振袖の帯結びに必須な三重紐(さんじゅうひも)

小物, 振袖, 着付け

振袖の帯結びに必須な三重紐(さんじゅうひも)

三重紐の魅力とは?振袖や七五三の豊かな変わり結びを一緒に探求しましょう!

「三重紐(さんじゅうひも)」は、振袖などの特別な日に着用する着物の帯結びに利用される重要な着付け小物です。この紐は、帯を結ぶ際に羽根を高い位置でしっかりと固定し、美しく豪華な変わり結びを実現するために使用されます。三重紐は、白やピンク色が多く、目立たないように工夫して帯の羽根を留めていきます。三重紐は、その名の通り、三重に重なったゴム部分に紐が付いており、帯を挟んで羽根を作る役割を果たします。振袖の変わり結びを美しく仕上げるためには、三重紐の使用が必要ですが、お太鼓結びなどの羽根を作らない結び方の場合には不要な着付け小物となります。

三重紐は、「三重仮紐(さんじゅうかりひも)」や「トリプル仮紐」「トリプル紐」とも呼ばれることがあります。振袖に使用されるものは主に白やピンク色が多く、現代では主に振袖の着付け時の変わり結びの際に使われることが多いです。三重に重なり合うゴム部分は伸縮性があり、このゴムとゴムの間に帯をたたんでいれて羽根を作り美しく豪華な変わり結びを実現します。

三重紐は、変わり結びに帯を結んだ際に羽根を作るのですが、その羽根をしっかりと固定するという重要な役割を果たしています。三重紐は、高い位置で帯や帯の羽根を形づくって固定するために必要となります。逆に、お太鼓結びなどの結び方では、三重紐は必要のない着付け小物です。

振袖など、特別な日に着る着物には、この三重紐が使用されます。

さて、この三重紐を使った変わり結びは、その日のコーディネートに合わせて結び方を変えることができます。
また、その結び方一つで着物の印象も大きく変わります。帯結びの美しさを引き立てる無数の羽根は、この三重紐がなくては作ることはできないのです。
三重紐を使った帯結びのバリエーションは現在では数え切れないほど存在し、その数は日々増えています。

これからの季節、お子様の七五三や成人式、結婚式など、特別な日には、ぜひ三重紐を使った変わり結びを楽しんでみてください。

日本の伝統文化である着物には、まだまだ知らない魅力がたくさん詰まっています。

三重紐の正体とは?

 

三重紐(さんじゅうひも)とは、豪華な袋帯の変わり結びを施す際に使用される、三本のゴムを一緒にした仮紐のことを指します。
三重紐という言葉の他にも、「三重仮紐」、「トリプル紐」、「トリプル仮紐」といった名称も使われます。

三重紐の特徴は、三本が重ねられたゴムの両端部分に、ゴムの幅と同じ大きさの紐が取り付けられていることです。
この紐は、袋帯を結び、華麗な羽根のデザインを創り出す時に使用されます。
この三重紐を活用することで、手際よく美しい羽根を形成することができ、さらに、形成した羽根が崩れにくく、長時間その美しさを保つことが可能となります。

着物や振袖を着る際には、この三重紐は大変重要なアイテムとなります。

三重紐の活用法

ご存知の通り、三重紐は3本のゴムが組み合わさったもので、その両端にはゴムと同じ幅の紐が添えられております。

三重紐の魅力は、この三本のゴムの間に帯を巧みに折り畳み、形づくり、そして三重のゴムで固定することにより、見事な羽根を幾通りにも表現した変わり結びを実現できる点にあります。
この三重紐を用いた変わり結びは、数百ものバリエーションが存在すると言われています。

特に、振袖に合わせて使用する際には、清楚な白色や華やかなピンク色の三重紐が一般的に選ばれます。
また、半幅帯用の三重紐は色彩豊かで、その選択肢はさまざまです。見えた時におしゃれなようにレースが施されている三重紐などがあります。

このように、三重紐は、あなたの和装をより一層引き立てるアイテムとして活用いただけます。

振袖の三重紐の変わり結びとその活用法

背中側にゴム部分を回し、紐を前方の旨側へと巻き付け、結び目を胸側の帯の内部にしまうというのが基本的な手順です。
このゴム部分が三重になっているので、それぞれのゴムの間に帯を差し込むことで羽根を形成することが可能です。

三重紐の振袖の変わり結びは、その名の通り三つのゴム部分を有しており、それぞれの隙間に帯をたたんで挟むことが可能です。
これにより、羽根が幾重にも重なり、振袖の美しさを一層引き立てることが可能となります。

まずは、紐を前に回して結びます。
その後、結んだ紐は胸側の帯の中にしっかりと収めるのがポイントです。
その際、ゴム部分は三つあり、それぞれの間に帯をたたんで羽根をつくり挟むことができます。
これにより、振袖の美しさを一層引き立てることができます。

三重紐(さんじゅうひも)のまとめ

振袖や七五三などの特別な着物を着用する際には、背中側の帯の変わり結びの際に必要な着付け小物として一躍買っているのが「三重紐」でございます。
背中部分に施された三重のゴムの伸縮性が、帯の結び目や羽根の形状を複雑に見せるだけではなく、結び目が崩れにくくなる効果をもたらしてくれます。
さらに、帯自体が傷むのを防ぎ、着物を身にまとっている方々の負担を軽減するという利点も持っています。
そのため、これらの特性から「三重紐」は、和装のアイテムとして非常に重宝されているのです。

予約・問合せページ

前板と後板-着物の基本構造

伊達衿と半衿、衿芯の違いと役割

成人式の前撮り撮影とは?撮影時期はいつ?料金の相場、人気の髪型は?

 

和遊館丸豊にネットで予約・問い合わせ

豊橋市・田原市で人気の振袖・着物専門店でネット予約!
ネット予約なら24時間受付!

ネットで予約

関連記事一覧