【結婚式に振袖を選ぶ】ポイントとマナー、選び方の詳細【具体的な実例】

イベント, 振袖, 結婚式


友人や親戚の結婚式に招待されたとき、皆さんは何を着て行くべきか迷いますよね。

そんなとき、振袖を選ぶことで、華やかな雰囲気を一層高め、会場を彩ることができます。

特に、格式高い結婚式では、振袖姿は一段と映え、主役である新郎新婦を引き立てる存在となります。

それでも、「成人式で着た振袖を再利用してもいいの?」「振袖は何歳まで着ていいの?」など、振袖に関する不明点が多く、結局ドレスで出席することになったという経験はないでしょうか。

そこでこの記事では、結婚式や披露宴に振袖を着て出席する際のマナーや選び方について詳しく説明します。

振袖を着る立場、体型、年齢、そして会場によってどのような振袖を選べばよいのか、また振袖は何歳まで着ることができるのかについても触れていきます。

振袖とは何か?その着物の特性

結婚式へ参列時の着物

皆さん、振袖と聞いて何を思い浮かべますか?豪華な着物を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

成人式や結婚式、特別な日に身を包む、女性の華やかさが最高潮に達する装い、それが振袖です。未婚の女性が着ることが一般的で、一生に何度も着る機会がないだけに、その価値は非常に高いものとされています。

振袖には3種類存在していて、それぞれ袖の長さで区別されます。

袖が長いほど、着る場面が格式ばったものになります。豪華な装いをイメージされる振袖は、袖の長さが三尺以上(約124〜114cm)の大振袖(本振袖)、二尺五寸尺(約100cm前後)の中振袖、そして袖丈が85cm前後の小振袖(二尺袖)の三種類に分けられます。

大振袖は、花嫁衣裳や第一礼装に相当するもので、最も格式が高い装いとされています。
成人式でよく見かける振袖は中振袖であり、準礼装に相当します。高校の卒業式でよく見かける袴と合わせて着る振袖は、小振袖と呼ばれます

また、結婚式のゲストとして参列する際、未婚の女性は中振袖を選ぶことが一般的です。
新郎新婦の姉妹や従妹などの親族だけでなく、職場の同僚や友人なども、中振袖を着ることで、華やかな雰囲気を一層引き立てることができます。

振袖を着用する際の結婚式マナーについて

結婚式に振袖皆さん、大人の階段を昇る一つのリハーサルとも言える結婚式。そこで振袖を着る場合、何に気をつけたら良いのか知っていますか?気になるルールやマナーを詳しく解説します。

「初めての結婚式、何を着て行けばいいの?」そんな疑問を持ったことはありませんか?

特に、友人や親戚の結婚式で振袖を着る場合、気をつけたいマナーがいくつか存在します。
今回は、その中から重要なポイントをピックアップし、分かりやすく説明したいと思います。
これを読めば、あなたも振袖のマナーについてのプロになれるかも?

振袖は、その華やかさから結婚式などのフォーマルな場でよく見かける和装です。
しかし、その美しさゆえに、マナー違反をしてしまうと周囲に与える印象も大きいのです。

これから振袖を着る機会がある皆さん、一緒にマナーを学んで、結婚式で輝きましょう。

花嫁より控えめな格の中振袖を選択する。大振袖や白黒の振袖は避けるのがベター

たくさんのイベントが待ち構えている新成人の皆さん、成人式や友人の結婚式に向けて振袖選びは進んでいますか?

振袖選びは、自分の個性を表現する大切なチャンスでありながらも、一定のマナーが求められます。ここでは、その一部をご紹介します。

まずは、振袖の種類について説明します。振袖には大振袖、中振袖、小振袖という3種類が存在します。大振袖は最も豪華であり、中振袖はその中間、小振袖は控えめなデザインとなっています。
成人式や結婚式のゲストとして出席する際には、主に中振袖が選ばれることが多いです

しかし、最近は背が高く手足の長い女性が増え、成人式で豪華な大振袖を着る人も増えてきたようです。
ただし、結婚式の場合は注意が必要です。なぜなら、大振袖はもともと花嫁が着る衣裳だからです。

