注目の赤振袖!コーディネートに取り入れたい小物やヘアスタイル

小物, 振袖

注目の赤色振袖

振袖の色として「赤」を選ぶ女性は少なくないでしょう。
赤い振袖はその存在感だけで、装いに華やぎと美しさを加え、女性の魅力を引き立ててくれます。

今回は、そうした「赤色の振袖」の魅力を引き出すための秘訣や、特にお勧めの品々、そしてそれに合わせるべき小物やヘアスタイル、コーディネートについて、詳しくお伝えしてまいります。

赤い振袖がなぜ人気なのか?

赤い振袖「赤」という色彩は男女を問わず、魅力的に映る色でありますが、特に振袖という若い世代にとって特別な衣装であるとき、その評価は一段と高まるのです。

では、なぜそうなのでしょうか?その理由について考察してみましょう。

「赤」という色は、一般的には情熱や活力を象徴する色であり、男女ともに好む傾向が見られます。

しかし、なぜ振袖において特別な人気を誇るのでしょうか?
その背景にはいくつかの理由が考えられます。

まず、振袖自体が特別な日に着るものであることから、「赤」という目立つ色が好まれます。
振袖を着るシーンは、成人式や結婚式など、一生に一度の特別な記念日がほとんどです。
そのような場では、皆が注目する中で華やかに輝きたいという思いから、「赤」が選ばれるのです。

また、「赤」は祝福やお祝いの意味を象徴する色とされています。
日本の伝統的な色彩感覚においては、「赤」はお祝い事を意味する色とされてきました。
そのため、振袖という特別な衣装に「赤」を選ぶことで、その日の特別さや喜びをより一層強調することができます。

以上のような理由から、「赤」は振袖という晴れ着アイテムとして特に人気を集めているのです。

振袖を選ぶ際は、このような背景を踏まえて色を選ぶことで、より一層特別な日を彩ることができるでしょう。

赤色の振袖、女性の魅力を際立たせる魔法の色

絞り赤色振袖

初めに、赤い振袖を身に纏うことで、自身の魅力が一段と際立ち、更に美しく映るという効果がございます。

これは、赤という色がどの女性にもよく映え、万能な色であるからと言えるでしょう。

多くの日本の女性はオークル肌と呼ばれる、赤みを帯びた黄色味の肌色を持つことが多く、この肌色が赤や青などの鮮やかな色によくマッチするという特性を持っております。赤い振袖を着ることで、お顔の肌色がより明るく輝いて見える効果が実感できます。

また、日本人女性の髪色、黒やこげ茶色と赤の振袖との色合わせも完璧です。
赤という色自体が愛らしく魅力的で、さらに女性の魅力を引き立たせる色であるという理由から、赤い振袖は常に人気があります。

赤色は厄除け・魔除けの象徴

赤色は厄除け・魔除けの象徴

赤色といえば、厄を払い、邪気を避ける力があると古来より言われてまいりました。

古代の中国では、「火」は邪気や汚れを清める神聖な存在とされ、一部の説によれば、「赤」という漢字は、「火」が「人」の穢れ(けがれ)を清浄にするという意味を持つ組み合わせに由来しているとされています。

このことから、「赤」は人間の穢れ(けがれ)を取り払う、つまり厄除け・魔除けの力があると長い歴史を通じて認識されてきました。

神社の鳥居が赤に塗られているのや、還暦のお祝いに赤い品物を贈る習慣も、こうした魔除けの意味が込められたものです。

この伝統的な考え方は現代にも引き継がれており、成人式や結婚式といった特別な日に赤い振袖を選ぶ人が多いのはそのためです。
特に女性が20歳という成人の年には、後厄(あとやく)を迎えるとされています。

後厄(あとやく)の年には、これ以上不運が訪れないように厄払いや厄落としを行うのが一般的です。
そうした厄払い(やくばらい)の意味合いも含めて、厄除け・魔除けのパワーを持つとされる赤い振袖が成人式で好まれる理由とも言えます。

赤色には福徳が宿るとも言われています

赤という色は、古来より厄払いや邪気払い(じゃきばらい)の象徴として、また神聖な色として重んじられてきました。

これは、赤が喜びを表す色であると同時に、きっと福徳を呼び込む色であるという考え方が広く信じられているからです。
神社のお守りや還暦のお祝いなどで頻繁に見かける赤色は、魔を退ける力とともに、福徳を招く意味が込められています。

