婚礼訪問着の色選び、どのように行う?顔映えする色合いを選択しましょう

イベント, 着物レンタル, 結婚式

婚礼訪問着の色選びは?お顔映えする色合いを選択

婚礼訪問着婚礼の訪問着の色選びは、自身の顔色を引き立てる胸元や衿元の色合いが非常に重要な要素となります。
さらに、訪問着の色選びは、自身の立場や年齢だけでなく、婚礼が開催される会場の雰囲気や季節感なども考慮に入れることで、多種多様なデザインの中から、その婚礼にふさわしい訪問着を見つけることが可能となります。

この度は、婚礼訪問着の色選びのポイントと共に、様々なタイプの方に似合う訪問着の色合いの例をご紹介いたします。
この記事を参考に、ぜひご自身にピッタリな訪問着を見つけてみてください。

訪問着で振る舞う結婚式参列者とは?

婚礼訪問着

訪問着は、婚姻状況や年齢に関係なく、様々な正式な場に適合して着用することが可能なお着物です。
その中でも、結婚式では新郎新婦の友人たち、職場の同僚や上司、または親族である従兄弟などが着用することで知られております。

結婚式においては、未婚の20代の女性が振袖を選ぶことが多いとは言え、既婚者や、手元にある振袖があまりにも華やかすぎると感じた場合などにも、訪問着が大いに活躍します。

ただし、主賓(しゅひん)として招かれた場合には、訪問着よりも格上の色留袖(留袖の色ありバージョン)を選んだ方が良いケースもございます。
訪問着が必ずしも不適切というわけではありませんが、格式を重視する結婚式では色留袖が相応しいと考えられることもありますので、どのような結婚式かを鑑みて、着物の選択を慎重に行うことが大切です。

訪問着は、新郎新婦の従兄弟やその配偶者など、留袖・色留袖を着るほどの濃い関係ではない親戚が着ることが許されています。
かつては、結婚式で訪問着を着る際は、紋を入れることが一般的でしたが、近年では結婚式の格式の高さや相手方の家族の服装など、場の雰囲気に合わせて紋の有無を決定するケースが増えてきています。※現代では、訪問着をその他のシーンでの着用も考えてオールマイティに着られるように紋なしで作ることが増えました。

以前は、友人や同僚も一つ紋の訪問着を着ることがマナーとされていましたが、現在では友人や同僚の中には、紋を付けない訪問着を着る方が大半となっています。
親戚以外の方々は、紋がない訪問着を着ても問題ないでしょう。※昨今は、親戚の方でも特に問題ないです。

婚礼に相応しい訪問着の選び方

婚礼訪問着

訪問着は基本的にフォーマルな場に使用される着物であり、子供の入学式や卒業式、七五三やお宮参り、観劇やお稽古事、食事会、パーティなど、多様なシーンで着用することが可能です。

そのため、その色や柄のバリエーションも非常に豊富で、これが選び方を迷わせる原因となっている方も少なくないようです。

結婚式という喜ばしい席においては、明るく華やかな色合いと柄の訪問着がおすすめとなります。
特に、訪問着の柄選びにおいては、お祝いの意味を持つ吉祥文様や、品格を感じさせる古典柄を選ぶことで、結婚式という場にふさわしい装いとなるでしょう。

よりモダンな着こなしをお求めの方は、斬新な柄を選ぶのではなく、一見シンプルな印象を与える少ない色数と柄数の訪問着を選ぶことで、結婚式にも適した洗練されたモダンなスタイルを演出することができます。

訪問着色調選択の3つの要素

婚礼訪問着

結婚式などのフォーマルな場で着用する訪問着の色合いは、お顔映りが良くなるような色を選択することが重要です。
ただし、それだけでは、様々な色や柄が豊富に揃う訪問着から、結婚式にマッチする最適な一着を見つけ出すのは困難に感じるかもしれません。