主役は花嫁なので、ゲストが主役を引き立てる役割を果たすべきです。
そのため、結婚式でゲストとして参列する場合は、中振袖を選ぶのがマナーとなっています。

花嫁の衣装と似ていない振袖を選ぶことも大切です。花嫁の衣装の色や柄に合わせた振袖を選ぶのは避けたほうが良いでしょう。

また、振袖の色についても注意が必要です。赤や黒、オレンジや金色など、花嫁衣裳に多い地色の振袖は避けることがおすすめです。

特に白色の振袖は注意が必要です。

花嫁衣裳として一般的な白無垢を思い浮かべる方も多いでしょう。
ウェディングドレスとかぶらないように、ゲストの白い服装、着物は避けるべきとされています。
振袖は基本的に柄が入るため、白を基調としたものでも大丈夫な場合もありますが、「白は花嫁の色」と思われる可能性もあるため、白地の振袖は避けたほうが無難です。

さらに、黒地の振袖も避けるべきです。新郎新婦の親族が黒留袖を着ることが一般的なため、黒の振袖は避けたほうが良いでしょう。

振袖選びは自分のファッションセンスを楽しむだけでなく、他の参列者への配慮も必要となります。
おしゃれでも、他の人を不快にさせないように気をつけましょう。

振袖を着られるのは何歳まで?

白色の振袖結婚式であなたが成人式でお気に入りの振袖を仕立てたとしましょう。
その振袖、もしあなたが未婚であるなら、何歳まで着られるか知っていますか?

この記事では、そんな疑問にお答えします。

未婚女性として、華やかな振袖を着る機会は意外と多くありますね。友人の結婚式など、特別な日に振袖を着て出席するのは、とても華やかで気分が上がるものです。

でも、そんな時、「実は何歳まで振袖を着られるのか?」と思ったことはありませんか?

伝統的には振袖は未婚女性の第一礼装とされていますから、原則的には未婚であれば何歳までも着られる、というのが一般的な考え方です。でも、それは本当に現実的なのでしょうか?

肌触りの良さや繊細な柄が特徴の振袖ですが、その華やかさから10代、20代の未婚女性を意識したデザインが多いのも事実
30代以降で振袖を着ることは少し難しいかもしれません。

でも、大丈夫!最近では、見た目年齢が重視される傾向にあります。見た目が若ければ、30代前半までは振袖を着ても全然OK!

さらに、今は振袖のデザインも多様化してきています。

30代前半のあなたでも、落ち着いた色や柄の振袖を選べば、大人の女性らしさを引き立てることができます。
振袖の着こなしに年齢は関係ありません。自分らしさを表現するための一つの手段として、振袖を楽しんでみてはいかがでしょうか?

「20代でも既婚者の私、結婚式で振袖は許される?」

「既婚だけど20代前半だし、振袖を着ても平気かな?」という疑問を抱いている方、実は少なくないようですね。

Instagramを見ると既婚者でも華麗な振袖を身に纏っている方々も見受けられます。

しかし、その一方で、「既婚者が振袖を着るのはマナー違反では?」という声もちらほら。どちらが正しいのでしょうか。

昔ながらの慣習やマナーは、時代と共に少しずつ変容していくものです。ですから、「絶対にダメ!」とは一概に言えないのが現状です。
特に、結婚式や披露宴といった場では、新郎新婦の意向が最も大切となります。

例えば、友人中心のカジュアルな結婚式や披露宴に参加する場合、新郎新婦が振袖をOKしているなら、その場の雰囲気に合わせて振袖を着てみるのも一興かもしれません。
しかし、親族が多く集まる結婚式の場合、その場の空気を読むことも大切です

新郎新婦が振袖を許可していても、親族の中には「既婚者が振袖を着るのは非常識」と感じる方もいるかもしれません。

その場合、新郎新婦が恥をかくことになってしまいます。結婚式への参加は、新郎新婦を祝う場でもありますから、既婚女性が振袖を着ていくのは慎重な判断が求められます。

結婚式や披露宴への適切な振袖選びの手順

インスタ映えする振袖選び、知っていますか?
結婚式や披露宴に参列するとき、皆さんが一番気になるのは何を着ていくかですよね。その中でも振袖は、自分らしさを表現できる大切なアイテム。
素敵な1日を演出するためにも、自分にふさわしい振袖を選びましょう。