例えば、赤白のまんじゅうは、その色合いからおめでたいイベントにふさわしいとされ、祝い事の際によく振る舞われます。

そして、その赤という色が持つ「おめでたさ」や福徳を引き寄せる力は、赤い振袖が多くの人々に愛される理由の一つでもあります。
この点を考えれば、赤い振袖を選ぶことは、幸運を引き寄せるための一歩ともいえるのではないでしょうか。

赤い振袖、このような方におすすめです

赤い振袖

赤の振袖は万人受けする特性がございますが、特に以下のような方にはおすすめの一着と言えるでしょう。

赤色の振袖は、その鮮やかな色彩が誰にでも映えるという特徴があります。

しかし、特に次の特性を持つ方々には、一押しの一品と言えます。

華やかさをアピールしたい方へ

赤い振袖

赤色という色は、エネルギーに満ち溢れる色調で、その周辺に明るい雰囲気を演出する力があります。
そんな明るい印象を醸し(かもし)出したい方には特にお勧めの色です。

赤い振袖は、ただ身に纏うだけでその華やかさが際立ちます。さらに、赤色の振袖はその鮮烈さが若い女性に特に良く映えます。
若い時期には、このような華やかな振袖や明るい色調の振袖を試してみたいという方には、最適な選択肢と言えるでしょう。

他人と差をつける振袖の選び方

一言に「赤色の振袖」と表現しても、その赤色にも幅広いバリエーション(色の段階)がございます。
色味は鮮やかな赤から深みのある赤までと、非常に多種多様です。

また、赤色の振袖というと人気が高いため、その柄の種類も多彩で、様々なデザインが展開されております。

このように、他の方々と被る(かぶる)ことなく、自身の個性を存分に表現することが可能となります。
同じ赤色の振袖と言っても、その選び方一つで自分だけの特別な一着を見つけることができます。

振袖の色選びに悩んでいる方へ

振袖の色をどうしようかと思案中の方、またはどの振袖を選んだら良いのか迷っている方は、まずは赤色の振袖をご覧になってみてはいかがでしょうか。
色さえ決まれば、その後はご自身の好きな柄やデザインを探すだけで、選び方の難易度が大幅に下がることでしょう。

赤色はどなたにでも映える色とされていますので、自分にどの色が似合うのか迷っている方にも特にお勧めいたします。

厳選!赤色の振袖ベスト5

以下では、赤の色彩が鮮やかで、オシャレ感溢れる(あふれる)振袖をいくつか選んでご紹介いたします。

この美しい伝統的な衣装は、日本の文化の象徴であり、格式ある場での着用に最適です。どの振袖も独特のデザインが施され、その魅力を引き立てるエレガントな赤色が特徴です。「振袖選び」に迷った時には、ぜひ参考にしてみてください。

厳選!赤色の振袖①:本格志向な赤色の京友禅染め

京友禅古典柄赤色振袖一番最初にご紹介させて頂く赤色の振袖は、京友禅染めの厳選した逸品でございます。

赤色を主体とした振袖に、金の刺繍を施した伝統的な振袖は、吉祥文様、花柄の地紋が鮮やかに映えています。
華やかながらも品のある雰囲気は、成人式や結婚式のお呼ばれに最適です。染めは全て京都の熟練した職人による手仕事で描かれており、時間と手間をかけて丁寧に作り上げられています。飽きが来ない古典的なデザインは、母から娘へ、そして孫へと世代を超えて受け継ぐことが可能です。

深みのある美しさを求める女性の方に、この赤色の振袖は特におすすめでございます。

大人気の赤系振袖②:優美な桜模様が際立つ赤の振袖

赤い振袖

赤を基調とし、優美な桜の文様が織り成す振袖です。

この振袖は、女性の魅力を引き立てる華やぎと優雅さを兼ね備えております。
成人式や卒業式だけでなく、華やかなパーティの場にも相応しい一品です。

箇所箇所に散りばめられたグリーンやピンク、黄色などの色合いが、全体のバランスを保ちながらも華やかさを一層を引き立てております。
桜の模様がもたらす甘さが強過ぎず、どなたにも気軽に着用いただけます。

