低身長でも輝く振袖選び: 小柄なあなたに似合うスタイルとコーディネートの秘訣

小物, , 振袖, 着付け

低身長の方が振袖を選ぶ際、多くの方が直面するのは「どのようにして自分に似合う振袖を見つけ、スタイル良く見せることができるか」という問題です。特に成人式や卒業式など、人生の大切なイベントで振袖を着る機会は、自分自身を美しく魅せたいと願う瞬間です。しかし、低身長だと自分に合う振袖を見つけるのが難しいと感じることも少なくありません。そこで重要になるのが、身長が低い方向けの振袖選びのコツや、スタイルをよく見せるためのテクニックです。これらを知ることで、どんな体型の方でも振袖を美しく着こなすことが可能になります。振袖選びでは、デザインや色、柄の大きさなどがポイントになりますが、それだけでなく、小物選びや着付けの方法も大きく影響します。低身長の方が振袖を選ぶ際に役立つ情報を、実体験に基づいた専門的な視点から紹介していきます。

はじめに

小柄な体型でも振袖で美しく輝くためのコツ

低身長の方が振袖を選ぶ際、多くの不安や悩みを抱えることは珍しくありません。特に成人式や結婚式など、人生の大切なイベントで着用する振袖は、自分を最も美しく魅せるものであってほしいと誰もが願います。しかし、低身長だとどのようなデザインや色、柄が似合うのか、またどのようにコーディネートすればスタイルが良く見えるのか、といった点で迷いが生じがちです。

縦に流れるデザインの振袖このような悩みを解消するためには、まず自分の体型や身長に合った振袖の選び方を知ることが重要です。低身長の方には、全体のバランスを考え、身長が低いことをカバーしつつ、美しく見せるテクニックがあります。例えば、縦のラインを強調することで視覚的に身長を高く見せる効果が期待できます。また、大きすぎる柄は避け、小さめの柄を選ぶことで、洗練された印象になります。

さらに、振袖を選ぶ際には、小物選びも非常に重要です。帯や草履、バッグなどの小物を上手に選び、コーディネートすることで、全体の印象が大きく変わります。特に、帯の結び方や帯締めの色選びには工夫を凝らし、スタイルアップを狙います。また、高さのある草履を選ぶことで、自然に身長を補い、美しい姿勢で振袖を着こなすことが可能です。

着付けにおいても、低身長の方向けのテクニックを活用することで、より美しい仕上がりを目指せます。例えば、背が低い方は振袖の裾を上手に調整し、全体のバランスを整えることが大切です。これにより、振袖が地面に引きずることなく、スマートに着こなすことができます。

低身長の方が振袖を選ぶ際には、自分の体型を理解し、それを最大限に生かす選び方とコーディネートが求められます。自分に似合う振袖を見つけ、適切な小物選びと着付けの工夫をすることで、どなたでもその日一番の輝きを放つことができるのです。重要なのは、自分自身が最も美しく、自信を持って振る舞える振袖を選ぶこと。それが、低身長の方が振袖を選ぶ際の最も大切なポイントです。

小柄な体型に似合う振袖の選び方

デザインと色の選び方、おすすめの振袖のデザインや色の選び方

低身長の方が振袖を選ぶ際、デザインと色の選び方は非常に重要です。身長が低いと感じる方々にとって、振袖はただ単に伝統的な装いを楽しむだけでなく、スタイルを良く見せるための工夫が必要になります。ここでは、身長が低い方におすすめの振袖のデザインや色の選び方について、具体的なアドバイスを提供します。

まず、デザインに関しては、縦のラインを強調するものを選ぶことがポイントです。縦のラインは視覚的に身長を高く見せる効果があります。そのため、縦に流れるような柄や、縦縞が入ったデザインの振袖がおすすめです。また、全体に細かい柄が散りばめられているよりも、柄が一部に集中しているデザインの方が、スタイリッシュに見え、身長が低い方のスタイルをより良く見せることができます。

細かい柄・シンプルなデザインの振袖色選びにおいては、明るすぎず暗すぎない、落ち着いた色味を選ぶことが重要です。淡い色やパステルカラーは可愛らしさを強調しますが、身長が低い方には全体がぼやけて見えることがあります。一方で、暗すぎる色は身長をさらに低く見せてしまう可能性があります。そのため、深みのある赤や紺、落ち着いたピンクなど、程よい明るさの色を選ぶと良いでしょう。これらの色は品がありつつ、スタイルを引き締める効果も期待できます。