まず、振袖を選ぶにあたっての基本的なマナーからお伝えします。

一般的には、自分の立場や体型、年齢に合わせて選ぶことが重要とされています。

しかし、これだけで選んでしまうと、せっかくの振袖が地味になってしまったり、自分の個性を出せなくなってしまったりします。
そこで、あなたのファッションセンスや好みも考慮に入れた振袖選びがオススメです。

次に、会場や結婚式のスタイルに合わせた振袖の選び方について説明します。

会場が格式高いホテルであれば、伝統的なデザインの振袖がマッチしますし、カジュアルな会場であれば、ポップなデザインや色使いの振袖も楽しめます。
また、結婚式が季節をテーマにしている場合、その季節にちなんだ柄の振袖を選ぶと、新郎新婦への心遣いとしても喜ばれます。

最後に、選んだ振袖が周囲と浮かないようにするためのポイントをお伝えします。

振袖選びでは、自分だけでなく他のゲストの服装も考慮することが大切です。特に、新婦の親族や新婦自身の振袖と比べて派手すぎないように注意しましょう。
でも、自分らしい振袖を選ぶことが一番です。だからこそ、他のゲストと差をつけるためにも、自分だけのオリジナルな振袖を見つけてみてください。

皆さんが選んだ振袖で、結婚式や披露宴を華やかに彩り、思い出深い1日を過ごせることを願っています。

立場に見合った振袖の選択法

みんな大好き振袖!
でも、選ぶ時に少し困ったことありませんか?振袖は、それぞれの特別な日にぴったりのものを選びたいですよね。
成人式や友人の結婚式など、様々なシーンで振袖を着る機会があるけれど、自分の立場によって選ぶべきものは変わってくるんです。

たとえば、自分が主役の場合、例えば成人式などは、華やかなデザインの振袖を選ぶのがおすすめ。

輝くあなたをより一層引き立ててくれること間違いなし!
でも、一方で、友人の結婚式など、自分がゲストとして参加する場合は、少し控えめな色味の振袖を選ぶのがマナー。
主役を引き立てる役割がゲストだからこそ、あまり主張しすぎない振袖を選ぶと良いんです。

でも、控えめな色味でも、自分らしさを忘れないで!
自分だけの特別な振袖を選んで、素敵な一日を過ごしましょう。

新郎新婦の親族、姉妹・従姉妹への振袖推薦

結婚式への参列着物

ウェディングシーンにおける華やかな装いといえば、振袖が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
特に、新郎新婦の姉妹や従姉妹など、親族の方々が振袖を選ぶ際には、伝統的で格式の高さが感じられる古典柄が基本となるのです。

古典柄の振袖

※上記の写真は(左)菊の柄。(右)吉祥文様(桜、流水、菊、梅、松、竹)。

古典柄とは、古来から日本の美意識や価値観を表現した模様のこと。
その中でも、特に縁起の良いとされる柄が「鶴・亀」や「七宝」「扇」「松竹梅」等の吉祥模様。これらは長寿や繁栄、幸運を象徴するものであり、結婚式という新たな門出を祝う場にふさわしいとされています。

また、春の訪れを告げる梅、初夏を彩る藤、秋の代表格である菊、冬の美しさを映す椿など、四季折々の花々をあしらった花柄の振袖も、人気があります。

これらの花々は、それぞれ季節の移ろいや自然の営みを表すものであり、その美しさと共に豊かな生命力や強さも感じさせてくれます。

結婚式は、一生に一度の特別な日。
振袖選びもその一部であり、自分が着る振袖は、その日の思い出や感動を色と形で残す大切なアイテムです。

新郎新婦の姉妹や従姉妹など、親族の方々が振袖を選ぶ際には、一緒に選んでみてはいかがでしょうか。
きっと素敵な一日になることでしょう。

新郎新婦の友人同僚への振袖提案

あなたが次に結婚式に参加する時は、きっと大切な友人や恩師の祝福の場でしょう。
その際に一番気になるのは、何を着て行こうか、ということですよね。あなたが友人や仕事の同僚として結婚式に招待された時、どんな振袖を選べば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

個性的な振袖ここでは、親族と振袖の柄がかぶらないように、少し個性的でモダンな柄の振袖を選ぶのがオススメです。
親族が選びがちな伝統的な花柄とは一線を画す、ユリやバラ、ヒマワリなどの花柄がデザインされた振袖は、同じ花柄でも新鮮さがあり、あなたの個性を引き立ててくれること間違いないでしょう。