そんな時に参考にしていただきたいのが、以下の3つの要素を探ることです。

◇自身の立場や年齢にマッチした色味
◇披露宴の会場に映える色調
◇結婚式が行われる季節を考慮した色

これらの要素を基に、どのように訪問着の色を選べば良いかを詳しく説明いたします。

年齢や立場に合った色使い

身の回りの友人や仕事関係の方々との間柄を考慮しつつ、自らの年齢に相応しい、鮮やかな基調色が施された洗練されたデザインの訪問着の着用をおすすめいたします。

具体的には、20代や30代の方々であれば、明快なパステルカラーを基調に、色彩豊かな柄を選ぶことで、より華麗な装いを楽しむことが可能となります。

40代や50代の方々にとっては、クリーム色やラベンダーのような落ち着いた基調色に、金色や銀色の装飾が施されたものを選ぶことで、派手すぎずに優雅な装いを演出いただけます。

60代以上の方々に対しては、ライトグレーを用いてエレガントな雰囲気を、または薄紫の基調色を選ぶことで、品格を際立たせることが可能となります。

年齢により落ち着いた色を選ぶ傾向がありますが、暗い基調色や濃い色を選ぶと、思わぬ形で老けて見えてしまうこともあります。
ここで重要なのは、明るい色や軽やかな色を選ぶことにより、若々しさを表現することが可能となる点です。

結婚披露宴における色彩の選択

婚礼訪問着

結婚披露宴では、よく白やクリーム色の内装が多い会場が主流となっております。
そのため、明るい時間帯の披露宴では、深みのある色調の訪問着が一段と華やかに映えることでしょう。

和風の披露宴会場では、派手なパステルカラーは浮き立つ場合があります。
もしも、明快な色の訪問着を志向されるのであれば、少々落ち着いた色調を選ぶことをおすすめいたします。

例えば、パステルピンクよりは淡い桃色、オレンジよりもテラコッタ色などを選ばれると、風味が増します。

また、ガーデンウエディングのような自然豊かな場所での披露宴では、自然の緑や太陽の光を反射して映える色の訪問着が適切となります。
淡い緑や黄色、ピンク、紫などのパステルカラー、またはスモーキーな青やグレーなども、自然と調和しつつ引き立つことでしょう。

婚礼の季節に合わせた色合い

婚礼訪問着

着物は季節の変化を味わうことが可能な美しい装束なのですが、一般的に、結婚式といったお祝いの席では、吉祥文様や古典文様といった縁起の良い模様を持つものが選ばれることが多いです。

そのため、季節感を表現することを二の次にしてしまうこともありますが、着物の色調によっては季節感を見事に表現することが可能です。
例えば、春と言えば花々が咲き誇るイメージから、パステルピンクや明るい黄色の着物がおすすめで、夏なら清涼感あふれる水色や、新緑が鮮やかに映える緑色の訪問着が素敵です。

秋をイメージするなら、紅葉の深い色味を反映した着物や、冬なら透明感を感じさせるシルバーや、曇り空を思わせるグレー、または冬の空を表現する澄んだブルーなども良いでしょう。
必ずしも季節感を強調する必要はありませんが、訪問着を選ぶ際に迷ったときには、季節を感じさせる色選びも一つの参考にしてみてはいかがでしょうか。

適切な訪問着の色選びに重要な衿元の色調

婚礼訪問着

訪問着の色選びで似合うものを見つける際には、顔色に直接影響を与える衿元や胸元の色調が肝心なポイントとなることを覚えておいてください。

普通の場合、自身に似合う基調色を選べば問題は生じませんが、中には、基調色がグラデーションであったり、ぼかし加工が施されていたり、さらには二色や三色を組み合わせて使用していたり、上半身と下半身で基調色が異なるといった、多様なデザインが魅力となる訪問着も存在しています。

全体の風貌に目が奪われがちですが、自身に似合う色を見つけるという観点からは、お顔周りに映る色を重んじることが何よりも重要です。
これを忘れずに、自分にぴったりの訪問着を見つけてみてください。