さらに、振袖全体のバランスも考慮する必要があります。身長が低い方は、大きな柄や派手なデザインよりも、細かい柄やシンプルなデザインの方がバランスが取りやすくなります。大胆な柄や色使いも魅力的ですが、それらは身長が高い方向けにデザインされていることが多いため、自分の身長に合った振袖を選ぶことが肝心です。

また、振袖を選ぶ際には、自分の肌色に合う色を選ぶことも忘れてはなりません。肌色に合わない色を選ぶと、どんなにデザインが良くても全体の印象が損なわれてしまいます。自分の肌色に馴染み、なおかつスタイルを良く見せる色を選ぶことで、より美しく振袖を着こなすことができるでしょう。

振袖選びは個人の好みや体型、肌色に左右されるため、一概にこれが正解とは言えません。しかし、上記のポイントを参考にしながら、自分に似合う振袖を見つけることができれば、どなたでもその場を輝かせることができるはずです。重要なのは、自分自身が振袖を着ている姿に自信を持つこと。自信を持って選んだ振袖は、あなたをより一層美しく見せてくれるでしょう。

縦のラインを強調する柄や、スタイルを良く見せる色の選び方について

縦のラインを強調する柄や、スタイルを良く見せる色の選び方は、特に身長が低い方にとって、振袖選びにおいて非常に重要な要素です。これらの要素は、視覚的に身長を高く見せるだけでなく、着る人の個性や美しさを引き立てる役割も担っています。ここでは、これらの要素をどのように取り入れるかについて、具体的なアドバイスを提供します。

小さめの柄のデザインの振袖 まず、縦のラインを強調する柄の選び方ですが、これにはいくつかのポイントがあります。縦のラインを作る柄は、視覚的に身長を伸ばす効果があります。例えば、細かい縦縞や、縦に流れる花柄、あるいは縦方向に配置された伝統的な模様などが挙げられます。これらの柄は、振袖の全体に均等に配置されているものよりも、身長が低い方には特におすすめです。また、柄の流れが一方向に統一されているデザインを選ぶことで、よりスマートで洗練された印象を与えることができます。

次に、スタイルを良く見せる色の選び方についてです。色は、人の印象を大きく左右する要素であり、適切な色を選ぶことで、より魅力的に見せることが可能です。身長が低い方におすすめの色は、明るすぎず暗すぎない、落ち着いた色味です。深みのある赤や紺、落ち着いたピンクやグリーンなどは、スタイルを良く見せると同時に、上品で洗練された印象を与えます。これらの色は、振袖の素材や質感とも相まって、着る人の個性を引き立てることができます。

また、色の選び方においては、自分の肌色に合う色を選ぶことも重要です。自分の肌色に合った色を選ぶことで、顔色が明るく見え、全体の印象が引き締まります。特に、肌色と調和する色を選ぶことで、自然で美しい着こなしが可能になります。

さらに、色と柄を組み合わせる際には、全体のバランスを考慮することが大切です。柄が縦のラインを強調するものであれば、色はそれを引き立てる落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。逆に、色が目を引く場合は、柄はシンプルなものを選んでバランスを取ることが推奨されます。

 

柄の大きさと配置、 小柄な方に似合う柄の大きさや配置について、バランス良く見せるテクニック

小柄な方が振袖を選ぶ際、柄の大きさや配置は非常に重要な要素です。適切に選ぶことで、スタイルをより良く見せ、全体のバランスを美しく保つことができます。ここでは、小柄な方に似合う柄の大きさや配置について、バランス良く見せるテクニックを提案します。

細かい柄・シンプルなデザインの振袖2小柄な方には、全体的に小さめの柄がおすすめです。大きな柄は身体を圧迫して見えることがあり、全体のバランスを崩す原因になります。小さめの柄を選ぶことで、洗練された印象を与え、スタイルをすっきりと見せることができます。また、細かい柄は視覚的に動きを加え、華やかさを演出しつつも、身長が低い方のプロポーションをよりバランス良く見せる効果があります。

柄の配置にも注意が必要です。縦のラインを強調するような配置を選ぶと、視覚的に身長を高く見せることができます。例えば、振袖の裾から上に向かって縦に流れる柄や、中心線に沿って配置された柄は、縦のラインを強調し、スタイルアップ効果が期待できます。また、柄が上半身に集中しているデザインは、視線を上に引き上げるため、全体のバランスを整えるのに役立ちます。

