振袖の美しさを長く保つ: 手入れから保管までの完全ガイド

メンテナンス, 振袖

振袖は、特別な日のためだけではなく、日本の伝統と文化を象徴する大切な衣装です。成人式や結婚式など、人生の節目を彩る振袖は、その美しさと価値を長く保つために適切な手入れが必要です。しかし、多くの人が振袖の正しい手入れ方法や保管のコツを知らずに困っています。特に、成人式や特別なイベントが終わった後、振袖をどのように扱い、保管すれば良いのか迷うことがあります。また、振袖を長期間美しく保つためには、専門の知識が必要となる場合もあります。このような背景から、振袖の手入れから保管までの適切な方法を理解し、実践することが大切です。振袖の基本的な手入れ方法から、専門店でのクリーニングの利用、正しい保管方法に至るまで、振袖を長く美しく保つための全般的なガイドを提供します。振袖を通じて日本の伝統美を次世代に継承していくためにも、これらの知識とヒントが役立つでしょう。

はじめに

振袖の大切さと、適切な手入れの必要性について簡単に説明

振袖は、日本の伝統文化を色鮮やかに表現する衣装であり、特に成人式や結婚式など、人生の大切な節目で着用されます。これらの衣装は単なる服ではなく、家族から子へと受け継がれる価値ある遺産であり、着る人の成長や幸福を願う深い意味が込められています。そのため、振袖を適切に手入れし、その美しさを長く保つことは、単に衣装を保護すること以上の価値を持ちます。

着物の保管袋 たとうし

たとう紙

振袖の手入れは、着用後の適切な処理から始まります。汗や汚れは時間が経つほど落ちにくくなり、布地を傷める原因となるため、特別な日の後はすぐに専門のクリーニング店に預けることが推奨されます。しかし、クリーニングだけではなく、日常的なケアも重要です。例えば、振袖を長期間保管する際には、適切な方法で畳んで、湿気を避けるための対策を施す必要があります。また、振袖を美しく保つためには、使用する際の細心の注意も必要です。アクセサリーやバッグの取り扱い、着用時の動作など、振袖にダメージを与えないよう配慮することが大切です。

さらに、振袖の手入れには専門的な知識が求められることがあります。例えば、異なる素材や染料によっては、特別な手入れ方法が必要な場合があります。シルクや金銀糸を使用した振袖は、特にデリケートであり、専門の業者に相談することが賢明です。また、振袖に使用される伝統的な染料や織り方によっても、ケアの方法が異なるため、その知識を持つことは、振袖を長く美しく保つ上で非常に重要です。

振袖の適切な手入れと保管は、単に衣装を守るだけではなく、日本の伝統文化を次世代に伝えるための大切な役割を果たします。振袖は、着る人の人生の重要な瞬間を彩るだけでなく、家族の絆や歴史を象徴するアイテムです。そのため、振袖の美しさと価値を長く保つために、適切な手入れと専門的な知識を持つことは、非常に意義深いことです。この記事を通じて、振袖の手入れと保管に関する理解を深め、大切な衣装を長く大切にするための一助となれば幸いです。

振袖の基本的な手入れ方法

振袖を着用した後の基本的な手入れ方法について解説

振袖を着用した後の手入れは、その美しさを長期間保持するために非常に重要です。振袖は、特別な日の記念としてだけでなく、将来にわたって大切な思い出として保持されることが多いため、適切なケアが必須となります。着用後の手入れ方法には、いくつかの基本的なステップがありますが、これらは振袖を守り、次世代へと受け継ぐために役立ちます。

まず、振袖を脱いだ直後に行うべきことは、衣装のチェックです。汗や汚れが付着していないか、特に襟元や袖口などの汚れやすい部分を注意深く確認します。もし汚れが見つかった場合は、できるだけ早く専門のクリーニング店に相談することが重要です。自宅での汚れ落としは、布地を傷めるリスクがあるため、専門家に任せるのが最善の選択です。

振袖の基本的な手入れ方法次に、振袖を風通しの良い場所で陰干しすることが推奨されます。これは、着用中に吸収した汗や湿気を取り除くためです。直射日光は避け、風通しの良い日陰で数時間干すことで、布地を傷めずに自然な方法で乾燥させることができます。このプロセスは、振袖の生地を長持ちさせるためにも役立ちます。