結婚披露宴での訪問着の色選びについて

婚礼訪問着

結婚披露宴においては、新郎新婦の親族が纏う黒留袖と紛らわしい黒基調の訪問着は避けることが礼節とされています。
加えて、結婚披露宴にて着物を選ぶ際には、主役である花嫁の衣裳と色彩が重複しないよう配慮することがマナーとされています。

具体的には、花嫁が纏う白色や、色打掛でよく用いられる赤色の訪問着は避けることを推奨いたします。

訪問着は色留袖や振袖と異なり、様々な場面での着用が可能で、多種多様な色彩や柄が存在します。
しかし、結婚披露宴の場では、あまりにも斬新な色使いや個性的すぎるデザインは避け、品格を保つことができる色を選択することをご提案いたします。

訪問着の色選びに悩んだら?自分に合う色とその選び方、さらにタイプ別の具体例

婚礼訪問着

結婚式などで着用する訪問着。その選び方として大切なのが、自身に似合う地色を見つけることです。では、具体的にどのように探すのでしょうか?

そのヒントの一つが、パーソナルカラーという考え方です。
これは、スプリング、サマー、オータム、ウインターという4つのタイプに分けて、自分に似合う色を見つけるための方法です。

自分の肌の色や髪の色、さらには瞳や唇の色だけでなく、普段から自分が好んで選んでいる洋服やアクセサリー、メイクの色からも、自分がどのタイプに該当するのかを判断することが可能です。

自分がどのタイプに属するのかを確認することで、自分に最適な訪問着の色を見つけることができます。
そして、それぞれのパーソナルカラータイプと年代にマッチする訪問着の具体的な例もここで紹介いたします。
これを参考に、自分にぴったりの訪問着の選び方を見つけてみてください。

春色タイプ

春色タイプとは、元気いっぱいで、親しまれやすく、魅力的な印象が特徴となっております。

春色の訪問着春色タイプとは、その人そのものが溌剌とした活力に満ち溢れていて、その人柄が親しみやすく、魅力的に映るという特性を持つタイプを指します。
その愛らしい雰囲気は、まるで春の訪れを予感させるような温かさがあります。
そのため、このタイプの方は、自然と周囲からの好意を引き寄せやすい傾向にあります。
そして、その特性を最大限に活かすためには、自分自身の特性を理解し、それに合った着物や振袖を選ぶことが大切です。

春色タイプの特性

自身の肌、髪、眼、口紅の色調

・肌はツヤツヤとした薄い色合いで、色調はやや明るいアイボリー色。
・唇は明るいサーモンベージュやベージュに近い色合い。
・眼はやや黄色がかった茶色で、キラキラとした輝きを放つ。
・髪質は柔らかく、髪色はちょっと黄色がかったブラウン。

マッチする衣服やメイクの色柄
・コーラルピンクのリップスティック。
・輝くゴールド系の装身具。
・透明感と明るさがある色をまとうと、若さが際立つ。
・柄については、キュートでポップな花の模様やフルーツの模様などがおすすめ。

年代別:お勧め訪問着

春色タイプの方には、明るく爽やかなパステルカラーが非常に似合います。
しかしながら、全体が子供っぽく見えてしまわないよう、地色が占める面積を適切に調整することが大切となります。
これにより、上品さを保ちつつ、明るさを引き立てることができます。

・20代~30代におすすめ

優美なピンク地に、結婚式に相応しい貝桶や松竹梅が手描きされている訪問着をご紹介します。
訪問着この訪問着は、その色合いが若々しさを引き立て、結婚式などの格式ある場にふさわしい装いとなります。
特に、貝桶や松竹梅といった伝統的なモチーフが描かれていることで、長い歴史を持つ日本の伝統文化を感じることができます。

貝桶は、家庭の安泰や繁栄を象徴するとされています。
また、松竹梅は、「松」が長寿、「竹」が節度、「梅」が清廉を表すとされ、これらが一緒に描かれることで吉祥の意味をもたらすとされています。
このような意味を持つモチーフが描かれた訪問着は、その名の通り訪問やお呼ばれの際に着用される着物で、格式ある場にはもちろん、晴れやかな日に着用すると、その華やかさが一層引き立ちます。

