振袖に映える髪飾りの選び方とおすすめアクセサリー:成人式から結婚式まで

振袖, 髪飾り

振袖を着る日は、人生の中で特別な瞬間を象徴します。成人式や結婚式など、重要な節目で和装を選ぶ際、ただ服を着るだけではなく、トータルコーディネートにこだわりたいものです。特に、髪飾りはその中でも重要な役割を果たします。和装の美しさを引き立てる髪飾りは、見た目の華やかさだけでなく、着る人の個性やセンスを表現する手段となり得ます。

しかし、振袖に合わせる髪飾りを選ぶことは、意外と難しいもの。色やデザイン、大きさなど、考慮すべき点が多く、どのように選べば自分の振袖にぴったり合うのか、迷う方も少なくありません。また、髪型とのバランスも重要で、全体の和装が調和するように髪飾りを選ぶ必要があります。和装の魅力を最大限に引き出し、特別な日をさらに輝かせるための髪飾りの選び方を、段階的に解説していきます。

はじめに

振袖と和装アクセサリーの重要性

リボンの髪飾り

リボンの髪飾り

振袖と和装アクセサリーは、日本の伝統的な装いにおいて、ただ美しいだけでなく、その人の個性や美意識を表現するための重要な要素です。特に、成人式や結婚式などの人生の節目で選ばれる振袖は、一人の女性が社会に大人として歩み出す際の象徴とも言えます。このような特別な日に着用する振袖は、単に伝統的な衣装というだけでなく、着る人の個性やセンス、そしてその時の気持ちを映し出す鏡のような存在です。

和装アクセサリー、特に髪飾りは、振袖を着た時の全体の印象を大きく左右します。髪飾り一つを選ぶことによって、同じ振袖でもまったく異なる雰囲気を演出することができるのです。例えば、華やかな花をあしらった髪飾りは、若々しくフレッシュな印象を与え、伝統的な金箔やパールを使用したものは、上品で落ち着いた大人の美しさを表現します。また、モダンなデザインの髪飾りは、和装に新しい風を吹き込み、着る人の個性を際立たせます。

髪飾りが和装の美しさを演出するには、振袖の色や柄、着るシーンに合わせて選ぶことが重要です。成人式であれば、一生に一度の晴れ舞台にふさわしい、目を引くような鮮やかな色合いの髪飾りを選ぶことが多いでしょう。一方、結婚式や親族の結婚式に参列する際は、よりフォーマルで上品なデザインを選ぶことが求められます。このように、髪飾りを選ぶ際には、振袖との調和はもちろん、その日のシーンや着る人の個性を考慮することが大切です。

くすみ色振袖着用時の髪飾り和装を選ぶ際には、髪型も重要な要素の一つです。伝統的な日本髪から、より現代的なアレンジまで、髪型によって和装の印象は大きく変わります。髪型と髪飾りが一体となって初めて、和装の美しさが完結します。髪型に合わせて髪飾りを選ぶことで、より洗練された和装のスタイルを完成させることができるのです。

振袖と和装アクセサリー、特に髪飾りの選び方は、伝統的な美しさと現代のセンスを融合させることで、着る人の魅力を最大限に引き出します。和装を通じて、自分自身の美しさを再発見し、大切な日をより特別なものにするために、髪飾り選びにはぜひこだわっていただきたいと思います。

髪飾りの基本

和装における髪飾りの役割

和装における髪飾りは、単に髪を飾るアクセサリー以上の役割を持っています。日本の伝統文化に根ざした和装では、装い全体が一つの芸術作品として捉えられ、その中で髪飾りは重要なアクセントとなります。髪飾りは、着物や振袖の美しさを引き立てると同時に、着る人の精神性やその日の意義を象徴するアイテムです。このように、和装における髪飾りは、装いを完成させるための必須要素であり、その選び方や使い方には深い意味が込められています。