振袖を保管する前には、必ず折りジワを整え、適切に畳むことが大切です。振袖の保管方法は、布地の種類やデザインによって異なる場合がありますが、一般的には、折り目がつかないように注意しながら、空気を通すためのスペースを残して畳むことが推奨されます。また、防虫剤や乾燥剤を使用する際には、直接振袖に触れないようにし、布製の袋などに入れて間接的に効果を発揮させる方法が良いでしょう。

振袖を保管する際には、湿度と温度が一定の環境を選ぶことが重要です。高温多湿や直射日光は、色あせや布地の劣化を引き起こす可能性があるため、避けるべきです。可能であれば、振袖専用の保管ケースや衣装箱を使用し、定期的に風通しを良くすることで、振袖を最適な状態で保つことができます。

これらの基本的な手入れ方法を実践することで、振袖の美しさと価値を長期間にわたって保つことが可能です。振袖は、単なる衣装ではなく、文化的な価値を持つ大切な遺産であるため、適切なケアを施すことが、その伝統を未来へと繋ぐ鍵となります。

汚れがついたときの対処法と、日常的にできる簡単なケアについて紹介

振袖に汚れがついた場合の対処法と、日常的に行える簡単なケアについては、振袖の美しさと品質を長期間保持するために非常に重要です。振袖は特別な日のための衣装であり、丁寧な扱いが必要です。しかし、万が一汚れがついてしまった場合でも、適切な対応をすれば、その美しさを保つことが可能です。

着物のクリーニング加工まず、振袖に汚れがついたときは、汚れの種類に応じた対処が必要です。水溶性の汚れの場合、軽く湿らせた布でポンポンと叩くようにして汚れを取り除くことができます。しかし、油性の汚れや頑固な汚れに関しては、自宅での処理は推奨されません。布地を傷める原因となる可能性があるため、専門のクリーニング店に相談することが最も安全で効果的な方法です。専門店では、振袖の素材や染料に適した洗浄方法を選択し、汚れを丁寧に取り除いてくれます。

日常的にできる簡単なケアとしては、振袖を適切に保管することが挙げられます。使用後は、振袖をきちんと畳んで、通気性の良い布で包み、直射日光の当たらない涼しい場所に保管することが重要です。また、湿気を避けるために、乾燥剤を使用すると良いでしょう。さらに、定期的に振袖を風通しの良い場所で陰干しすることで、湿気やカビの発生を防ぎ、生地をいためることなく、振袖を清潔に保つことができます。

振袖を長く美しく保つためには、日常的なケアが非常に重要です。振袖を着用する際には、化粧品や香水などが直接振袖に触れないよう注意し、食事をする際にはエプロンを使用するなど、汚れを防ぐための予防策を講じることも効果的です。また、振袖を着用した後は、できるだけ早く適切な方法でケアを行い、必要に応じて専門のクリーニングサービスを利用することが、振袖を長期間にわたって大切にするための鍵となります。

クリーニングと専門店の利用

成人式や特別なイベント後の振袖クリーニングの重要性

成人式や特別なイベント後の振袖クリーニングは、その美しさと品質を長期間保持するために非常に重要なプロセスです。振袖は、特別な日の記念としてだけでなく、将来にわたって大切な思い出として保持されることが多いため、適切なケアが必須となります。このような大切な衣装を専門のクリーニング店に預けることは、振袖を適切に保護し、次世代へと受け継ぐために役立ちます。

振袖の基本的な手入れ方法振袖を着用すると、避けられない汗や皮脂、飲食物の汚れが付着します。これらの汚れは見た目には目立たないこともありますが、放置すると布地を傷めたり、色落ちやシミの原因となることがあります。特に、振袖の素材はデリケートであり、伝統的な染料や装飾が施されていることが多いため、家庭での洗濯や手入れでは対応しきれない場合がほとんどです。そのため、専門のクリーニング店に依頼することが推奨されます。

専門店では、振袖の素材や染料に合わせた適切なクリーニング方法を選択し、汚れを丁寧に取り除きます。また、振袖に使用されている装飾品や金銀糸なども考慮に入れ、これらが損なわれないよう特別な処理を施します。専門店の利用は、振袖を安全に、かつ効果的にクリーニングする上での最良の選択と言えるでしょう。

さらに、専門店ではクリーニングだけでなく、保管方法に関するアドバイスや、必要に応じた修理サービスも提供しています。振袖を長期間保管する際には、適切な方法で畳んで、湿気を避けるための対策を施す必要があります。専門店のスタッフは、これらの知識を持っており、振袖を長く美しく保つための的確なアドバイスを提供してくれます。