この年齢の方には、自分自身を美しく装うだけでなく、歴史や文化を体現する一歩として、この訪問着を選んでみてはいかがでしょうか。
自分自身を表現するための一つの手段として着物を選ぶことで、自分自身の内面も豊かになり、さらに人生を楽しむことができるでしょう。

・40代~50代におすすめ

淡いオレンジの地に散りばめられた雲取り、菊、松、亀甲、橘などの繊細な模様が、その魅力を引き立てています。
訪問着-色合いこれらの模様は、伝統的な日本の文様であり、着物や振袖の美しさを一層引き立てる役割を果たしています。
菊や橘は長寿や繁栄を象徴するとされ、松は長寿や健康を願う象徴とされ、亀甲は縁起が良いとされています。
雲取りの模様は雲をイメージしたもので、天からの祝福を象徴しています。

これらの模様が織りなす美しい世界観は、40代~50代の方にふさわしい落ち着きと上品さを演出します。
この年代の方々には、自分だけの一着を見つけて、晴れの日や特別な日に着ていただきたいです。

・60代以降にお勧め

60代以降のご年配の方々におすすめしたいのは、落ち着きと品格を兼ね備えた淡い薄紫色の着物です。
その上品な色合いが一層の風格を演出し、身に纏う者の人生の深みと経験を象徴しています。

訪問着 濃い目の色さらに、その美しい薄紫色には、金彩で描かれた唐花と宝相華がところどころにちりばめられております。
これらの装飾は、華やかさを引き立てつつも、全体のバランスを崩さない絶妙な配置となっています。

唐花と宝相華は、古代からの豊かな伝統と神秘的な象徴を持つ図案であり、それが個々の着物に織り込まれることで、その価値と魅力を一層引き立てています。
このような着物は、60代以降の方々に対して、落ち着きと品格を醸し出すことができ、同時に自己の存在感を際立たせることができるのです。

また、その淡い色合いと金彩の装飾は、どんな場面でも適切な装いを提供し、見る者への印象も深く残すことでしょう。
一生の経験と知識を身に纏うことの象徴とも言える、このような着物を選ぶことで、更なる自己表現の一助となることでしょう。

夏色タイプ

夏色タイプの特性に該当する方々には、ソフトで優雅な色彩が非常によく似合います。

訪問着-夏涼しそうな色目これは、その人の雰囲気が上品で洗練されているため、柔らかい色彩がその特性を際立たせ、更に美しさを引き立てるからです。
特に、着物や振袖を選ぶ際には、この「夏色タイプの特性」を理解していると、自分に最適な色調を選ぶことができ、その結果、印象的で美しい着姿を演出することが可能となります。

一般的に、この夏の特性に該当する方々は、パステルカラーやマットな色合いの着物が特によく似合います。
なぜなら、これらの色調は、その人の洗練された美しさを引き立て、一段とエレガントな印象を与えるからです。

夏色タイプの特性

肌や髪、瞳や唇の色相
・透明感が美しい肌。色白で、頬には自然な赤みが見られる方も。
・唇の色は、柔らかなピンク色やローズ系の色が特徴的です。
・瞳の色は、優しげなブラックや微かな赤みを帯びたブラウン。
・髪色は、穏やかな赤みを含んだブラウンや、柔らかな印象のブラック。

適合する服装やメイクの色彩

・パステルピンクのリップがおすすめ。
・品のある輝きを放つパール系のアクセサリーが特に好相性です。
・優しい色調の衣装を身に纏うと、品格が引き立ちます。
・清楚かつ女性らしい花柄や水玉柄も、夏のタイプにはお似合いです。