和装を選ぶ際、特に振袖や訪問着などの格式高い装いをする場合、髪飾りはその人の社会的な立場や年齢、さらにはその日の行事の性質を反映します。例えば、成人式で振袖を着る若い女性は、華やかで色鮮やかな髪飾りを選ぶことが多く、これは新成人としての門出を祝い、未来への希望や夢を象徴しています。一方で、結婚式での和装では、より上品で控えめながらも、幸福を願う意味を込めた髪飾りが選ばれることが一般的です。

白色振袖着用時の髪飾りまた、髪飾りは季節感を表現するためにも用いられます。春には桜や梅の花を模した髪飾りが、夏には涼しげな緑の葉や金魚、秋には紅葉や実りの象徴として栗や柿、冬には雪の結晶や椿の花など、四季折々の自然を反映したデザインが選ばれます。これは、日本人が自然との調和を大切にする文化の表れであり、髪飾りを通じて季節の移ろいを感じ取ることができます。

髪飾りの選び方や使い方には、また、着る人の個性や美意識が反映されます。自分自身をどのように表現したいか、どのような印象を周囲に与えたいかによって、髪飾りの種類や色、大きさを選ぶことができます。ハンドメイドの髪飾りやオーダーメイドで作られた一点物の髪飾りを選ぶことで、他にはない個性的な和装を楽しむことも可能です。

和装における髪飾りの役割は、以上のように多岐にわたります。ただ美しく見せるためだけではなく、着る人の心を表現し、特別な日の記憶を彩るための大切な要素として、髪飾りは和装文化において欠かせない存在です。適切な髪飾りを選ぶことで、和装はより一層深みと意味を持ち、着る人にとって忘れられない装いとなるでしょう。

振袖に合わせる髪飾りの種類紹介(花、パール、リボン、金箔など)

振袖を着る際に選ぶ髪飾りは、その装いを一層引き立てる重要な役割を果たします。和装において髪飾りは単なるアクセサリーではなく、着る人の美意識やその日の気持ちを表現する手段となります。振袖に合わせる髪飾りには様々な種類があり、それぞれが異なる魅力を持っています。ここでは、振袖に合わせることができる髪飾りの種類とその特徴について、具体的に見ていきましょう。

クリーム色振袖着用時の髪飾りまず、日本の伝統美を象徴する花をモチーフにした髪飾りは、振袖によく合わせられます。桜や梅、菊といった季節の花々は、和装の魅力を引き立てると同時に、着る人の若々しさや清楚さを表現します。特に成人式などの華やかな場には、色鮮やかな花の髪飾りがよく選ばれます。これらの髪飾りは、自然の美しさを振袖に取り入れることで、より一層の華やかさを演出します。

次に、パールやリボン、金箔を使用した髪飾りも振袖に合わせるのに適しています。これらの素材は、上品で洗練された印象を与え、特にフォーマルな場にふさわしい選択となります。パールはその柔らかな輝きで、振袖の豪華さを引き立てると同時に、女性の優雅さを際立たせます。リボンや金箔をあしらった髪飾りは、モダンながらも伝統的な和装に新しい風を吹き込みます。

また、ハンドメイドの髪飾りは、個性的な振袖スタイルを求める人におすすめです。手作りの髪飾りは一点ものが多く、着る人の個性やセンスをより直接的に表現することができます。自分で作ることもできるため、自分だけの特別な髪飾りを振袖に合わせることが可能です。ハンドメイドの髪飾りは、着る人のクリエイティビティを和装に反映させる素晴らしい方法です。

さらに、季節感を取り入れた髪飾りも振袖には欠かせません。例えば、春には桜や梅の花を、夏には涼しげな青葉や金魚、秋には紅葉や実りの象徴、冬には雪の結晶や椿の花をモチーフにした髪飾りが選ばれます。これらの髪飾りは、その時々の季節感を和装に取り入れることで、より深みのある装いを実現します。

