振袖を着る年齢とシチュエーション完全ガイド:成人式から結婚式まで、女性が知るべきマナーとポイント

イベント, 成人式, 振袖

振袖は日本の伝統的な装いであり、特に女性の人生における重要な節目を彩る衣装として長い間親しまれてきました。成人式を迎える若い女性が華やかな振袖を身に纏い、大人への一歩を踏み出す姿は多くの人々にとって感動的な光景です。しかし、成人式以外にも、結婚式の招待や初詣、卒業式など、振袖を着る機会は意外と多いものです。それぞれのシチュエーションにおいて、どのような振袖を選び、どのように着こなすべきかは、多くの女性が直面する疑問の一つです。また、未婚か既婚かというステータスによって選ぶべき振袖が異なることや、年齢に応じた柄の選び方など、知っておくべきマナーやルールも存在します。このような背景から、振袖を着る際の年齢やシチュエーションに応じた適切な選び方、マナーについて理解を深めることは、特別な日をより美しく、そして心に残るものにするために非常に重要です。本ガイドでは、振袖を着る上での基本的な知識から、少し専門的なポイントまで、幅広く紹介していきます。

はじめに

特別な日に女性が着用する華やかな着物

振袖は、日本の伝統的な装いの中でも特に華やかさと格式を兼ね備えた着物であり、主に未婚の女性が成人式や結婚式の招待など、人生の特別な節目に着用します。この衣装が持つ独特の美しさと意義は、日本文化の深い理解と尊重を象徴しています。振袖の特徴は、その名の通り「袖が振れる」ほど長い袖にあり、これが若々しさと華やかさを表現しています。また、振袖は色鮮やかで、季節や着用者の年齢、イベントの性質に応じた多彩な柄が施されています。

選ぶ際には、その人の個性や好みはもちろん、着用する場のシチュエーションや季節、さらには家族の意向なども考慮されます。成人式で着用する振袖は、一生に一度の大切な記念となるため、特にこだわりを持って選ばれることが多いです。結婚式の招待や他のフォーマルな場では、その場の雰囲気やマナーに合わせた振袖を選ぶことが求められます。

振袖着用シーン振袖の着こなしには、帯や帯締め、帯揚げ、草履やバッグなどの小物が重要な役割を果たします。これらの小物を振袖の柄や色に合わせて選ぶことで、一層の華やかさと洗練された印象を与えることができます。また、髪型やメイクも振袖に合わせて工夫することで、着物姿をより一層引き立てることが可能です。

購入やレンタルは、専門の着物店やレンタルショップで行われます。近年では、インターネットを通じて様々なスタイルやデザインを比較し、自分に合った振袖を見つけることも容易になっています。しかし、実際に振袖を選ぶ際には、専門の知識を持つ店員のアドバイスを受けながら、自分の体型や好みに合ったものをじっくりと選ぶことが大切です。

振袖を着用することは、単に美しい伝統的な衣装を身にまとうということ以上の意味を持ちます。それは、日本の文化や伝統を尊重し、自分自身の成長や節目を祝う行為です。振袖を通じて、家族や友人との絆を深め、人生の大切な瞬間を共有することができます。このように、振袖は日本女性の人生における重要な役割を果たしており、その価値は時代が変わっても変わることのない、永遠の魅力を持っています。

振袖を着る適切な年齢

成人式での振袖の意義とその年齢

成人式での振袖着用は、日本における長い伝統と文化の一環であり、新成人が社会的な大人としてのスタートを切る重要な節目を象徴しています。この日、多くの女性が振袖を選び、着用することには深い意義があります。成人式は、日本国内で20歳に達した若者が成人と認められ、新たな社会的責任と権利を持つことを祝う式典です。この年齢は、多くの人生の選択が可能になる重要な時期であり、法律上でも成人と見なされます。

振袖での成人式振袖を着ることは、単に美しい伝統衣装を身につけるという行為を超え、自己の成長と成熟、そして家族や地域社会への感謝を表現する手段となります。振袖はその華やかさと豪華な装飾で、特別な日の装いとして選ばれ、成人式の日には新成人の晴れやかな姿を際立たせます。この風習は、長い間日本の家庭や地域社会に受け継がれてきました。