年代別:お勧め訪問着

年齢層別・マッチする色彩の訪問着を見てみましょう
夏色タイプの方には、涼やかさを感じさせ、清々しさを演出するシャーベットカラーがお勧めとなります。

訪問着の色合い

・20代~30代へのお勧め

日本独特の四季折々の美しさを纏った、品格のある一着の着物。
それはまさに、20代から30代の女性が身に纏うことで、その魅力を最高に引き立てるアイテムです。

一般的に、この年代の女性には、結婚式や成人式、特別な祝い事など、華やかな振袖を着る機会が増えます。
それぞれのシーンに合わせた柄や色、装飾を選び、自身の個性を表現することができます。
また、着物や振袖には、その時季や歳時記に合わせた特別な意味が込められていることもあり、それを理解することで、一層深い感動を味わうことができます。

それぞれの年代に応じた着物や振袖を選ぶことで、その人自身の魅力を最大限に引き立てることができます。
20代から30代の女性にとって、着物や振袖は、自身の美しさを際立たせるための重要なアイテムと言えるでしょう。

・40歳~50歳へのお勧め

華やかな薄緑の地色に、流水や雲取り、扇面のデザインが描かれ、裾には宝づくしという祝福の象徴が施された、お祝いの場に最も適した装いです。
これらの装飾は、着物や振袖の世界において、特別な意味を持つものばかりです。

流水は、滔々と流れる水を表し、人生の流れや変化を象徴します。
雲取りは、天空を表現するもので、扇面は祝い事や良い事を運んでくるとされています。
裾に施された宝づくしは、無数の幸せや祝福を意味します。

40歳~50歳のあなたにとって、これらの意味合いを知ることで、一層着物を楽しむことができるでしょう。

また、着物を身に纏うことで、日本の伝統文化への理解を深め、自分自身の内面も豊かにすることが可能となります。

訪問着レンタル

・60代以降にお勧め

淡い水色を基調とし、菊花や松、七宝といった伝統的な文様で華やかさを添えた着物は、品格あふれる銀色で輝く魅力を放っています。
これらの着物の美しさは、それぞれの文様が持つ独特の意味や象徴性と組み合わさり、その風格を一層引き立てています。

菊は「長寿や幸福」、松は「不老長寿」、七宝は「繁栄」を意味し、これらの文様が一つの着物に描かれることで、美しいデザインだけでなく、着る人への良い願いや祝福も込められています。

また、銀色の輝きは、年齢を重ねた女性の落ち着きと品格を象徴し、洗練された上品さを感じさせます。
これらの着物は、その豊かな色彩と繊細な文様が絶妙に調和し、見る人を虜にする美しさを放っています。

秋色タイプ

秋色の方々の特徴としては、深みのある色彩が非常によく似合い、その豊かさと洗練された都会的な雰囲気が際立つのが特徴となっております。

これは、秋色の方々が自身の個性と調和する色調を身に纏うことで、自然とその雰囲気が引き立つからです。
そのため、秋型の方々にとっては、深みのある色が豊かさを表現し、その洗練された都会的な雰囲気をより際立たせ、また、自分自身をより良く表現するためには欠かせない要素となります。

このように、自分自身の色彩や雰囲気を理解し、それに合った着物や振袖を選ぶことで、より美しく、自分自身を表現することが可能になります。

着物のコーディネート

秋色タイプの特性

肌や髪、瞳や唇の色調
・肌はマットな風合いで、色は深めのオーカー系を思わせます。
・唇は鮮やかな血色をあまり感じさせない、オレンジやベージュ系の色合いです。
・瞳の色は黄色みを帯びたダークブラウン、あるいは緑色を帯びたブラウンとなっています。
・髪色は深さがある、あるいは緑色がかったブラウンです。

似合う服装や化粧の色合い
・口紅はサーモンピンクがお似合いです。
・マットで高級感のあるゴールド系のアクセサリーがおすすめです。
・深みのある色を纏うと、豪華な雰囲気を醸し出します。
・ヒョウ柄などの動物柄や、伝統的なペイズリー柄もおすすめです。