振袖に合わせる髪飾りを選ぶ際には、振袖の色や柄、着る場の雰囲気や季節を考慮することが大切です。また、髪型とのバランスも重要で、全体の和装が調和するように髪飾りを選ぶ必要があります。適切な髪飾りを選ぶことで、振袖はより一層美しく、着る人の魅力を最大限に引き出すことができます。

髪飾りの選び方

成人式、卒業式、結婚式などシーン別のポイント

振袖と髪飾りは、成人式、卒業式、結婚式といった人生の大切な節目で選ばれることが多く、これらのシーンごとに適した選び方があります。それぞれの場にふさわしい振袖と髪飾りの選び方を理解することで、その日の記憶をより美しく、意味深いものにすることができます。

グレー色振袖着用時の髪飾り成人式は、一人の若者が大人の仲間入りをする重要な日です。この日に選ばれる振袖は、一生に一度の特別な装いであり、華やかさと個性を表現するチャンスとなります。髪飾りに関しては、振袖の色や柄に合わせて、色鮮やかで目を引くデザインを選ぶことが一般的です。大きな花や蝶などのモチーフが用いられることが多く、これらは新たな門出を祝う華やかさと若々しさを象徴します。成人式では、自分らしさを最大限に表現するために、振袖と髪飾りで個性を際立たせることが重要です。

卒業式では、学生生活の終わりと新たな人生の始まりを祝います。このシーンで選ぶ振袖は、成人式ほど華やかでなくとも、品があり、落ち着いたデザインが好まれます。髪飾りも同様に、控えめで上品なものが選ばれることが多いです。小さな花やシンプルなリボン、パールを使った髪飾りは、卒業式の振袖にふさわしい選択となります。卒業式の髪飾り選びでは、新しい門出を祝うと同時に、過ごした学生生活への感謝の気持ちを表現することがポイントです。

結婚式では、振袖は特にフォーマルな場に相応しい装いが求められます。結婚式やその披露宴で着用する振袖は、伝統的な美しさと格式を兼ね備えたものが選ばれます。髪飾りに関しては、上品で落ち着いたデザインが好まれ、派手すぎず、かつエレガントなものが選ばれることが多いです。パールや小さな花、伝統的な金箔をあしらった髪飾りは、結婚式の振袖に相応しい選択となります。結婚式の髪飾り選びでは、新たな人生の始まりと、二人の絆を象徴するような、意味深いデザインを選ぶことが大切です。

振袖に合わせた髪飾りの選び方と髪型とのバランスの重要性

振袖の色と柄に合わせた髪飾りの選び方と、それを補完する髪型のバランスは、和装を美しく見せる上で非常に重要です。振袖はその華やかさと伝統的な美しさで知られており、特別な日に着用されることが多いため、髪飾りと髪型はその装いを一層引き立てる役割を果たします。ここでは、振袖に合わせる髪飾りの選び方と、髪型とのバランスについて考えてみましょう。

紺色振袖着用時の髪飾り振袖の色と柄に合わせた髪飾りの選び方では、まず振袖の基調となる色を考慮することが大切です。鮮やかな赤やピンクの振袖には、同系色の髪飾りや、振袖のアクセントカラーを取り入れた髪飾りがよく合います。一方、落ち着いた色合いの振袖には、シンプルながらも上品なデザインの髪飾りを選ぶと、全体のバランスが取れます。また、振袖の柄にも注目しましょう。大胆な柄の振袖には、柄を引き立てるような控えめな髪飾りが適しています。逆に、シンプルな振袖には、少し華やかな髪飾りを合わせることで、アクセントになり、装い全体を引き締めます。

髪型と髪飾りのバランスについては、髪型が髪飾りを引き立て、髪飾りが髪型を補完するような関係性を意識することが重要です。例えば、華やかなアップスタイルには、大きめの髪飾りや、目を引くデザインの髪飾りが適しています。これにより、顔周りを明るく見せ、振袖の美しさを一層際立たせることができます。一方、シンプルなダウンスタイルやハーフアップの場合は、小さめの髪飾りや、細かいデザインのものを選ぶと、洗練された印象になります。