成人式で振袖を着用することは、若い女性が社会に対して自身の成人を宣言し、未来への希望と決意を示す機会でもあります。振袖の色鮮やかな柄やデザインは、着用者の個性や美しさを引き立てると同時に、人生の新たな章の始まりを祝福します。また、この日に振袖を着ることは、家族の絆を象徴する行事ともなり、多くの場合、親や祖父母が振袖を贈ることで、成人を迎えた子や孫への愛情と誇りを示します。

しかし、成人式で振袖を選ぶ過程もまた、成人への通過儀礼の一部と言えます。振袖選びは、自分自身を表現する方法として、また、自分のルーツや家族の伝統に対する敬意を示す方法として重要な意味を持ちます。この過程で、若い女性は自分の好み、価値観、そして社会的な役割について深く考える機会を得ることができます。

成人式の振袖は、単なる衣装ではなく、個人の成長、家族の愛、そして日本の文化と伝統を祝う象徴です。この日に着用される振袖は、新成人がこれからの人生で直面するであろう挑戦と喜びに向けての準備が整ったことを世界に宣言するものであり、その意義は計り知れないものがあります。

結婚前の未婚女性が着用する文化と背景

日本における振袖の文化は、深い歴史的背景と伝統に根ざしています。特に結婚前の未婚女性が振袖を着用する習慣は、その人生の重要な節目や社会的地位の変化を象徴する文化的表現として長年にわたり受け継がれてきました。この習慣は、女性が社会的に成熟し、結婚する準備ができたことを示す重要なサインとして機能しています。

振袖は、その名が示す通り「振れる袖」を持つ着物で、長い袖が特徴です。これは、着用者がまだ結婚しておらず、社会的に「自由」であることを象徴しています。歴史的に見ると、振袖は若い女性が成人に達したことを祝う成人式や、結婚式の前に行われる婚約式など、特別な機会に着用される衣装でした。これらの行事では、振袖を着ることで、女性が新たな人生の段階に入る準備が整ったことを家族や社会に示すことができます。

結婚前の未婚女性が振袖を着用する文化は、彼女たちの美しさや若さ、そして未来に対する希望を強調します。振袖の豊富な色彩や複雑な柄は、着用者の個性や美意識を表現するとともに、彼女たちがこれから歩む人生への期待と楽観を象徴しています。また、家族にとっては、娘が成人し、社会的に独立した女性としての地位を確立する過程を祝う機会でもあります。

この文化的習慣は、日本の社会における家族の絆や伝統の重要性を反映しています。振袖を選ぶ過程やその準備は、家族が一丸となって行うことが多く、この過程を通じて家族間の絆が強化されることも少なくありません。特に、祖母や母から娘へ振袖が受け継がれる場合、それは単なる衣装の受け渡し以上の意味を持ち、家族の歴史や伝統を次世代に伝える象徴的な行為となります。

現代においてもこの伝統は続いており、多くの未婚女性が成人式や特別な行事で振袖を着用することを楽しみにしています。この習慣は、変わりゆく時代の中でも日本の文化や伝統を守り続ける重要な要素の一つとなっています。結婚前の未婚女性が振袖を着用する文化は、彼女たちの人生の新たな始まりを祝福し、社会的な成熟を迎える重要な節目を象徴する美しい伝統であり、今後も大切に受け継がれていくことでしょう。

年齢による振袖選びのポイントと注意点

振袖選びは、その人の人生の特別な瞬間を彩る大切なプロセスです。特に年齢に応じた振袖の選び方には、いくつかのポイントと注意点があります。これらを理解することで、より適切な振袖を選ぶことが可能になります。

成人式を迎える20歳前後の若い女性にとって、振袖は成人としての新たなスタートを象徴する衣装です。この年齢の女性が振袖を選ぶ際には、明るく華やかな色合いや、大胆な柄が推奨されることが多いです。若々しさと活力を表現するデザインが、この新しい人生の節目にふさわしい選択となります。しかし、色や柄の選択にあたっては、着用する場の雰囲気や自身の肌色に合うかどうかも考慮する必要があります。また、振袖は一生に一度の特別な投資となるため、将来的にも着用できるような時代を超えたデザインを選ぶことも重要です。

振袖を着る年代別似合う色柄一方で、20代後半から30代の未婚女性が振袖を選ぶ際には、少し落ち着いた色合いや柄を選ぶことがおすすめされます。この年齢層の女性には、洗練された美しさや上品さを表現するデザインが適しています。しかし、落ち着いたデザインを選ぶ際でも、振袖本来の華やかさや特別感を失わないように注意が必要です。また、この年齢層の女性が振袖を選ぶ際には、将来的に結婚式など他のフォーマルな場で再利用する可能性も考慮に入れると良いでしょう。