その美しさと洗練された雰囲気で、きっと多くの方々の注目を集めることでしょう。

魅力溢れる赤い振袖③:伝統技法・絞り染めの魅力を活かした赤い振袖

赤い振袖

こちらは、赤色の鮮やかさと深みのある濃紺色のコントラストが際立つ伝統技法・絞り染めの振袖をご紹介します。

裾に施された流れるような濃紺の模様が全体のバランスを整え、上品さと女性らしさを引き立てています。

赤という鮮烈な色彩も、絞り染めの独特の風合いにより、ソフトな印象を与えています。生地感も凹凸のある軽やかさが感じられます。
華やかさがありながらも、落ち着いた古典的な雰囲気が漂うこの振袖は、結婚式の披露宴や卒業式、謝恩会、ホテルパーティなどの様々なシーンで着用していただくのに最適です。

その美しさと格式高さに、周囲の人々もきっと感動することでしょう。

一押しの赤振袖④:豊かな深紅の大人振袖

ワインレッド(朱赤系振袖)ここでご紹介するのは、赤と言えども、豊かな深さを持つワインレッド色(朱赤系)の振袖です。

洗練された感じがあり、色気あふれる大人の雰囲気を醸し出しています。
赤があまりにも派手で選ぶのが難しいと感じる大人の女性にとっても、ワインレッドならば落ち着いた印象を与えつつも、華麗に演出することが可能です。

お勧め赤色振袖⑤:高級感溢れる赤色で華麗な魅力を放つ「青柳の振袖」

高級赤色振袖

鮮烈な赤色を基調に、梅や牡丹から始まり、菊、撫子、桔梗など、多彩な花々が豊かな色彩で描かれております。
これほどの華やぎは、晴れやかな日に相応しいと言えましょう。

光の角度や動きにより、細部までこだわり抜かれた地紋が顔を出し、歩く度に多様な美しさを見せてくれます。
結婚式のお色直しの衣装としても活用できるほど、品格に満ち溢れています。

そのため、人生の中で一度は最高級の赤の振袖をご購入したいとお考えの方々に、まさにピッタリな逸品でございます。

=====================

※写真画像 「十日町の青柳工房による赤色振袖の継承と進化」

新潟県十日町に根付く青柳工房は、その赤色振袖において、創業者であり黄綬賞章の受賞者である青柳大樹氏の遺産を大切に守り続けています。古典と現代の感覚を融合させ、日本の伝統美を新しい形で展開しています。青柳ブランドの振袖は、そのユニークな色彩感覚とデザインにより、特別な存在感を放っています。職人の手仕事により、時を超えても変わらない美しさを大切に頑張っています。

青柳の振袖は、伝統を尊重しながらも新しいスタイルを追求することで知られています。工房では、古き良き技術に現代の息吹を吹き込むことで、時代を超えた魅力的な振袖を創り出しています。

=====================

プレミアム振袖

赤い振袖にマッチする小物・髪型・メイク

赤い振袖をお召しになる場合、細部に至るまで気を配ることで、華やかさを一層引き立て、全体の調和を保つことが可能となります。

それでは、赤い振袖をより美しく魅せるための、小物選びから髪型、メイクアップに至るまでのアドバイスについてご案内いたします。

赤振袖に一番似合う帯の色

赤振袖に一番似合う帯の色赤色の振袖に対して、全体を引き立てる力を持つ「黒色の袋帯」は最適な選択肢です。

金糸・銀糸や白色の刺繍が施された帯を選ぶと、特別な日に相応しい装いになることでしょう。
もちろん、その他にも、ゴールド系や白系、鶸色(ひわいろ:黄緑色)などは赤の振袖と相まって、より豪華さを引き立ててくれます。

振袖には、優美な柄や模様が大胆に表現された袋帯をコーディネートしていただくことをお勧めいたします。

このような袋帯は、振袖の華やかさをより一層引き立て、見る人々の目を引くことでしょう。
全体のバランスを考えた上で、自身の好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

赤い振袖に似合う帯締めの選び方

グリーン系の帯締め赤い振袖を身に纏う(まとう)場合、その鮮烈な色彩に見合った帯締め(帯〆)の選択が必要となります。

その際には、赤の補色となる緑系の色味を持つ帯締めが一つの解答となりえます。
赤と緑のコントラストが、振袖の美麗さを一層際立たせる効果があります。

さらに、もう一つの選択肢として振袖の柄に用いられている色を帯締めで取り入れるという方法もおすすめです。

これにより振袖と帯締めが自然と調和し、初めての方であってもバランスのとれた振袖コーディネートを実現することが可能となります。

このような全体としての配色の工夫により、一段と華やかな振袖スタイルを創り出すことができます。

赤の振袖に似合う草履とバッグの選び方

ゴールド台の草履バッグ赤色の振袖にピッタリのバッグや草履を選ぶ際には、ご自身のお気に入りの色調や、一貫した色彩感を選ぶこと、振袖に施された文様や模様の色と調和するものを選ぶことを推奨いたします。

