくれるお店が選びやすい」ということになります。しかも納得して決めることが出来ます。

丸豊のディスプレイ、陳列は⇒「見やすさ」「選びやすさ」「ゆっくり見れる」の観点から作り上げています。ハンガー掛け・平置き・立体的ディスプレイ・照明・空間設計(配置)など。

丸豊は振袖を選ぶ時、試着回数制限なし!「比較できるよう何枚も試着できます」

和遊館丸豊の「振袖の選び方」は、実際に体に当てたり、着せたりして自分に似合うかどうかをお客様にとって「わかりやすくします」

その理由は、永年の経験から振袖を選ぶときに、頭で想像して悩んでいるより実際に「あててみる」「試着する」方が圧倒的に早く・わかりやすいからです。振袖に限らず、帯、小物も同じ選び方で順番に選んでいきます。

・振袖→帯→小物→草履バッグ の順番で選んでいきます。

丸豊の強み「振袖選び」、「商品セレクト」

「どんな振袖が自分に似合うかわからない?」

こんなお悩みにお答えします。

  • 永年培われた専門的なネットワークによりバリエーション豊かに商品セレクト!
  • いろんなタイプの振袖が揃ってるので比較しやすい!
  • 専門的なアドバイスをわかりやすく視覚的に見せます!

振袖・帯・小物の仕入れのこだわり

当店は132年にわたり営業しているので必然的に取引社数が多いです。その中で培われた商品知識、セレクト力には定評があります。定期的に、京都や東京、名古屋などの各産地まで出向き、厳選して仕入れをしています。気に入るものがなければ仕入れない時もあります。たえず、新商品や取引先を開拓しておりますので様々なルートからの商品セレクトで専門的な視点からのご提案が可能です。他店よりもバリエーション豊かに品揃えすることにも注力しております。
「こんなにたくさんの商品があって驚いた!」
「バラエティ豊かに振袖がたくさんあるね!」
「帯の種類が多いね!」
と言われます。ただ単に数量だけにとらわれず、バリエーション、見せ方、品質、流行、プライスにもこだわります。

それぞれの商品の特性

細くキレイな振袖姿に見せたいあなたへ

生地や色、柄の配置で選ぶと「華やかさ」「スッキリさ」見た目が全然違います!

下の振袖の写真はどれもスッキリと細く見える柄の流れになっています。様々なお振袖やお着物を扱ってきた経験上、この柄の流れ、配置でスッキリと細く見えるタイプがあります。また、背が高い人に似合う、背が小柄な人に似合うという商品の特性も熟知しております。

絶えず女性が美しくオシャレに、細く見える商品をセレクトしています。そんな振袖とは、帯の下からの柄が、帯下から裾に流れるような斜めどり、または縦線ちょうしの柄がスッキリと細く見える振袖です。特に無地の箇所の割合が多いとよりスッキリと見えます。

スッキリと細く見える柄

↓こちらは、逆に少しふっくらと太く見える柄です。下の振袖の写真の柄です。柄の面積が多く柄が横に配置された柄の振袖です。柄が多く豪華に見えますが、人によっては柄が詰まって見えるので似合ってない場合はお勧めはしません。下半身に厚みがある方は不向きだと思います。逆に上半身に厚みがある方は似合うと思います。

太く見えがちな柄

お顔映えする色・合わせ方

↓下の2枚の写真は同じモデルさんですが、白色の振袖のお写真はお顔映えする(お顔が明るく華やいで見えます)。紫色の振袖の写真はお顔がくすんだように感じます。このようにお顔周りの色目に明るい色を持ってくる。とお顔が華やいで見えます。

明るいお色目が顔の近くにあるとお顔映えします。紫色の振袖の写真のように暗めの色をどうしても着たい場合は写真のように、お顔の近くの「半衿」や「伊達衿」を明るめ色にしましょう。そうすれば、お顔映りの暗さが緩和されます。また、着ている人の肌の色にも左右されます。色白の肌の方は、濃いめの色でも大丈夫です。逆に地黒の方は、明るめの色か、もしくはお顔周りに明るい色を合わせていきます。

繰り返し振袖をあてていくとご自身で似合うかどうか?が分かるようになってきますので納得がいくまで試着のお手伝いをさせて頂きます。ご自身で選びやすいように私たちがサポートさせていただきます。

【まとめ】振袖の選び方のコツ⇒たくさん試着できる、選びやすいお店へ行こう!

  • 繰り返しあてる
  • 試着する
  • 比較していく

※ご予約来場でプレゼント

振袖の選び方のコツ