また、髪飾りを付ける位置もバランスを考える上で重要です。一般的には、髪飾りは顔の側面や後ろ側に付けることが多いですが、髪型や顔の形、振袖のデザインによって最適な位置は変わります。髪飾りを付けることで、顔の形を美しく見せたり、振袖のディテールを引き立てたりすることができるため、全体のバランスを見ながら最適な位置を選ぶことが大切です。

おすすめの髪飾りアクセサリー

華やかな花、エレガントなパールやモダンな印象の金箔

振袖を着る際、髪飾りはその装いを一層引き立てる重要なアクセサリーです。華やかな花、エレガントなパールやリボン、そしてモダンな印象の金箔やカスミソウを使った髪飾りは、振袖との組み合わせによって、さまざまな雰囲気を演出することができます。これらの髪飾りを選ぶ際には、振袖の色や柄、そして着用するシーンに合わせて、最適なものを選ぶことが大切です。

深緑色の振袖に似合う髪飾り華やかな花を使った髪飾りは、特に成人式や卒業式などの明るく華やかな場にふさわしい選択です。大輪の花や色鮮やかな花々は、若々しさと生命力を象徴し、振袖の美しさを一層際立たせます。花の色は振袖の色と調和するように選ぶことで、統一感のある装いを完成させることができます。また、花の種類によっても異なる印象を与えることができるため、桜や梅のような日本の伝統的な花を選ぶことで、より和装らしい雰囲気を演出することも可能です。

エレガントなパールやリボンを使ったアクセサリーは、振袖をより上品で洗練された印象に見せることができます。パールはその控えめながらも上品な輝きで、特に結婚式やフォーマルな場に適しています。リボンを使った髪飾りは、可愛らしさとエレガンスを兼ね備え、幅広い年齢層に適しています。これらの髪飾りは、シンプルながらも存在感があり、振袖の装いを一層引き立てることができます。

モダンな印象の金箔やカスミソウを使った髪飾りは、和装に新しい風を吹き込むアイテムです。金箔を使った髪飾りは、光を受けて独特の輝きを放ち、振袖に豪華さとモダンな雰囲気を加えることができます。カスミソウを使った髪飾りは、その繊細な美しさで、柔らかく優しい印象を与えます。これらの髪飾りは、特に個性を重視する方や、伝統的な和装に現代的な要素を取り入れたい方におすすめです。

振袖と髪飾りの組み合わせにおいては、全体のバランスを考えることが重要です。髪飾りは振袖の一部として調和するように選び、装い全体が一つの美しい絵画のように仕上がるよう心がけることが大切です。また、髪型と髪飾りのバランスも重要で、髪型に合わせて髪飾りを選ぶことで、より洗練された印象を与えることができます。振袖と髪飾りの選び方には、個人のセンスが反映されるため、自分自身のスタイルを大切にしながら、最適なアイテムを選ぶことが求められます。

髪飾りの正しい付け方と位置

髪飾りを付ける際の基本的なコツ

振袖を着る際に髪飾りを付けることは、和装の美しさを一層引き立てるための重要なステップです。髪飾りを適切に選び、正しく付けることで、振袖の装いがより華やかに、そしてエレガントに仕上がります。ここでは、振袖に髪飾りを付ける際の基本的なコツについて考えてみましょう。

黒色の振袖に似合う髪飾りまず、髪飾りを選ぶ際には、振袖の色や柄、そしてその日のイベントに合わせて選ぶことが大切です。振袖が華やかな場合は、シンプルな髪飾りを選ぶことでバランスを取り、逆に振袖がシンプルな場合は、少し華やかな髪飾りを選ぶことでアクセントになります。また、髪飾りの色は振袖の色と調和するように選ぶことが重要で、振袖のアクセントカラーを髪飾りで取り入れると、統一感のある装いに仕上がります。