年代別:お勧め訪問着

秋色系の方には、洗練された色調の中にも温もりを感じる基調の色が最適と推奨できます。

・20代~30代にお勧め

若々しさを保ちつつも、品格や落ち着きを求め20代から30代の方々に向けた着物の一つが、訪問着です。

その名の通り、訪問や公式の場に着用するためのものであり、特に淡い黄色地に流水、雲取り、扇面が描かれたものは、落ち着いた印象を与えつつも華やかさを添えています。

流水は水の流れを表す柄で、人生の流れや移り変わりを象徴します。
雲取りは雲形の模様で、無限の可能性や広がりを表現する象徴的な柄です。
扇面は、扇を開くときの美しさや雅さ、また運を呼び込むとされる縁起の良い柄です。

これらの柄が組み合わさった訪問着は、一歩一歩大人の女性へと進んでいく二十代から三十代の方々にぴったりの一着と言えるでしょう。

・40代~50代にお勧め

40代~50代の皆様に、着物や振袖の魅力を再発見していただくための記事です。

この年齢層の皆様方に対して、着物や振袖の知識が少ないと感じている方も、この記事を通じてその美しさや深みを理解し、着物や振袖の世界に興味を持っていただければ幸いです。

着物や振袖は、長い歴史と伝統を持つ日本の文化であり、その美しさと格調高さは、歳を重ねることでさらに際立つと言えます。
四十代から五十代の皆様方は、人生の中でさまざまな経験をされ、その豊かさが自身の内面からにじみ出てくる時期です。
その内面の豊かさを、着物や振袖という日本の伝統的な装いで表現することは、一段と魅力的な大人の女性を演出します。

また、この年齢層の方々が振袖や着物を身にまとうことで、日本の美しい文化を次世代に伝える役割も担っていただけます。
この記事を通じて、着物や振袖の魅力を再発見し、日本の美しい文化を楽しむ糸口としていただければ幸いです。

・60代以降にお勧め

ちょっぴりくすんだ大人のピンク色を基調とし、金色でほのかにぼかすことで、上品ながらも華やかさをプラスしたデザインです。
このようなデザインの着物や振袖は、自身の一生を豊かに彩った60代以上の方々に特におすすめです。
落ち着いた色味とは対照的に、金色の微妙なぼかしは豪華さを際立たせます。

また、大人のピンクは肌に馴染みやすい色で、年齢を重ねた肌を美しく引き立てます。
このような色合いの着物や振袖は、落ち着いた大人の風格と、華やかさを同時に演出することができます。
特別な日の装いとして、ぜひご検討くださいませ。

訪問着レンタル

冬色タイプ

冬色向けのスタイルは、その洗練された雰囲気とスタイリッシュな感じが特徴です。
その存在感が際立つため、豪華で大胆なデザインの振袖や着物でも、自然と身に纏うことができます。
個性を活かした振袖選びは、自分自身をより一層引き立て、華やかな場に華を添えるでしょう。

どんな豪華なデザインも恐れずにチャレンジし、自分だけのスタイルを見つけてみませんか?

冬色タイプの独特な特長

肌色や髪の色、瞳や口紅の色調
・肌色は地黒系、あるいは色白でピンク色がかったもので、血色があまり感じられないのが特色です。
・口紅の色は、ローズ系で血色を強調しないものが一般的です。
・瞳の色はブラックで、白目との対比がはっきりとしているのが特徴的です。
・髪色は艶やかなブラックで、その色調が鮮明です。

一番よく合う洋服や化粧の色と模様
・口紅の色は、ローズピンクが最も似合います。
・アクセサリーには、シャープな印象を与えるシルバー系がおすすめです。
・鮮やかな色が一番よく似合うため、華やかな印象を作り出すことができます。
・ストライプ柄や市松模様など、シャープで力強い印象を与えるデザインもおすすめです。

年代別:お勧め訪問着

冬のイメージカラーを持つ方々には、明瞭で鮮やかな色調の訪問着が、特に美しく映えることでしょう。

訪問着・着物レンタル各年代に対応する訪問着の選び方は、着物愛好家にとって常に関心の対象となっています。
その中でも、特に冬のイメージカラーを身につける方々にとっては、一段と華やかな色合いの訪問着を選ぶことが推奨されています。