振袖選びにおけるもう一つの重要なポイントは、身に着けるアクセサリーや小物の選び方です。帯や帯締め、帯揚げ、草履やバッグなどの小物は、振袖の印象を大きく左右します。年齢に応じて、これらの小物を適切に選ぶことで、全体のコーディネートに統一感を出し、より美しく着こなすことができます。

振袖選びにあたっては、専門店での試着や専門家のアドバイスを受けることも大切です。自分自身の体型や好み、着用する場の雰囲気に最も合った振袖を見つけるためには、豊富な経験と知識を持つ専門家の意見を参考にすることが有効です。また、振袖は長い時間着用することになるため、見た目の美しさだけでなく、着心地や動きやすさも重要な選択基準となります。

また、個人のセンスや価値観を表現する機会でもあります。流行に左右されず、自分自身が本当に心から気に入った振袖を選ぶことが、最も重要なポイントです。自分自身の内面から溢れる美しさを振袖を通じて表現することで、特別な日をより思い出深いものにすることができるでしょう。

振袖を着るシチュエーションとマナー

振袖を着る主な機会

振袖は、日本の伝統的な装いの中でも特に華やかな衣装であり、未婚の女性が人生の特別な節目で着用することが多いです。成人式、結婚式の招待、初詣、卒業式など、様々な場面で振袖を身に纏うことは、それぞれのイベントの意義を深め、着用者の美しさを際立たせます。

成人式は、振袖を着る最も一般的な機会の一つです。20歳の若者が成人としての社会的な責任と権利を認められるこの日は、多くの女性にとって、自分の成長を祝い、新たなスタートを切る大切な瞬間です。振袖は、この新しい人生の章の始まりを華やかに彩ります。色鮮やかで繊細な柄の振袖を選ぶことで、若さと希望を象徴し、家族や友人と共に祝福の時を過ごします。

振袖着用シーン成人式

振袖着用シーン成人式・結婚式

結婚式の招待を受けた際にも、未婚の女性は振袖を選ぶことがあります。結婚式という人生の大イベントを祝う場において、振袖は祝福と尊敬の気持ちを表現する適切な装いとされています。このような場では、よりフォーマルで上品なデザインの振袖を選ぶことが一般的です。振袖を着用することで、結婚を迎えるカップルへの敬意と祝福の気持ちを表現することができます。

初詣では、新年を迎えるにあたり、神社での参拝をする際に振袖を着る習慣があります。新年の始まりに振袖を着ることは、清らかで新鮮な気持ちで一年をスタートさせる意志を示すとともに、伝統的な日本の文化を尊重する態度を表します。この時期に振袖を選ぶ際は、季節感を反映した色や柄を選ぶことが望ましいとされています。

卒業式においても、振袖を着用することがあります。学生生活の終わりと新たな人生の始まりを祝うこの日に振袖を選ぶことは、自分の成長と未来への期待を表現する方法として選ばれます。卒業式での振袖は、学生時代の終わりを飾る華やかな装いとして、また新たなステージへの期待を込めて選ばれることが多いです。

これらの機会に振袖を選ぶ際には、イベントの性質、場の雰囲気、季節、そして自身の年齢や個性に合わせた選択が求められます。振袖を通じて、特別な日の記憶を美しく彩り、未来への希望と自信を胸に新たな一歩を踏み出すことができるのです。

結納や特別な家族の集まりでの振袖着用の適切性

結納や特別な家族の集まりは、日本の伝統的な文化の中で重要な位置を占めています。これらの行事は、家族間の絆を深め、未来への期待と祝福を共有する機会となります。振袖は、未婚の女性がこれらの特別な機会に着用することで、その華やかさと格式をさらに高めることができます。しかし、振袖を着用する際には、その場の性質や雰囲気、参加者の期待に合わせた適切な選択が求められます。

振袖着用シーン・結納結納は、結婚を控えたカップルとその家族が正式に婚約を認め合う伝統的な儀式です。このようなフォーマルな場では、振袖を着用することが、女性の美しさと若さを際立たせると同時に、家族への敬意と感謝の気持ちを表現する方法となります。結納で振袖を選ぶ際には、落ち着いた色合いや伝統的な柄を選ぶことが一般的です。これは、儀式の格式と重要性に敬意を表し、未来の家族との和を象徴するためです。また、結納は両家の絆を深める機会であるため、過度に派手な装いは避け、相手の家族に敬意を示す姿勢が重要となります。