成人式や特別なイベント後の振袖クリーニングを専門店に依頼することは、振袖の美しさを長期間保つために不可欠です。専門の知識と技術を持つプロフェッショナルによるケアは、振袖を次世代へと受け継ぐための大切なステップとなります。振袖は単なる衣装ではなく、文化的な価値を持つ大切な遺産であり、適切な手入れによってその美しさと品質を守ることが、次世代への大切な贈り物となります。

専門店を選ぶ際のポイントや、クリーニング料金の目安

振袖のクリーニングを専門店に依頼する際には、適切な店選びが非常に重要です。専門店を選ぶポイントとして、まず挙げられるのは、その店が振袖や和装に特化したサービスを提供しているかどうかです。和装は特殊な素材や染色技術を用いているため、一般的な衣類とは異なる専門的な知識と技術が必要とされます。そのため、振袖や和装のクリーニングに特化しているか、またその分野での実績が豊富かどうかを確認することが大切です。

振袖の美しさを長く保つ 手入れから保管次に、クリーニングプロセスについての透明性も重要なポイントです。良質な専門店では、どのような洗浄方法を用いるのか、どのような注意点があるのかなど、クリーニングのプロセスを顧客に対して明確に説明してくれます。この透明性は、顧客が安心して衣類を預けられるかどうかを判断する上で重要な要素となります。

また、アフターサービスの有無も専門店選びの大きなポイントです。クリーニング後のトラブルや不明点に対して、どのようなフォローアップサービスが提供されるのか、また修理や保管サービスがあるかどうかも確認しておくと良いでしょう。これらのサービスが充実している店舗であれば、長期的に安心して振袖のケアを任せることができます。

クリーニング料金の目安については、振袖の素材や装飾の種類、汚れの程度によって大きく変動します。一般的に、専門店での振袖クリーニングの料金は数千円から数万円の範囲で設定されていることが多いです。特に、金銀糸を使用した装飾や特殊な染料で染められた振袖は、高度な技術と手間を要するため、料金が高くなる傾向にあります。事前に複数の専門店に見積もりを依頼し、サービス内容と料金を比較検討することが重要です。また、料金だけでなく、サービスの質や専門性も考慮に入れて選ぶことが、振袖を大切に扱う上での鍵となります。

クリーニング後の振袖の受け取り方と、専門店での相談ポイント

クリーニング後の振袖を受け取る際と、専門店での相談においては、いくつかの重要なポイントがあります。振袖は、その美しさと状態を長期間保つために、クリーニング後の取り扱いにも細心の注意を払う必要があります。また、専門店での適切な相談を行うことで、振袖のケアをより効果的に行うことが可能になります。

クリーニングから戻ってきた振袖は、専門店が提供する保護材で丁寧に包まれていることが多く、受け取り時には振袖が適切にクリーニングされたか、約束されたサービスが行われたかを確認することが大切です。特に、振袖のデリケートな部分や、装飾が施されている箇所に損傷がないかをチェックすることは重要です。専門店のスタッフと一緒に、これらの点を確認し、振袖が適切な状態であることを確かめましょう。

また、振袖を長期間保管する際には、専門店から提供されるアドバイスに従い、湿気を避け、直射日光が当たらない場所に保管することが望ましいです。専門店では、振袖の保管方法についての貴重な情報を提供してくれることがあり、これを参考にすることで、振袖を最適な状態で保つことができます。

専門店での相談では、振袖のクリーニング方法や保管方法、さらには修理やメンテナンスについての相談が可能です。振袖の素材や装飾に合わせたクリーニング方法について理解を深めることができるほか、長期間の保管を考えている場合には、振袖を最適な状態で保つための方法について専門店に相談することが重要です。また、クリーニングの過程で見つかった損傷や、以前から気になっていた箇所について、修理やメンテナンスの相談を行うことで、振袖をより長く美しく保つことができます。

振袖の正しい保管方法

長期保管に適した方法と、保管時に必要な和装小物の扱い方を紹介

振袖の正しい保管方法は、その美しさと品質を長期間保持するために非常に重要です。特に、成人式や結婚式などの特別な日にのみ着用される振袖は、次に着用する機会まで長い期間保管されることが多いため、適切な保管方法を知っておくことが必須となります。また、振袖と一緒に使用される和装小物も適切に扱い、保管することが大切です。

