着物のレンタル:自分に似合う着物を選ぶ

振袖, 着物レンタル

着物のレンタル|自分に似合う着物の選択

着物を選ぶ方法一流の着物をレンタルするためには、自分に適したサイズや色合いを見つけることが重要です。
ここでは、その選び方について詳しく説明いたします。

着物は、長い歴史を持つ日本の伝統的な衣装であり、美しさと格式を兼ね備えています。
しかし、初めて着物を選ぶ際には、その選び方が難しいと感じる方も多いかと思います。

そこで、自分自身に適した着物を見つけるためのポイントをいくつかご紹介します。

まず一つ目のポイントは、着物のサイズです。自分の身長や体型に合った着物を選ぶことで、着心地が良く、美しく見えます。
特に、長さや肩幅、袖丈などが重要となります。
自分のサイズを正確に知ることで、適切な着物を選ぶことが可能となります。

二つ目のポイントは、色や柄です。
自分の肌の色や好みに合わせて、着物の色を選ぶことも重要です。
明るい色の着物は華やかで元気な印象を、深い色の着物は落ち着いた雰囲気を演出します。
また、季節や行事に合わせて柄を選ぶことも、着物選びの楽しみの一つです。

以上のように、自分にふさわしい着物を選ぶためには、サイズや色、柄など様々なポイントを考慮することが重要です。
着物のレンタルをご検討の方は、ぜひこの記事を参考にしていただき、自分だけの一着を見つけてください。

着物の選び方|自分にぴったりの色・サイズ

着物の選び方

着物や和装には独特のマナーやエチケットが存在し、初めての方にとっては少々複雑で戸惑うこともあるかもしれません。
基本的なルールやどのように選べば良いのか、「間違った選択をして恥ずかしい思いをするのではないか」と不安に感じている方も少なくないことでしょう。

そんな方々のために、この記事では着物選びの基本的なルールと選び方について解説します。
特に、京都への観光で着物レンタルに初めて挑戦するという方に向けて、適切な着物の選び方をご案内いたします。
自分のパーソナルカラーや体型に合わせたデザインの選び方をまとめましたので、迷うことなくスムーズに選ぶことが出来るようになるでしょう!

着物の「格」、基本ルールとは?

着物にも、洋服同様にTPOに基づいた服装選びのルールが存在します。
その中でも特に重要なのが「着物の格」という概念です。
これを理解しておくと、着物選びがよりスムーズになります。

着物選び一般的に和服は、➀正装、➁礼装(おしゃれ着)、➁普段着の3つに大別されます。
これらはそれぞれ、普段着よりおしゃれ着、おしゃれ着より正装が「格」が高いとされています。

例えば、結婚式といった正式な場所では、普段着の着物で参列すると場違いな感じがしてしまいます。
そういった状況を避けるためにも、その場に相応しい「格」の着物を選ぶことが大切なのです。いわゆるシーンに合わせたTOPですね。ドレスコードにも近いですが、絶対にこれでなくてはいけないといった厳格な感じで決められているわけではないので、TOPに合わせてご自身で判断されるといったイメージです。この辺りは洋服でもあることですので着物に置き換えて考えてみましょう。

着物と帯については、一般的に「織りよりも染めの方が格上」とされていますが、帯については「織りの帯の方が格上」となります。
これらのルールを覚えておくと、レンタル着物店で着付けを依頼する際にも役立つでしょう。

着物の格の順序は「染め>織り」で、正装>準礼装>略礼装>おしゃれ着>普段着となります。※この境目は最初のうちは、かなりわかりにくいかもしれません。
一方、帯の格は「織り>染め」で、丸帯>袋帯>名古屋帯>半幅帯となります。

「染めの着物に織りの帯、織りの着物に染めの帯」という言葉があるように、帯との格を合わせることが大切です。

着物レンタル|高級感ある印象にするには?

着物レンタル|高級感ある印象に

お出かけの際に着物レンタルを選ぶ方々が年々増えてきている中で、多種多様なレンタル店が生まれています。
しかし避けて通れない問題が一つ。「どうしても見た目が安っぽくなってしまう」という悩みです。

確かに、レンタルだからといって千万円もするような高級な着物と比べてしまうと、どうしても安価な印象を与えてしまうのは否めません。
そこで、そのような時に有効なのが、「オプションサービスを惜しまない」という考え方です。

着物レンタル店では通常、ヘアセットを含むオプションや、流行りのバッグオプション、帯、小物など、さまざまな追加サービスが提供されています。
その費用は大体数数千~程度となっておりますので、これを惜しまずに多めに追加することで、安価な印象を払拭し、おしゃれさをアップさせることが可能になります!
ぜひ一度、試してみていただければと思います。

着物レンタル、何色を選べば良い?