髪飾りを付ける際には、髪型を先に決めておくことが重要です。髪型によって髪飾りの付け方や位置が変わるため、どのような髪型にするかを事前に計画しておくことが大切です。アップスタイルの場合は、髪飾りを頭の上部や側面に付けることで、顔周りを華やかに見せることができます。ダウンスタイルやハーフアップの場合は、髪飾りを後ろ側に付けることで、後ろ姿にアクセントを加えることができます。

髪飾りを付ける位置は、顔の形や髪型によって最適な場所が異なります。一般的には、顔の側面や後ろ側に付けることが多いですが、顔の形を美しく見せる位置を選ぶことが大切です。例えば、丸顔の方は、髪飾りを頭の上部に付けることで、顔が長く見える効果があります。また、髪飾りは目立ちすぎず、振袖とのバランスを考えて付けることが重要です。

髪飾りを付ける際には、しっかりと固定することが大切です。髪飾りがずれたり落ちたりしないように、ピンやコームを使ってしっかりと固定します。特に、動きの多いイベントでは、髪飾りが安定していることを確認しておくことが重要です。

全体のバランスを見ながら調整することも大切です。髪飾りは振袖の装いを引き立てるためのアクセサリーであるため、振袖と髪飾り、髪型が調和するように心がけることが重要です。振袖に髪飾りを付けることで、和装の美しさを一層引き立て、特別な日の装いを華やかに仕上げることができます。

ヘアアレンジと髪飾りの組み合わせ

和装に合うヘアアレンジのアイデア

和装に合うヘアアレンジは、その装いを一層引き立てる重要な要素です。和装、特に振袖や着物を着る際には、髪型もまたその美しさを際立たせるために欠かせないアクセントとなります。ここでは、和装に合わせることができるヘアアレンジのアイデアについて、その特徴と魅力を探っていきましょう。

ダウンヘアスタイルに似合う髪飾り伝統的な和装には、クラシックなアップスタイルがよく似合います。このスタイルは、顔周りをすっきりと見せることができ、着物や振袖の襟元の美しさをより際立たせることができます。アップスタイルには、低めにまとめたシニヨンや、編み込みを加えたアレンジがあり、これらは特に成人式や結婚式などのフォーマルな場に適しています。アップスタイルには、華やかな髪飾りを加えることで、より一層の華やかさを演出することができます。

一方で、カジュアルな着物には、ルーズなダウンスタイルやハーフアップが合います。このようなスタイルは、自然体でリラックスした雰囲気を演出することができ、友人とのお茶会やお祭りなど、カジュアルな場にぴったりです。ダウンスタイルには、ゆるくウェーブを加えたり、前髪を軽く流したりすることで、柔らかさと女性らしさを表現することができます。ハーフアップは、顔周りをすっきりと見せつつ、後ろで髪を軽くまとめることで、和装の優雅さを保ちながらも現代的なアレンジを楽しむことができます。

また、和装には、編み込みを取り入れたアレンジも非常によく似合います。編み込みは、髪に細やかなディテールを加えることができ、エレガントで洗練された印象を与えます。サイドに編み込みを施したり、後ろで編み込みをまとめたりすることで、伝統的な和装にモダンな雰囲気をプラスすることができます。編み込みには、小さな花の髪飾りを加えることで、より華やかで繊細な印象を演出することができます。

和装に合わせるヘアアレンジを選ぶ際には、その日のイベントや着物のスタイル、個人の好みを考慮することが重要です。また、髪型と髪飾りのバランスを考え、全体の和装が調和するように心がけることが大切です。和装に合わせるヘアアレンジは、伝統的な美しさと現代的なセンスを融合させることで、着る人の魅力を最大限に引き出すことができます。

髪飾りを活かしたアレンジの例

振袖を着る際に髪飾りを活かしたアレンジを施すことで、和装の美しさを一層引き立てることができます。髪飾りは振袖の装いに華やかさやエレガンス、時にはモダンな印象を加えることが可能です。ここでは、振袖に合わせて髪飾りを活かしたヘアアレンジの例をいくつか紹介します。