特別な家族の集まり、例えば重要な記念日や祝賀会などでは、振袖を着用することが、その日の意義をさらに特別なものにします。このような場合、振袖の選択は、集まりの性質や家族の好み、季節などに応じて慎重に行う必要があります。家族の集まりでは、共有する喜びや感謝の気持ちを表現するために、明るく温かみのある色合いや柄が好まれることが多いです。しかし、あまりにも華やか過ぎる振袖は、場の雰囲気を乱す可能性があるため、バランスを考えることが大切です。

振袖を着用する際には、アクセサリーや小物の選び方も重要です。結納や家族の集まりでは、伝統的な美しさを重んじるため、帯締めや帯揚げ、草履やバッグなども、振袖と調和する落ち着いたデザインを選ぶことが望ましいです。また、髪型やメイクにも注意を払い、全体の装いが場の雰囲気に合うように心がけることが大切です。

結納や特別な家族の集まりで振袖を着用することは、伝統と格式を重んじる日本の文化の中で、女性の美しさと家族への敬意を表現する素晴らしい機会です。これらの機会に振袖を選ぶ際には、その場の性質や雰囲気、参加者の期待に合わせた適切な選択を心がけることで、特別な日をより思い出深いものにすることができます。

振袖の選び方とこだわりポイント

柄や色、種類による振袖の選び方

振袖を選ぶ際には、柄や色、種類が重要な要素となります。これらの要素は、着用する場の雰囲気、季節、そして何よりも着用者の個性や好みを反映するため、慎重に選ぶ必要があります。振袖は未婚女性の特別な日の装いとして、その人の美しさや若々しさを最大限に引き出す役割を果たします。

振袖の選び方・柄と色柄に関しては、振袖の特徴を最も表現する要素の一つです。伝統的な柄からモダンなデザインまで幅広く存在し、季節やイベントの性質に応じて選ぶことができます。例えば、春には桜や梅の花の柄が、夏には涼しげな流水や金魚の柄が適しています。秋には紅葉や菊の柄、冬には雪の結晶や松の柄が季節感を演出します。また、成人式や結婚式などの華やかな場では、鮮やかな色彩と大胆な柄が好まれる傾向にあります。柄の選択においては、着用者の年齢や個性を考慮し、自分自身を最も美しく見せるデザインを選ぶことが大切です。

色についても、振袖選びの重要な要素です。色は着用者の肌の色や髪色、そして個性を引き立てる役割を持ちます。明るく鮮やかな色は若々しさを表現し、落ち着いた色は上品さや格調高さを演出します。また、色には季節感を表す力もあり、春はピンクや淡い黄色、夏は青や緑、秋は赤やオレンジ、冬は白や紫などが季節に合った選択と言えます。色選びにおいては、着用する場の雰囲気や自分自身が最も輝ける色を選ぶことが重要です。

振袖の種類には、伝統的なものから現代的なデザインまで様々あります。伝統的な振袖は、古典的な美しさと格式を重んじる場合に適しています。一方、現代的なデザインの振袖は、モダンで個性的な装いを好む人に向いています。種類を選ぶ際には、着用するイベントの性質や自分自身のスタイルを考慮し、最も適したものを選ぶことが望ましいです。

振袖を選ぶ際には、これらの要素を総合的に考慮し、自分自身に最も合った一着を見つけることが大切です。振袖は、特別な日に着用するための衣装であり、着用者の美しさや個性を最大限に引き出すための選択が求められます。自分自身の好みや個性、着用する場の雰囲気に合わせて、柄や色、種類を慎重に選ぶことで、特別な日をより一層輝かせることができるでしょう。

年齢や世代、個人のスタイルに合わせた振袖の選択

振袖の選択は、年齢や世代、そして個人のスタイルに深く根ざしたプロセスです。この伝統的な衣装は、特別な日に女性の美しさと個性を際立たせるためのものであり、選び方一つでその人の魅力を大きく引き出すことができます。年齢や世代、個人のスタイルに合わせた振袖の選び方には、いくつかのポイントがあります。

伝統的な古典柄の振袖

伝統的な古典柄の振袖

まず、年齢は振袖選びにおいて非常に重要な要素です。若い女性、特に成人式を迎える20歳前後の女性は、鮮やかな色彩や大胆な柄が特徴の振袖を選ぶことが一般的です。これらのデザインは、若さと新しい始まりの象徴として、彼女たちの輝きを最大限に引き出します。一方で、20代後半から30代の女性は、少し落ち着いた色合いやシンプルな柄の振袖を選ぶことが推奨されます。これは、年齢に応じた上品さと洗練された美しさを表現するためです。