色と柄の組み合わせも重要なポイントです。明るい色の背景に小さめの柄があしらわれている振袖は、軽やかでフレッシュな印象を与えます。一方で、暗めの色の背景に柄が配置されている場合は、落ち着いた印象になりますが、柄の配置や大きさによってはスタイリッシュに見せることも可能です。色と柄のバランスを考え、自分の体型や肌色に合った組み合わせを選ぶことが大切です。

振袖の柄と同様に、振袖着用時のアクセサリー選びも全体のバランスに影響します。大きなアクセサリーは避け、小ぶりで繊細なデザインのものを選ぶことで、振袖の柄と調和し、洗練された印象を与えます。特に、耳元のアクセサリーは、顔周りを華やかに見せる効果があり、振袖の印象を引き立てます。

小柄な方が振袖を選ぶ際は、柄の大きさや配置に注意を払うことが重要です。小さめの柄を選び、縦のラインを強調する配置を心がけることで、スタイルを良く見せることができます。また、色と柄の組み合わせやアクセサリー選びや小物選びにも配慮し、全体のバランスを整えることが大切です。これらのテクニックを活用することで、どなたでも振袖を美しく、バランス良く着こなすことが可能になります。

 

スタイルアップのための小物選び

帯の結び方と小物の活用、スタイルアップに効果的な小物の選び方

振袖を着る際、帯の結び方や小物の選び方は、見た目の印象を大きく左右します。特に身長が低い方がスタイルアップを目指す場合、これらの要素は非常に重要です。ここでは、身長を高く見せる帯の結び方と、スタイルアップに効果的な小物の選び方について紹介します。

縦長の形の帯結び帯の結び方には様々なスタイルがありますが、身長を高く見せたい場合は、帯結びの位置と形が鍵となります。一般的に、帯を少し高めの位置で結ぶことで、脚の長さを強調し、全体のプロポーションを良く見せることができます。また、帯結びの形も重要で、縦長の形を作ることで視覚的に身長を高く見せる効果があります。例えば、「太鼓結び」は後ろで大きな縦長の形を作ることができるため、スタイルアップに効果的です。ただし、結び目が大きすぎるとバランスを損ねるため、自身の体型に合ったサイズ感で結ぶことが重要です。

小物選びもスタイルアップには欠かせません。特に、足元の選択は重要で、身長を高く見せるためには高さのある草履がおすすめです。高さのある草履は、自然と姿勢を良くし、脚を長く見せる効果があります。また、足袋の色を振袖や帯と同系色にすることで、足元からの一体感を演出し、スタイルアップにつながります。

帯締めや帯揚げも、スタイルアップに役立つ小物です。帯締めは、付いている飾りが小さいものを選ぶことで、スッキリとしてスタイル良く見せることができます。色や素材にこだわり、振袖の印象を引き締める選び方をすると良いでしょう。帯揚げは、アクセントカラーを選ぶことで、装いに深みを加えるとともに、相手の視線を上に運ぶ効果があるのでスタイルアップを図ることができます。

その他のアクセサリーとしては、髪飾りやバッグも重要です。髪飾りは、顔周りを華やかにし、視線を上に引き上げる効果があります。バッグは、振袖や帯と色味を合わせることで、全体の統一感を出し、スタイリッシュな印象を与えます。

帯の結び方と小物の選び方は、振袖を着る際のスタイルアップに非常に重要な要素です。帯を適切な位置で結び、形を工夫すること、そしてハイヒールの草履や帯締め、帯揚げなどの小物を上手に活用することで、身長が低い方でもスタイル良く、美しく振袖を着こなすことが可能です。これらのポイントを押さえ、自分に合ったスタイルを見つけることが、振袖をより一層楽しむ秘訣と言えるでしょう。

草履やバッグの選び方も含め、全体のバランスを考えたコーディネートのポイントを解説

振袖を着る際、帯の結び方や小物の選び方は、スタイルアップに大きく影響します。特に身長が低い方にとっては、これらの要素を上手に活用することで、視覚的に身長を高く見せることが可能です。ここでは、帯の結び方と小物の活用方法について、全体のバランスを考えたコーディネートのポイントを解説します。