振袖の基本的な手入れ方法振袖を長期保管する際には、まず振袖が清潔であることを確認します。使用後は必ずクリーニングを行い、汚れや汗を落としてから保管することが重要です。清潔な状態で保管することで、カビや虫害のリスクを減らすことができます。

保管する前に、振袖を適切に畳むことが求められます。振袖の生地を傷めないように、折り目がつかないように注意しながら畳みます。特に、重要なのは生地に無理な力がかからないようにすることです。畳んだ振袖は、通気性の良い布で包み、直射日光が当たらない涼しい場所に保管します。また、湿度が高くなりすぎないように、適度な湿度管理を行うことも大切です。湿度が高いとカビの原因となり、低すぎると生地が乾燥してしまいます。

和装小物についても、振袖と同様に適切な保管が必要です。帯や帯締め、帯揚げなどの小物は、形を崩さないように丁寧に畳んで保管します。帯は特に大切で、長いものなので丁寧にロール状に巻いて保管する方法がおすすめです。これらの小物も、湿気を避け、風通しの良い場所で保管することが重要です。

さらに、振袖や和装小物を保管する際には、防虫剤や乾燥剤を適切に使用することが推奨されます。ただし、これらの物質が直接振袖や小物に触れないように注意し、布製の袋に入れるなどして間接的に利用します。

湿度や温度など、保管環境の重要性について説明

振袖や和装小物を保管する際には、湿度や温度といった保管環境が非常に重要になります。これらの環境要因は、振袖の生地や色彩の保持、さらには長期的な品質維持に直接的な影響を与えるため、適切な管理が求められます。

桐たんす湿度の管理は、振袖を保管する上で最も重要な要素の一つです。湿度が高すぎると、カビの発生や生地の劣化、染料の変色などが起こりやすくなります。特に、日本の夏場は高湿度になりがちであるため、除湿器の使用や通気性を確保した保管方法が推奨されます。一方で、湿度が低すぎる環境もまた、生地の乾燥や静電気の発生につながり、これらが生地の繊維を傷める原因となることがあります。

温度に関しても、振袖の保管においては重要な要素です。高温の環境は、生地の劣化を早めるだけでなく、湿度の管理を難しくすることがあります。そのため、直射日光が当たる場所や、夏場の暑い部屋での保管は避け、温度変化が少ない場所を選ぶことが望ましいです。

これらの環境条件を適切に管理するためには、保管場所の選定に加え、湿度計や温度計を使用して環境を定期的にチェックすることが効果的です。また、振袖を保管する際には、通気性の良い袋や箱を使用し、カビや虫害を防ぐための防虫剤や乾燥剤を適切に配置することも重要です。ただし、これらの物質が直接振袖に触れないようにするため、布製の袋に入れるなどの対策を取る必要があります。昔から着物の保管には桐のたんすが推奨されています。理由としては、桐材は湿気を吸って吐くという湿度調整に適している木材であることが大きな理由です。

保管場所の選び方と、振袖を保管する際のコツを提供

振袖を保管する際に適切な保管場所を選ぶことと、保管のコツを知ることは、振袖を長期間美しく保つために非常に重要です。振袖は、その繊細な生地や色彩、装飾が時間とともに変化する可能性があるため、適切な環境で丁寧に保管する必要があります。

保管場所を選ぶ際には、まず、直射日光が当たらないことを確認してください。日光に長時間さらされると、振袖の色褪せや生地の劣化が進む原因となります。また、湿度と温度が一定の環境を選ぶことが重要です。湿度が高すぎるとカビが生えやすくなり、低すぎると生地が乾燥してしまいます。除湿機や加湿器、エアコンを適宜使用して環境を整えることが推奨されます。

さらに、振袖を保管する場所は、通気性が良いことも重要です。クローゼットや衣装箱を使用する場合は、定期的に扉を開けて空気を入れ替えるなどして、湿気がこもらないようにしましょう。また、虫害を防ぐために、防虫剤を適切に使用することも忘れてはなりませんが、直接振袖に触れないように注意が必要です。箪笥の引き出しに防虫剤1個入れておけば充分です。

振袖を保管する際には、まず、振袖が完全に乾燥していることを確認してください。クリーニング後は特に、しっかりと乾燥させることが重要です。振袖を畳む際には、折りジワがつかないように注意し、可能であれば専用の保管袋や和装用の保管箱に入れて保管します。これにより、振袖をホコリや汚れから守ることができます。簡単にできる方法として、和紙や新聞紙を保管する際に一緒に入れておくこと、たとう紙に入れてしまうことなどがあげられます。たとう紙は着物店で1枚あたり100円~500円程度で購入できます。価格はたとう紙の素材によって異なります。(和紙、洋紙などの違い)