次に、世代による選択の違いも振袖選びに影響を与えます。例えば、親や祖母の世代から受け継がれる振袖を着用することは、家族の伝統や絆を象徴する行為となり得ます。このような場合、振袖は単なる衣装ではなく、家族の歴史や価値観を表現する手段となります。また、世代ごとの流行や文化的背景も振袖の選び方に反映されることがあり、それぞれの時代の美意識を反映したデザインが選ばれることがあります。

個性的なスタイルの振袖

個性的なスタイルの振袖

個人のスタイルを振袖選びに取り入れることも、非常に重要です。自分自身の個性や好みを振袖に反映させることで、着用する人の独自性が際立ちます。例えば、アートや自然を愛する人は、それらをモチーフにした柄を選ぶことで、自分の趣味や価値観を表現することができます。また、ファッションに敏感な人は、最新のトレンドを取り入れた振袖を選ぶことで、現代的な美しさを追求することが可能です。

振袖を選ぶ際には、これらの要素を総合的に考慮し、自分自身に最も合った一着を見つけることが大切です。振袖は、特別な日に着用するための衣装であり、着用者の美しさや個性を最大限に引き出すための選択が求められます。自分自身の年齢や世代、個人のスタイルに合わせて、柄や色、デザインを慎重に選ぶことで、特別な日をより一層輝かせることができるでしょう。

専門店での購入やレンタルの選択肢とそのメリット

振袖を選ぶ際には、専門店での購入やレンタルという二つの主要な選択肢があります。それぞれには独自のメリットがあり、個人のニーズや状況に応じて最適な選択をすることが重要です。振袖は特別な日のための衣装であり、選び方一つでその日の記憶が大きく変わるため、購入とレンタルの選択肢を慎重に検討することが求められます。

専門店での購入は、振袖を永久に保有するという大きなメリットがあります。購入した振袖は、成人式や結婚式など、人生の様々な節目で再度着用することが可能です。また、家族間で振袖を受け継ぐという伝統もあり、購入した振袖が将来的に娘や孫へと引き継がれることで、家族の絆を象徴する大切な遺産となることもあります。さらに、購入することで、完全に自分の好みに合わせたコーディネートが可能になります。専門店では、生地、柄、色に至るまで、細部にわたるコーディネートが行えるため、世界に一つだけのあなただけの振袖スタイルを作り上げることができます。

振袖の購入とレンタル一方で、レンタルの最大のメリットは、コストパフォーマンスの高さにあります。特に成人式や結婚式の招待など、一度か二度のイベントのために高価な振袖を購入するのは経済的に負担が大きい場合があります。レンタルであれば、購入時に比べて大幅にコストを抑えることが可能であり、その分他の準備やイベント自体に予算を割り当てることができます。また、レンタルの場合は、最新のトレンドに合わせた振袖を選ぶことができるため、流行を追いたい方にも適しています。さらに、レンタルサービスでは、振袖だけでなく帯や小物一式をセットで提供している場合が多く、準備が簡単であることも大きな利点です。

専門店での購入とレンタルの選択に際しては、個人のライフスタイルや価値観、経済的な状況を考慮することが重要です。購入は、長期的な視点で振袖との関係を築きたい方や、家族の伝統を大切にしたい方に適しています。一方、レンタルは、コストを抑えつつ最新のファッションを楽しみたい方や、一度限りの使用を考えている方に最適な選択肢と言えるでしょう。いずれにせよ、振袖は特別な日を彩る大切な衣装であるため、自分にとって最適な方法を選ぶことが、思い出深い一日を過ごすための鍵となります。

振袖の手入れと保管

振袖の正しい手入れ方法、修理やサイズ直しの基本情報

振袖の手入れと保管は、その美しさを長期間保つために非常に重要です。使用後は、汗や汚れを専門のクリーニング店で丁寧に落としてもらうことが推奨されます。自宅での保管に際しては、湿度や直射日光を避け、風通しの良い場所で保管することが大切です。振袖は「たとう紙」に包んで畳み、防虫剤を適切に使用して虫害を防ぎます。また、定期的に振袖を取り出し、風を通すことで湿気を防ぎ、生地の劣化を遅らせることができます。