帯の結び方には、さまざまなスタイルがありますが、身長を高く見せたい場合は、帯結びの位置が重要になります。一般的に、帯を少し高めの位置で結ぶことで、脚の長さを強調し、全体のバランスを良く見せることができます。また、帯結びの形も重要で、縦長の形を作ることで、さらに縦のラインを強調し視覚的に身長を高く見せる効果があります。例えば、「ふくら雀」と呼ばれる帯結びは、その縦長の形で知られ、スタイルアップに適しています。

振袖用草履バッグ草履を選ぶ際は、ヒールの高いものを選ぶと良いでしょう。高さのある草履は、自然と姿勢を良くし、脚を長く見せる効果があります。ただし、あまりにも高さのある草履は歩きにくくなるため、自分が歩きやすい高さを選ぶことが大切です。また、草履の色は振袖や帯との調和を考えて選び、全体のコーディネートを統一感のあるものにしましょう。

バッグは、振袖や帯、草履とのバランスを考えて選ぶ必要があります。小ぶりでシンプルなデザインのものを選ぶことで、振袖の美しさを引き立てることができます。また、色は振袖や帯と同系色、またはそれらと調和する色を選ぶと、全体のコーディネートがまとまります。バッグの素材や装飾も振袖の雰囲気に合わせて選ぶことが重要です。

帯の結び方、草履、バッグを選ぶ際は、常に全体のバランスを意識することが重要です。身長を高く見せるためには、縦のラインを強調する要素を取り入れつつ、振袖、帯、草履、バッグが互いに調和し合うように心がけましょう。また、小物選びにも注意が必要で、小ぶりで繊細なものを選ぶことで、洗練された印象を与えることができます。

スタイルアップのための小物選びは、ただ単に身長を高く見せるだけでなく、振袖をより美しく、エレガントに見せるためにも重要です。適切な帯の結び方と小物の選び方をマスターすることで、どなたでも振袖を美しく着こなすことができるでしょう。

エレガントな印象を与えるハイヒール草履の選び方とその魅力について

高さのある草履は、特に身長が低めの方にとって、見た目のスタイルを良く見せるだけでなく、エレガントな印象を与える魅力的なアイテムです。この高さのある草履の選び方と魅力について、詳しく解説します。

最大の魅力は、視覚的に身長をカバーし、脚を長く見せることができる点にあります。和装時の姿勢を美しく見せることもでき、自然と背筋が伸びるため、全体のシルエットがより魅力的に映ります。また、台が高い草履の特有のエレガントな雰囲気は、振袖や着物の格調高さを損なうことなく、現代的な美しさをプラスします。

選ぶ際のポイントとして、草履の台の高さは歩きやすさとスタイルアップのバランスを考えて選ぶことが重要です。あまりに高すぎると歩行が困難になり、和装本来の美しさが損なわれる可能性があります。自分が楽に歩ける、かつスタイルが良く見える高さを選ぶことが大切です。デザインに関しては、伝統的なデザインからモダンなデザインまで幅広く存在します。振袖や着物の雰囲気に合わせて、デザインを選ぶことが大切です。色選びもコーディネート全体のバランスを考える上で重要で、振袖や帯と色を合わせることで統一感が生まれ、全体の印象が引き締まります。素材感も和装の印象を左右します。季節や振袖の素材との調和を考えて選びましょう。

身長をカバーし、エレガントな印象を与えるだけでなく、和装を現代的にアップデートするアイテムとしても魅力的です。選び方のポイントを押さえ、自分に合った高さのある草履を見つけることで、和装の新たな楽しみ方が広がります。スタイルアップ効果とともに、和装の美しさをより一層引き立てるハイヒール草履を、ぜひ上手に取り入れてみてください。

成人式や卒業式での着こなしテクニック

着付けのコツ: 身長が低い方向けの着付けテクニックを紹介

成人式や卒業式など、特別な日に振袖や袴を着る際、身長が低い方はどのように着こなせばよいのか、特に着付けのコツについて悩むことが多いかもしれません。ここでは、身長が低い方向けの着付けテクニックを紹介し、どのようにすればバランス良く、美しく見せることができるのかを解説します。

振袖・全体のプロポーション振袖や袴を着る際には、全体のプロポーションを考慮して着付けを行うことが重要です。特に、振袖の場合は長い裾や袖が特徴で、不適切な着付けでは着こなしが難しくなりがちです。同様に、袴の場合も、袴の丈や帯の結び方によっては、スタイルが悪く見えてしまうことがあります。