また、振袖を長期間保管する場合には、時々畳み直すことで、同じ部分に負担がかかり続けるのを防ぐことができます。これは、生地の痛みを防ぐために有効な方法です。さらに、保管時には、振袖と一緒にシリカゲルのような乾燥剤を入れることで、湿気を抑えることができます。

振袖の保管においては、これらのポイントを守ることで、振袖を長期間にわたって美しい状態で保つことが可能になります。振袖はただの衣装ではなく、大切な記念や文化的価値を持つものです。適切な保管方法を実践することで、その価値を未来へと継承していくことができるでしょう。

振袖のレンタルと購入

振袖をレンタルするメリットとデメリット、購入を検討する際のポイントを比較

振袖を選ぶ際には、レンタルと購入のどちらを選ぶかが大きな決断となります。それぞれには独自のメリットとデメリットがあり、個々の状況やニーズによって最適な選択が異なります。

振袖のレンタルレンタルの場合、最大の魅力は初期費用を抑えられる点にあります。特に一度きりの使用を考えている場合、経済的にも合理的な選択と言えるでしょう。さらに、レンタルでは多様なデザインの中から選ぶことができ、流行を追いたい方にとっては魅力的です。また、使用後のクリーニングや保管の手間を考えると、レンタルは手軽さも大きな利点です。しかし、レンタルにはデザインのオリジナリティや使用における自由度の面で制限があること、複数回レンタルするとコストがかさむ可能性があることがデメリットとして挙げられます。

一方で、購入を選ぶメリットは、自分だけの特別な振袖を持つことができる点にあります。オーダーメイドで体型にぴったり合わせることができるため、着心地の面でも優れています。また、購入した振袖は家族間で受け継がれることが多く、感情的な価値も非常に高いです。しかし、購入には高額な初期費用がかかり、長期間の保管やメンテナンスが必要になるため、その点を考慮する必要があります。また、時間が経つとスタイルの好みが変わる可能性もあり、その点も購入の際には考慮すべきです。

購入を検討する際には、予算や使用頻度、保管環境、感情的な価値など、様々な要素を総合的に考えることが重要です。自分や家族との思い出を形に残したい、特別なデザインを長く楽しみたいという場合は購入が適しているかもしれません。一方で、コストを抑えたい、最新のデザインを楽しみたいという場合はレンタルが良い選択肢となり得ます。

レンタル振袖の手入れと返却の流れ、購入した振袖のメンテナンス方法について解説

レンタル振袖と購入した振袖、それぞれにおいて手入れとメンテナンスは大切な役割を果たします。適切なケアを施すことで、振袖を美しい状態で長持ちさせることができます。

レンタル振袖の場合、基本的には使用後のクリーニングはレンタル会社が行います。しかし、着用中についた軽微な汚れやシミについては、返却前に自分で対処することが求められることもあります。この場合、汚れがひどくならないように、素材を傷めない方法で軽く拭き取るなどの対応が必要です。ただし、強くこすったり、特別な洗剤を使用したりする前に、レンタル会社の指示に従うことが重要です。

着物メンテナンス縫い付け返却の際は、レンタル時に受け取った振袖、帯、小物類を忘れずに一式そろえて返却します。多くのレンタル会社では、返却期限や方法について具体的な指示を出していますので、それに従って手続きを行います。返却時には、振袖を適切に畳んで、汚れや破損がないか最終確認を行うことが望ましいです。

購入した振袖の場合、定期的なメンテナンスが必要になります。使用後は、振袖が清潔かつ乾燥した状態であることを確認し、専門のクリーニングサービスに依頼することが一般的です。特に、汗や汚れは生地を傷める原因となるため、早めの対応が重要です。

保管に際しては、振袖を適切に畳んで、通気性の良い布で包み、直射日光の当たらない涼しい場所に保管します。湿度と温度の管理にも注意が必要で、カビや虫害を防ぐために適切な防虫剤や乾燥剤を使用します。また、長期間同じ場所に畳んで保管すると、生地に負担がかかるため、時々畳み直すことで生地へのストレスを軽減できます。

振袖を活用するためのアイデア

成人式以外で振袖を着る機会の提案と、日常での和装小物の活用方法を紹介

振袖は成人式の際に着用することが一般的ですが、その美しさと特別感を日常生活や他のイベントで活用する方法もあります。また、和装小物も振袖と一緒に着るだけでなく、様々なシーンで取り入れることができます。