祝賀の場や正式な場面に相応しい金色を用いたアイテムをご検討いただくことをお勧めします。

こちらのアイテムは、スッキリとした美しい立ち姿を引き立てる、サイズ感が魅力的なバッグです。
ゴールドの台座が豪華さを引き立てる草履とのセットアイテムとなっております。
鼻緒にはバッグと同じ素材が使用され、統一感が感じられます。

文様が施されたバッグは、手元に持つだけでなく、置いてあるだけでも愛らしさを醸し出し、着物コーディネートに一層の華やかさを加えてくれる存在となります。

赤振袖に似合う、ベストなヘアスタイルの提案

アップスタイルの髪型

振袖を一段と引き立てるためには、首元をスッキリと見せるアップスタイルの髪型が最適です。
ここでは、その中でも特に赤い振袖にぴったりなヘアアレンジをご提案いたします。

ロングヘアの方には、サイドを編み込んだアップのヘアスタイルがおすすめです。
このスタイルなら、振袖の美しさを一層引き立てることができます。

ヘアスタイル一方、ショートヘアの方には、後ろ髪のアレンジが難しいという特性を活かし、前髪のアレンジを試みてみてはいかがでしょうか。
前髪をなくしたり、全ての髪の長さを揃えることで、大人の落ち着いた上品さを演出することができます。

髪飾りについても、振袖の赤を基調としつつ、お好みの色を取り入れるのも一案です。

また、振袖の柄やデザインに使用されている色を取り入れることで、巧みに差し色を利用したおしゃれな演出も可能です。

赤い振袖に似合うメイクの提案

振袖に似合うメイク

赤い振袖を美しく着こなすには、少し濃いめの化粧を心掛けることをおすすめします。
日頃のナチュラルメイクでは赤い振袖の豊かな色彩に負けてしまうこともあるからです。

特に目元は、華やかさを引き立てる重要なポイントです。
切れ長で上品な目元と、柔らかなアーチ型の眉毛を作ることで、振袖にマッチした印象を与えることができます。

また、唇には振袖の赤に引けを取らない赤色や朱色のリップが適しています。

ただし、強すぎる印象を避けるためには、コーラル系やピンクベージュ系のリップを選ぶと良いバランスになります。

そして、振袖のメイクにはチークの色味と量も大切です。
リップと同系色のチークを自然にふんわりと入れることで、全体の印象が一体感を持つことができます。

振袖の華やかさを引き立てつつ、自然な美しさを保つメイクをぜひ試してみてください。

まとめ

赤系振袖華やかな赤い振袖は、その魅力を通じて多くの女性の支持を受けています。
明るい赤色の振袖は、若さと活気溢れる女性のエネルギーを引き立てます。

また、深みのあるワイン系の赤色の振袖は、落ち着きと凛とした美しさを持つ成熟した大人の女性にマッチします。
これらの汎用性が、赤い振袖の魅力の一部であります。

さらに、赤色の振袖は、古来より厄を払う力があるとされ、また祝福の意味が込められていると言われてきました。
これらの理由も、赤色の振袖が人気を博している要因と言えましょう。

成人式や卒業式、または正式なパーティーなどで着物を着用する予定の方がいらっしゃいましたら、ぜひとも赤い振袖の着用をご検討ください。
その華やかさと力強さが、あなたをさらに魅力的に見せてくれることでしょう。

振袖・振袖レンタル・着物・着物レンタル・着付け教室・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖や卒業袴、各種着物のレンタルと着付け、さらに振袖ドレスまで提供しています。常設のフォトスタジオも備え、一人ひとりに合った着物選びのサポートを行っています。こだわりの商品セレクトとプロの着付け技術が強みで、お客様が自信を持って着物を楽しめるよう全力で支援します。

和遊館丸豊
店名 和遊館丸豊 豊橋店
住所 愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601

予約・お問合わせ

クリーニング|サイズ直し

専門店のフォトスタジオ

 

和遊館丸豊にネットで予約・問い合わせ

豊橋市・田原市で人気の振袖・着物専門店でネット予約!
ネット予約なら24時間受付!

ネットで予約

関連記事一覧