修理やサイズ直しは、振袖を長く使用する上で避けて通れない問題です。生地が痛んだ場合や、サイズが合わなくなった場合は、専門の着物店や修理店に相談することが重要です。多くの専門店では、生地の補修や染め直し、サイズの調整など、振袖の状態を見て最適な修理方法を提案してくれます。特に、サイズ直しに関しては、成長や体型の変化に合わせて調整が可能であり、長年にわたって振袖を着用することを可能にします。

振袖は、特別な日のための大切な衣装です。適切な手入れと保管を心がけることで、その美しさを長く保ち、次世代へと受け継ぐことができます。また、必要に応じて修理やサイズ直しを行うことで、長年にわたって振袖の魅力を楽しむことが可能になります。

まとめ

振袖は、日本の伝統的な文化の中で、女性の人生における重要な節目を祝う特別な衣装として長い歴史を持っています。人生の転機に振袖を着用することは、新たなステージへの期待と希望、そして自己の成長を祝福する行為です。この美しい伝統は、未来へと続く大切な繋がりを象徴しており、振袖を通じて女性たちは自らの美しさと個性を表現します。

振袖を楽しむ上で、正しい知識とマナーの理解は不可欠です。振袖の選び方から着こなし方、手入れや保管方法に至るまで、適切な知識を持つことで、振袖の美しさを長く保ち、その価値を最大限に引き出すことができます。また、振袖を着用する際のマナーを守ることは、自らを尊重し、また他者への敬意を示すことにも繋がります。振袖は単なる衣装ではなく、日本の美意識と伝統を体現する文化遺産であるため、その扱いには十分な配慮が求められます。

これから振袖を選ぶ女性たちへのアドバイスとして、振袖選びは自分自身を深く知る貴重な機会であると言えます。自分の好みはもちろん、身に纏うことで何を表現したいのか、どのような印象を周囲に与えたいのかを考えることで、自己理解が深まります。また、振袖を選ぶ過程で家族や友人との絆を深めることもできるでしょう。振袖は、過去から未来へと受け継がれる文化のバトンであり、それを選び、着用することは、その美しい流れに自らが参加することを意味します。

振袖を選ぶすべての女性が、その過程を楽しみ、特別な日を心から輝かせることができるよう心からエールを送ります。振袖と共に過ごす時間が、人生の美しい思い出となり、未来への自信と希望を育む源泉となることを願っています。振袖はただの衣装ではなく、女性の人生の輝かしい瞬間を彩る、価値ある宝物です。

振袖・振袖レンタル・着物・着物レンタル・着付け教室・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖や卒業袴、各種着物のレンタルと着付け、さらに振袖ドレスまで提供しています。常設のフォトスタジオも備え、一人ひとりに合った着物選びのサポートを行っています。こだわりの商品セレクトとプロの着付け技術が強みで、お客様が自信を持って着物を楽しめるよう全力で支援します。

和遊館丸豊
店名1 和遊館丸豊 豊橋店
住所 〒441-8113愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601
店名2 和遊館丸豊 田原本店
住所 〒441-3416愛知県田原市東赤石4丁目83
電話 0531-22-0071

予約・お問合わせ

よくある質問

Q.いつ頃、振袖を見に来てますか?
A.振袖を見に来るのは、高3の春ぐらいからスタートして、成人式の2年半〜1年前までが一般的です。

理由としては、選べる振袖の種類が多かったり、当日のお支度時間を優先的に選べたりすることから、多くの方が大学1年生の夏休みまでに選んでいます。

Q.いつ頃、振袖を決めてますか?
A.大体60%以上の人が、成人式の1年前までに振袖を決めています。

Q.振袖選びは時間がかかりますか?
A.平均して約8〜10着を試着して選んでいますので、平均約1.5~2時間ほどです。

Q.最近の振袖は何色が人気ですか?
A.人気は白系(約24%)続いて赤色(約15%)が人気です!最近は、緑色(約14%)や青色(約14%)の人気が高まってきているカラーですね。案外、色については偏りが少なくなってきています。

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 豊橋店
所在地・・・〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話番号・・・0532-26-2601

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 田原本店
所在地・・・〒441-3416 愛知県田原市東赤石4丁目83
電話番号・・・0531-22-0071

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

和遊館丸豊にLINEで予約・問い合わせ

LINEなら24時間受付可能!

豊橋店LINE問い合わせ

関連記事一覧