振袖 結婚式などイベント成人式以外で振袖を着る機会として考えられるのは、結婚式や特別なパーティー、お茶会や芸術鑑賞などのフォーマルな場です。これらの場では、振袖を着用することで、日本の伝統美を表現し、周囲とは一線を画すエレガントな印象を与えることができます。また、地域の祭りやイベントに参加する際にも、振袖を着用することで、文化的な価値を高め、祭りの雰囲気をより一層楽しむことが可能です。

さらに、写真撮影を目的とした振袖の着用もおすすめです。成人式の写真だけでなく、自然の中や歴史的な建造物の前で撮影することで、振袖の美しさを異なる背景と組み合わせて楽しむことができます。SNSの普及により、個性的な写真を共有することが趣味となっている今日、振袖を活用した撮影は、特別な思い出作りにもなります。

日常での和装小物の活用方法としては、帯締めや帯揚げをアクセサリーとして取り入れることができます。例えば、帯締めをヘアアクセサリーとして使ったり、帯揚げをスカーフやショールとして活用したりすることで、普段の服装に和のエッセンスを加えることが可能です。また、和装バッグや草履は、和服だけでなく洋服との組み合わせでも魅力的に映り、日常的に使うことで、特別なアイテムとしての価値を見出すことができます。

振袖 結婚式などイベント

まとめ

振袖は、単なる衣装を超えた、日本の伝統と文化を象徴する価値あるものです。成人式や結婚式など、人生の特別な節目を彩る振袖は、適切な手入れと保管を通じて、その美しさと価値を長期間にわたって保つことが可能です。この記事を通じて、振袖の手入れと保管の重要性を再確認し、適切なケアで振袖の美しさを長く保つためのについてご紹介をしてきました。

レンタルと購入に関する選択、レンタル振袖の手入れと返却の流れ、購入した振袖のメンテナンス方法、そして成人式以外で振袖を着る機会や日常での和装小物の活用方法についても触れました。これらの情報が、振袖を選ぶ際や、既に持っている振袖を大切にする際に役立つことを願っています。

振袖や和装小物を適切にケアし、保管することは、ただ美しさを保つだけではなく、日本の美しい伝統を未来へと繋げる行為でもあります。振袖一つ一つには、それを纏う人の物語や、家族の歴史、そして職人の技が込められています。これらを大切にすることで、私たちは文化を尊重し、次世代へとその価値を伝えていくことができます。

振袖・振袖レンタル・着物・着物レンタル・着付け教室・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖や卒業袴、各種着物のレンタルと着付け、さらに振袖ドレスまで提供しています。常設のフォトスタジオも備え、一人ひとりに合った着物選びのサポートを行っています。こだわりの商品セレクトとプロの着付け技術が強みで、お客様が自信を持って着物を楽しめるよう全力で支援します。

和遊館丸豊
店名1 和遊館丸豊 豊橋店
住所 〒441-8113愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601
店名2 和遊館丸豊 田原本店
住所 〒441-3416愛知県田原市東赤石4丁目83
電話 0531-22-0071

予約・お問合わせ

よくある質問

Q.いつ頃、振袖を見に来てますか?
A.振袖を見に来るのは、高3の春ぐらいからスタートして、成人式の2年半〜1年前までが一般的です。

理由としては、選べる振袖の種類が多かったり、当日のお支度時間を優先的に選べたりすることから、多くの方が大学1年生の夏休みまでに選んでいます。

Q.いつ頃、振袖を決めてますか?
A.大体60%以上の人が、成人式の1年前までに振袖を決めています。

Q.振袖選びは時間がかかりますか?
A.平均して約8〜10着を試着して選んでいますので、平均約1.5~2時間ほどです。

Q.最近の振袖は何色が人気ですか?
A.人気は白系(約24%)続いて赤色(約15%)が人気です!最近は、緑色(約14%)や青色(約14%)の人気が高まってきているカラーですね。案外、色については偏りが少なくなってきています。

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 豊橋店
所在地・・・〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話番号・・・0532-26-2601

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 田原本店
所在地・・・〒441-3416 愛知県田原市東赤石4丁目83
電話番号・・・0531-22-0071

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

和遊館丸豊にLINEで予約・問い合わせ

LINEなら24時間受付可能!

田原本店LINE問い合わせ

関連記事一覧