多様な色合いの着物をレンタルしている人々をよく見かけます。最近では、レトロな柄がトレンドとなっており、比較的落ち着いた色調の着物も人気を集めています。
しかし、ただ流行に乗って選ぶだけでは、「思ったより似合わなかった…」「思っていたのと全く違う!」といった事態になる可能性もあります。そのため、自分にふさわしい色合いを知っておくことが大切です。

ここで重要となるのが、一人ひとりに合った「パーソナルカラー」を見つけることです。

パーソナルカラーとは、自分自身の肌色や髪色、目色に合う色のことを指します。
パーソナルカラーは、インターネット上で診断が可能です。いくつかの質問に答えるだけで、簡単に自分にふさわしい色を見つけることができます。
ぜひ一度、試してみてください。

春色タイプの方に映える色合い

春色タイプの方に映える色合い

春色タイプの皆様にふさわしい色合いとしては、オレンジ・レッド・黄色・グリーン系など、新鮮さを感じさせる多様な色が挙げられます。
春らしく、明るさを放つ鮮やかな色調が特によく似合うタイプと言えます。

具体的な色の例としましては、「菜の花色、ベージュ、ターコイズブルー、濃緋、萌木色、サーモンピンク」等が推奨されております。

日頃、選択しない色も、驚くほど似合うことがありますので、この機会に是非、新たな色を試してみていただきたいと思います。

夏タイプの方の色選びのコツ

夏タイプの方の色選びのコツ

夏タイプの皆様には、清潔感と優雅さを感じさせる色調が最適です。
淡い色の組み合わせが非常に映えるため、ぜひ採用してみてください。

具体的には「ローズピンクや淡い赤、ミントグリーン、淡い青、グレーがかった水色、ラベンダー、クリームホワイト、明るい紺色」などがおすすめです。
帯締めや半襟などのアクセサリーも同じ色系でまとめると、全体の印象が統一され、優雅で洗練された雰囲気を醸し出します。

しかし、一味違ったアクセントを加えたい場合は、小物に違う色を取り入れると、爽快で明るい印象を与えることが可能です。
これにより、着物や振袖をより一層引き立てることができます。

秋色タイプの方が映える色彩

秋色タイプの方が映える色彩

秋色タイプの皆様にとって、ダーク系の色調が大変相性が良いとされております。

例えば、ブラウン系のような秋らしさを感じさせる色は、一段と落ち着いた大人の女性の魅力を際立たせます。
普段はキュートな色彩に所縁がある方々にも、ぜひともシックな色合いの着物を体験していただければと存じます。

具体的な色名としては、「キャロットオレンジ、バーントシェンナ、ワインレッド、抹茶、モスグリーン、オリーブ、山吹茶、辛子色、レンガ色、ダークブラウン」等が挙げられます。
京都で人気を博しているレトロな柄が非常によく似合うとされるタイプの方々でございます。
この機会に、新たな色彩の世界をお楽しみいただけたら幸いです。

冬色タイプの方に適した色彩

冬色タイプの方に適した色彩

冬型(ウインター)の方に最適な色選びは、深みと鮮やかさを兼ね備えた色彩です。
これは、一般的に京都でレンタル可能な現代的な模様が格段に映えるタイプと認識されています。

ウインタータイプの特性として、力強い印象を持つ色彩でも、上手なコーディネートが可能な点が挙げられます。
モノトーンの白や黒は勿論のこと、京友禅のような多種多様な色合いを選択することで、華やかさと個性を演出することが可能です。

その他、「ストロベリー色・レッド・ボルドー・ロイヤルブルー・ターコイズ・紺色・レモンイエロー・深紺・インディゴブルー・カメリア色」等の色調も推奨されています。

スリムな女性には膨張色がマッチ

スリムな女性には膨張色がマッチ体型に応じた色選びは、パーソナルカラーと同様に大変重要なポイントとなります。
特にスリムな女性の方は、膨張色と呼ばれる色が非常に似合います。

膨張色の代表格である白はもちろんのこと、赤や橙、黄色などの温かみのある色がおすすめとなります。
ただし、色相だけで選ぶのではなく、明度という要素も重要です。

たとえば、赤よりも明度が高いピンクのレンタル着物は、全体的に柔らかく穏やかな印象を与えるため、特におすすめです。
このように、色選びには様々な視点が必要となりますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