色彩の選択は、着物の全体的な印象を大いに左右します。
その中でも、冬のイメージカラーを持つ方々には、クリアで華やかな色が特によく似合います。
これは、冬のイメージカラーが、その明瞭さと鮮やかさから、訪問着の美しさを一層引き立てるからです。

このように、年代や体型だけでなく、自身のイメージカラーにも着物選びを合わせることで、より一層魅力的な着物姿を演出することが可能です。
自分自身のイメージカラーを理解し、それに合った訪問着を選ぶことで、一段と華やかで美しい着物姿を楽しむことができるでしょう。

・20代~30代にお勧め

淡い緑色の基調に、流水や雲取り、扇面の文様が施されており、裾には宝物がちりばめられ、お祝いの場に最適な装いです。

・40代~50代にお勧め

淡い桃色が紫色へと滑らかに変化するグラデーションと、御所車や丸菊、松のモチーフが銀色で繊細に縁どられたデザインは、上品さが際立ちます。

・60歳代以上にお勧め

訪れる場所に合わせた色使いが特徴的な訪問着をご紹介します。
淡い紫と深い紫が交互に染められており、その色彩の美しさが際立つ一方、豪華な刺繍で施された柄がその華麗さを一層引き立てています。
このような特徴は、60歳以上の方々にふさわしい落ち着きと優雅さを感じさせます。
さらに、これらの色と柄が組み合わさることにより、訪問着自体が一つの芸術作品のような存在に昇華されます。
この美しさを堪能すれば、あなたもきっと着物の魅力に引き込まれることでしょう。

まとめ

結婚式に適した訪問着の色は、顔立ちを引き立てる胸元や襟周りなどの部分の色の選び方が肝心です。

さらに、訪問着はバリエーション豊かなデザインがあるため、ただ好みの色を選ぼうとすると困惑する方も少なくないようです。
しかし、ご自身の年齢や立場、結婚式の場所や季節を考慮することで、選択がぐっとスムーズになります。

複雑に考えすぎず、結婚式に適した色調と柄の訪問着の中から、自分らしさを引き立てる一着を選んでみてはいかがでしょうか。

 

振袖・振袖レンタル・着物・訪問着レンタル・着付け教室・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖や卒業袴、各種着物のレンタルと着付け、さらに振袖ドレスまで提供しています。常設のフォトスタジオも備え、一人ひとりに合った着物選びのサポートを行っています。こだわりの商品セレクトとプロの着付け技術が強みで、お客様が自信を持って着物を楽しめるよう全力で支援します。

和遊館丸豊
店名1 和遊館丸豊 豊橋店
住所 〒441-8113愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601
店名2 和遊館丸豊 田原本店
住所 〒441-3416愛知県田原市東赤石4丁目83
電話 0531-22-0071

予約・お問合わせ

よくある質問

Q.いつ頃、振袖を見に来てますか?
A.振袖を見に来るのは、高3の春ぐらいからスタートして、成人式の2年半〜1年前までが一般的です。

理由としては、選べる振袖の種類が多かったり、当日のお支度時間を優先的に選べたりすることから、多くの方が大学1年生の夏休みまでに選んでいます。

Q.いつ頃、振袖を決めてますか?
A.大体60%以上の人が、成人式の1年前までに振袖を決めています。

Q.振袖選びは時間がかかりますか?
A.平均して約8〜10着を試着して選んでいますので、平均約1.5~2時間ほどです。

Q.最近の振袖は何色が人気ですか?
A.人気は白系(約24%)続いて赤色(約15%)が人気です!最近は、緑色(約14%)や青色(約14%)の人気が高まってきているカラーですね。案外、色については偏りが少なくなってきています。

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 豊橋店
所在地・・・〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話番号・・・0532-26-2601

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 田原本店
所在地・・・〒441-3416 愛知県田原市東赤石4丁目83
電話番号・・・0531-22-0071

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

和遊館丸豊にLINEで予約・問い合わせ

LINEなら24時間受付可能!

田原本店LINE問い合わせ

関連記事一覧