大輪の花の髪飾り成人式などの特別な日には、大輪の花を使った髪飾りが特に人気です。このような髪飾りを活かすためには、ボリュームのあるアップスタイルがおすすめです。髪を高めの位置でまとめ、花の髪飾りをサイドやバックに大胆にあしらうことで、振袖の華やかさを一層際立たせることができます。花の色は振袖の色と調和するように選ぶことで、全体のバランスを美しく保つことが重要です。

パールやリボンの髪飾りは、振袖にエレガントな雰囲気を加えたいときに適しています。このような髪飾りを活かすためには、シンプルながらも洗練されたアップスタイルやハーフアップがおすすめです。パールの髪飾りを耳の後ろやハーフアップの結び目に添えることで、控えめながらも上品なアクセントを加えることができます。リボンは、アップスタイルの中心やサイドに結ぶことで、柔らかく女性らしい印象を与えます。

金箔やカスミソウなど、モダンな印象の髪飾りは、振袖に新鮮な雰囲気を加えたいときにぴったりです。これらの髪飾りを活かすためには、ミニマルなアップスタイルやスタイリッシュなダウンスタイルが適しています。金箔の髪飾りは、シンプルなアップスタイルの中心に配置することで、モダンで洗練された印象を演出できます。カスミソウの髪飾りは、ゆるく下ろした髪に散りばめることで、自然で柔らかな雰囲気を醸し出すことができます。

振袖に合わせる髪飾りを活かしたアレンジを施す際には、髪型と髪飾りのバランスを考えることが大切です。また、振袖の色や柄、着用するシーンに合わせて髪飾りを選ぶことで、和装の美しさを最大限に引き出すことができます。髪飾りを活かしたヘアアレンジは、特別な日の装いを一層特別なものにするための重要な要素です。

ハンドメイド髪飾りの魅力

自作する際のポイントとおすすめの素材

オリジナリティ溢れるハンドメイド髪飾りは、特別な日の装いに個性と創造性を加える素晴らしい方法です。自分で作る髪飾りは、着用する人のセンスや好み、さらにはその日の装いに合わせた完璧なアクセサリーとなり得ます。ハンドメイドの髪飾りを作る過程では、色々な素材やデザインを選ぶ楽しみがあり、作り上げた時の達成感もまた格別です。ここでは、ハンドメイド髪飾りの魅力と、その作り方の基本について考えてみましょう。

レトロモダンの振袖に似合う髪飾り(ハンドメイド髪飾り)ハンドメイド髪飾りの最大の魅力は、何と言ってもそのオリジナリティにあります。市販の髪飾りも美しいものが多いですが、自分で作る髪飾りは世界に一つだけの特別なアイテムとなります。使用する素材には、ビーズ、リボン、生地、フェルト、天然石、ドライフラワー、プリザーブドフラワーなど、様々なものが考えられます。これらの素材を組み合わせることで、季節感を表現したり、振袖や着物の色や柄に合わせたデザインを考えたりすることができます。

作る過程では、まずデザインを決めることから始めます。和装に合わせる髪飾りであれば、伝統的なモチーフや日本の四季をイメージしたデザインが人気です。例えば、桜や梅の花をモチーフにした髪飾りは春の装いにぴったりですし、紅葉や松の葉をデザインに取り入れると、秋冬の和装に合わせやすくなります。デザインが決まったら、必要な素材を集め、実際に作り始めます。この時、基本的な手芸技術があるとスムーズに作業を進めることができますが、初心者でも簡単に作れるキットも多く販売されています。

ハンドメイド髪飾りを作る際のコツは、まずシンプルなデザインから始めることです。複雑なデザインは魅力的ですが、最初から難しいデザインに挑戦すると挫折しやすくなります。また、作る過程で自分のセンスや好みを反映させることが大切です。自分だけのオリジナリティを大切にしながら、楽しみながら作ることが、美しい髪飾りを作り上げる秘訣です。