まず、振袖を着る際には、裾の長さに注意が必要です。裾が地面につかないように、適切な長さに調整することが大切です。これを実現するためには、着付けの初めに裾を持ち上げて腰の位置を高く設定し、その後で裾を整える方法があります。このとき、腰紐を使用して裾の長さを調整し、全体のバランスを取ることがポイントです。

次に、帯の結び方も身長が低い方にとっては重要な要素です。帯を少し高めの位置で結ぶことで、脚が長く見える効果があります。また、帯結びは縦長の形を作ることで、さらに身長が高く見えるように工夫しましょう。帯結びの種類にもよりますが、一般的には「変わり結び」など、少し工夫を凝らした結び方がおすすめです。

袴を着る場合には、袴の丈と半巾帯の位置が重要になります。袴の丈は、足の甲が隠れるくらいが理想的です。長すぎると足元がもたつき、短すぎるとバランスが悪く見えます。半巾帯は、やはり少し高めの位置で結ぶことがスタイルアップにつながります。

小物選びも着こなしを左右します。例えば、高さのある草履を選ぶことで、自然と身長が高く見え、姿勢も美しく見せることができます。また、小ぶりのバッグを選ぶことで、全体のバランスを整えることができます。

成人式や卒業式など、特別な日には、これらの着付けテクニックを活用して、身長が低い方でもバランス良く、美しく振袖や袴を着こなすことが可能です。大切なのは、自分の体型を理解し、それを最大限に生かす着付けを心がけること。これにより、どなたでもその日一番の輝きを放つことができるでしょう。

スタイル良く見せるための着付けのポイントや、写真映えする姿勢について

和装を美しく、スタイル良く見せるための着付けと、写真映えする姿勢については、細やかな配慮が求められます。特に、成人式や卒業式などの記念すべき日には、これらのポイントを押さえることで、装いが一層引き立ち、残る写真も美しくなります。

振袖写真映えするポーズ和装の着付けでは、体にぴったりと沿わせることで、すっきりとした印象を与えることができます。特に、裾の長さを適切に調整し、帯を少し高めの位置で結ぶことがスタイルアップに繋がります。裾を地面につかないように調整することで、足元がすっきり見え、全体のバランスが整います。また、帯結びは縦長の形を意識することで、身長が高く見える効果があります。小物の使用もコーディネートに大きく影響し、帯締めや帯揚げを上手に使うことで、着こなしにアクセントを加えることができます。

写真映えする姿勢としては、背筋をしっかりと伸ばし、頭を高く保つことが基本です。これにより、自然と姿勢が良く見え、和装の美しさが一層際立ちます。顔の向きや表情も大切で、顔を少し斜めに向けると立体感が出て、自然な笑顔はどんな装いも引き立てます。手の位置も重要で、体の前で自然に組むか、振袖の袖を軽く持つことで、落ち着いた印象を与えることができます。

これらのポイントを意識することで、特別な日の装いが一層美しくなり、記念写真も素敵に残ることでしょう。和装での着こなしは、着付けの技術だけでなく、姿勢や表情にも気を配ることで、より一層の美しさを引き出すことができます。自信を持って装いを楽しんで、美しい着こなしと姿勢で、記憶に残る素敵な一日を過ごしましょう。

成人式や卒業式などの記念撮影で、美しく、スタイル良く見せるポーズや角度について

成人式や卒業式などの記念撮影では、その瞬間を美しく、スタイル良く残したいと誰もが願います。和装特有の優雅さと自身の魅力を最大限に引き出すポーズや角度には、いくつかのコツがあります。これらを意識することで、写真からも自信と美しさが伝わるようになります。

まず、姿勢の良さは写真の美しさを左右する重要な要素です。背筋を伸ばし、顎を軽く引くことで、顔周りがスッキリと見え、和装の美しさが一層際立ちます。特に和装では、正面からだけでなく、横や斜めからのアングルも多用されるため、どの角度から撮影されても美しく見えるように、常に姿勢を正しておくことが大切です。

次に、ポーズについてですが、自然体でありながらも、形が整っているポーズがおすすめです。例えば、片足を軽く前に出すことで、脚のラインを美しく見せることができます。また、手元は振袖の袖を軽く持つか、帯の上に優雅に置くことで、和装ならではのエレガンスを演出できます。手の位置は、全体のバランスを考えながら、自然に見える位置にすることがポイントです。