ふくよか女性への収縮色のアドバイス

ふくよかな女性の皆様には、青や紫、紺、緑といった冷色系の色彩が特におすすめでございます。
これらの収縮色は、全体の印象をすっきりと引き締めてくれる効果がございます。
色相だけではなく、明度も大切なポイントでございますので、紺のように明度が低い色を選ぶという選択もお勧めでございます。

また、明度の無いブラックも収縮色としての定番でございます。
黒は帯や小物など他の色と組み合わせやすいため、「迷ったら黒を選ぶ」と覚えておかれると良いでしょう。
黒は洗練された印象を与え、どんなシチュエーションにも合わせやすい万能色でございます。

着物レンタルにおすすめな柄

デザイン:現代風の柄と伝統的な柄の選択肢が存在
重要なポイント:身長に適した柄の大きさを選ぶこと

着物レンタルにおすすめな柄着物レンタルを行う際には、「色」と同等に重要な要素が「デザイン」です。
デザインの選択により、あなたの魅力がさらに引き立ちます。

一般的に、デザインは現代風の柄と伝統的な柄、この二つに大別されます。
基本的には、ご自身が気に入った柄を選ぶのが最良です。
最近では、レトロな柄を選ぶ方も多く、流行に合わせるのもおすすめです。

ただし、より自分にフィットするデザインを選ぶためには、身長に適した「柄の大きさ」を選ぶことが一つのポイントとなります。

平均的な身長の女性はどの柄でも似合うのが特長ですが、もしご自身が低身長または高身長である方は、少しの工夫でより合ったデザインが見つかるでしょう。
それでは、詳細についてお伝えします。

小柄な女性におすすめの柄

自分に似合う着物選び方身長が低めの女性には、小さな模様が特にお似合いです。
小さな花柄といったデザインは、小柄ながらも愛らしい雰囲気を際立たせてくれますので、是非ともご検討いただきたいです。

大きな模様がお好きであれば、全体的に模様の割合が少ないレンタル着物を選んでいただくと良いでしょう。

地色がそれなりに視認できるデザインを選ぶと、身長が低い女性でもスマートで美しい着こなしが可能となります。

さらに、模様が斜めに入った柄のお着物も推奨いたします。又は、縦のラインを強調している柄もおすすめです。
横に模様が入っていると背が短く見えてしまいがちですが、斜めに流れるデザインであれば、身長が低い女性でもすらりとした美しい姿勢を演出できますよ!

高身長の女性へのおすすめ柄

今回は、背の高い女性に最適なデザインについてのご紹介をいたします。

高身長の女性が魅力を引き立てるには、大柄なデザインが特に効果的です。
その理由は、シャープさと大人の色気を引き立て、レンタル着物を鮮やかに演出することができるからです。
これが、高身長の女性が享受できる特権と言えるでしょう。

逆に、小柄なデザインや絵柄の少ないレンタル着物では、全体的に少々物足りない印象を与えてしまう可能性があります。
そのため、背の高い女性には、豪華なデザインのものをお勧めします。
柄で一杯になった着物は、その人の存在感をより一層引き立てます。
大きな花柄が散りばめられた最新のレトロ柄も、高身長の女性が着ると、その魅力を最大限に引き出すことができます。
その着こなしは間違いなく、周囲の目を引くことでしょう!

自分好みの着物を楽しむレンタル方法

着物の選び方のコツ着物レンタル店には多種多様なカラーやデザインの着物が揃っており、初めて訪れた方はどれを選んだら良いか迷われることでしょう。

しかし、自身のパーソナルカラーを把握していれば、選択肢が絞られ、自分に最適なデザインを選びやすくなります。
さらに、身長に合わせて柄の大きさを選択すれば、より自分にマッチした美しい着こなしが可能となります。

「和遊館丸豊」では、豊富なレンタル着物や帯、小物が用意されており、きっとあなたの理想とするデザインが見つかるでしょう。

自分自身で選んだ和服を着て、京都の町並みの散策や結婚式や同窓会、パーティなどに参加すれば、一段と楽しい時間を過ごすことができます。
和遊館丸豊ブログでは、その他の着物についての記事をご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

振袖・振袖レンタル・着物・着物レンタル・着付け教室・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖や卒業袴、各種着物のレンタルと着付け、さらに振袖ドレスまで提供しています。常設のフォトスタジオも備え、一人ひとりに合った着物選びのサポートを行っています。こだわりの商品セレクトとプロの着付け技術が強みで、お客様が自信を持って着物を楽しめるよう全力で支援します。

和遊館丸豊
店名 和遊館丸豊 豊橋店
住所 〒441-8113愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601

予約・お問合わせ

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

和遊館丸豊にLINEで予約・問い合わせ

LINEなら24時間受付可能!

田原本店LINE問い合わせ

関連記事一覧