ハンドメイド髪飾りは、作る人の愛情と創造性が詰まった特別なアイテムです。自分で作った髪飾りを身につけることで、和装の装いが一層特別なものになり、周囲からの注目も集めることでしょう。また、大切な人へのプレゼントとしても、その思いやりとセンスが伝わる素敵な贈り物になります。

まとめ

振袖を着る際の髪飾り選びは、和装の美しさを一層引き立て、装いに深みを加える重要なプロセスです。適切な髪飾りを選ぶことで、振袖スタイルは格上げされ、着る人の個性がより際立つことになります。この過程では、振袖の色や柄、着用するシーンに合わせて、髪飾りを選ぶことが大切です。また、髪型と髪飾りのバランスを考えることで、和装の美しさを最大限に引き出すことができます。

ヘアアップスタイルと髪飾り華やかな花からエレガントなパール、モダンな金箔やカスミソウに至るまで、髪飾りの種類は多岐にわたります。これらの髪飾りを振袖に合わせることで、成人式や結婚式などの特別な日に、自分だけのスタイルを完成させることが可能です。さらに、ハンドメイド髪飾りを作ることで、オリジナリティ溢れる装いを楽しむこともできます。自分で作った髪飾りは、着る人のセンスや好みを反映した、世界に一つだけの特別なアイテムとなります。

和装に合うヘアアレンジを選ぶことも、髪飾りを活かす上で重要です。伝統的なアップスタイルからカジュアルなダウンスタイル、モダンな編み込みまで、髪型は和装の印象を大きく左右します。髪型と髪飾りが調和することで、和装はより一層美しく、印象的なものになります。

最終的に、振袖と髪飾り、ヘアアレンジの組み合わせは、着る人の個性と美意識を表現するための手段です。適切な髪飾りを選び、バランスの取れたヘアアレンジを施すことで、個性を活かした和装の完成を目指しましょう。特別な日の装いを通じて、自分自身の美しさを再発見し、忘れられない思い出を作ることができるでしょう。

振袖・振袖レンタル・着物・着物レンタル・着付け教室・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖や卒業袴、各種着物のレンタルと着付け、さらに振袖ドレスまで提供しています。常設のフォトスタジオも備え、一人ひとりに合った着物選びのサポートを行っています。こだわりの商品セレクトとプロの着付け技術が強みで、お客様が自信を持って着物を楽しめるよう全力で支援します。

和遊館丸豊
店名1 和遊館丸豊 豊橋店
住所 〒441-8113愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601
店名2 和遊館丸豊 田原本店
住所 〒441-3416愛知県田原市東赤石4丁目83
電話 0531-22-0071

予約・お問合わせ

よくある質問

Q.いつ頃、振袖を見に来てますか?
A.振袖を見に来るのは、高3の春ぐらいからスタートして、成人式の2年半〜1年前までが一般的です。

理由としては、選べる振袖の種類が多かったり、当日のお支度時間を優先的に選べたりすることから、多くの方が大学1年生の夏休みまでに選んでいます。

Q.いつ頃、振袖を決めてますか?
A.大体60%以上の人が、成人式の1年前までに振袖を決めています。

Q.振袖選びは時間がかかりますか?
A.平均して約8〜10着を試着して選んでいますので、平均約1.5~2時間ほどです。

Q.最近の振袖は何色が人気ですか?
A.人気は白系(約24%)続いて赤色(約15%)が人気です!最近は、緑色(約14%)や青色(約14%)の人気が高まってきているカラーですね。案外、色については偏りが少なくなってきています。

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 豊橋店
所在地・・・〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話番号・・・0532-26-2601

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 田原本店
所在地・・・〒441-3416 愛知県田原市東赤石4丁目83
電話番号・・・0531-22-0071

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

和遊館丸豊にLINEで予約・問い合わせ

LINEなら24時間受付可能!

田原本店LINE問い合わせ

関連記事一覧