顔の向きに関しては、カメラを直接見る正面向きだけでなく、顔を少し横に向けることで、より立体感のある表情を作り出すことができます。また、顔を軽く下に傾けることで、柔らかく優しい印象を与えることも可能です。表情は、自然な笑顔が最も美しく、写真を見る人にもポジティブな印象を与えます。

撮影する角度も、被写体をより美しく見せるために重要です。カメラが少し高い位置から撮影することで、目線が上向きになり、顔が引き締まって見える効果があります。また、斜めからの撮影は、体のラインをより美しく見せることができ、和装の豪華な柄やデザインも際立ちます。

これらのポイントを意識することで、成人式や卒業式の記念撮影では、自分自身の魅力を最大限に引き出し、美しい瞬間を残すことができます。大切なのは、自信を持ってポーズをとること。自分らしさを大切にしながら、和装の美しさと共に、その特別な日の記憶を美しい写真として残しましょう。

まとめ

低身長であっても、振袖を美しく着こなすことは十分に可能です。この点を再確認し、特別な日を自信を持って迎えるために、ここで振り返りたいのは、身長を気にせず振袖の魅力を最大限に引き出すためのポイントです。

振袖や和装を選ぶ際には、デザインや色、柄の大きさと配置に注意を払い、自分の体型に合ったものを選ぶことが重要です。縦のラインを強調するデザインや、身長が低いことをカバーしつつスタイルを良く見せる色の選び方は、着こなしに大きな差をもたらします。また、帯の結び方や小物の選び方も、全体のバランスを整え、スタイルアップに寄与します。特に、高さのある草履は、身長をカバーしつつエレガントな印象を与えるための強力な味方となります。

着付けにおいては、裾さばきや帯の位置など、細部にわたる配慮が求められます。これらのテクニックを駆使することで、どなたでもバランスの取れた美しい着こなしが可能になります。また、記念撮影では、姿勢やポーズ、カメラとの距離感を意識することで、写真からも自信と美しさが伝わるようになります。

ここで紹介したポイントを心に留め、自分自身の魅力を信じてください。振袖を着こなす上での背が低いことは問題ではありません。むしろ、独自の美しさを追求し、自分らしさを表現する機会と捉えることができます。特別な日は、あなたの人生の中で輝かしい一ページとなるはずです。自信を持って、その瞬間を楽しみ、美しい振袖姿で周囲を魅了してください。あなたの内に秘められた美しさが、振袖を通じて輝きを放つことでしょう。

振袖・振袖レンタル・着物・着物レンタル・着付け教室・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖や卒業袴、各種着物のレンタルと着付け、さらに振袖ドレスまで提供しています。常設のフォトスタジオも備え、一人ひとりに合った着物選びのサポートを行っています。こだわりの商品セレクトとプロの着付け技術が強みで、お客様が自信を持って着物を楽しめるよう全力で支援します。

和遊館丸豊
店名1 和遊館丸豊 豊橋店
住所 〒441-8113愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601
店名2 和遊館丸豊 田原本店
住所 〒441-3416愛知県田原市東赤石4丁目83
電話 0531-22-0071

予約・お問合わせ

よくある質問

Q.いつ頃、振袖を見に来てますか?
A.振袖を見に来るのは、高3の春ぐらいからスタートして、成人式の2年半〜1年前までが一般的です。

理由としては、選べる振袖の種類が多かったり、当日のお支度時間を優先的に選べたりすることから、多くの方が大学1年生の夏休みまでに選んでいます。

Q.いつ頃、振袖を決めてますか?
A.大体60%以上の人が、成人式の1年前までに振袖を決めています。

Q.振袖選びは時間がかかりますか?
A.平均して約8〜10着を試着して選んでいますので、平均約1.5~2時間ほどです。

Q.最近の振袖は何色が人気ですか?
A.人気は白系(約24%)続いて赤色(約15%)が人気です!最近は、緑色(約14%)や青色(約14%)の人気が高まってきているカラーですね。案外、色については偏りが少なくなってきています。

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 豊橋店
所在地・・・〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話番号・・・0532-26-2601

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 田原本店
所在地・・・〒441-3416 愛知県田原市東赤石4丁目83
電話番号・・・0531-22-0071

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

和遊館丸豊にネットで予約・問い合わせ

豊橋市・田原市で人気の振袖・着物専門店でネット予約!
ネット予約なら24時間受付!

ネットで予約

関連記事一覧