結婚式は一生に一度の大切なイベント。
親族の方々とは異なる、独自の振袖スタイルで、新郎新婦を祝福する一方、自分自身も楽しんでみてはいかがでしょうか。
あなたが選んだ振袖が、会場に華やぎを添え、一生の思い出に残ることでしょう。

体の形状に適合した振袖選択法

一生に一度の特別な日、成人式や結婚式。
そんな大切な日には、自分に一番似合う振袖を選びたいですよね。

ですが、普段あまり着慣れていない着物の世界は少しハードルが高いかもしれません。

その一つが、どのような振袖が自分の体型にフィットするのか、という問題です。

想像するだけではなかなか難しいこの問題を解決するため、体型による振袖の選び方のポイントを詳しくご紹介します。

一緒にあなたにぴったりな振袖を見つけてみませんか?

身長150cm程度の小柄な人の選択方法

プチサイズのあなたが振袖を選ぶ際、一番大切なポイントは「かわいい」を最大限に引き立てること

振袖の色や柄選びは、あなたの魅力を一層引き立てます。明るい色調の振袖は、フレッシュで元気な印象を与え、あなたの可愛らしさを最大限に引き立てることでしょう。
特に、ピンクや水色、ライムグリーンなどのパステルカラーは、若々しさと清楚さを同時に表現できるのでおすすめです。

一方、渋い色の振袖も魅力的ですが、プチサイズのあなたが選ぶときは注意が必要です。

ダークカラーは、全体的な印象を引き締め、スタイルをより小さく見せてしまう恐れがあるからです。
もしダークカラーが好きであれば、柄やアクセサリーで色を差し込むことで、バランスを取る工夫が必要です。

振袖選びは、あなた自身のスタイルや好みをよく理解した上で、あなたを最も美しく見せる選択をすることが大切です。
まずは色や柄のイメージから始めて、あなたらしい振袖選びを楽しんでください。

身長165cm〜175cm範囲の高身長者の振袖の選び方

背が高いというのは、自分を表現する素敵な特徴の一つです。

しかし、振袖を選ぶ場合には、その特徴をどのように活かすかが重要となります。

背が高いと、どうしても派手な色や大胆な柄の振袖を着ると、予想以上に目立つことがあります。
一般的に、結婚式では主役は花嫁さんであるため、そのバランスが気になるところです。

そこでおすすめしたいのが、地色が濃い目で、柄数が控えめな振袖です。

これは、背が高いあなたの存在感を引き立てつつ、周りとの調和も保つことができます。
また、地色が濃い振袖は、シックで落ち着いた印象を与え、あなたの大人びた魅力を引き立てます。

さらに、すっきりと見えるデザインを心がけると良いでしょう。

具体的には、袖や裾のラインがすっきりと流れるようなデザインや、柄が全体に散りばめられていないものを選ぶと良いでしょう。
これにより、背が高いあなたの美しいプロポーションをより際立たせることができます。

選び方の一つとして、これらのポイントを参考にしてみてください。自分だけの最高の振袖選びを楽しんでくださいね!

細身体型の方の振袖の選び方

あなたは、自分の体型を活かした最高の振袖を選びたいと思っていますよね?

ここでは、特に華奢で細身のあなたにピッタリな振袖の選び方について、詳しくご紹介します。

まず、振袖の色選びが重要です。華奢な体型のあなたには、パステルカラーなどの明るくて優しい色がオススメです。
なぜなら、明るい色は華奢な体型を優雅に見せる効果があるからです。

洋服選びと同様、振袖の色選びも体型によって印象が大きく変わります。
特に、濃い色を選んでしまうと、華奢な体型がさらに細く見えてしまい、貧弱な印象を与えてしまう可能性があります。
華奢な体型をより美しく見せるためには、明るい色の振袖を選ぶことがポイントです。

また、振袖のデザインも重要です。

細身のあなたには、大胆な柄や派手な色の振袖よりも、落ち着いた色合いとシンプルな柄の振袖が似合うでしょう。
派手な振袖は華奢な体型を際立たせてしまう可能性がありますので、自然体を重視したデザインを選ぶことをおすすめします。

あなたにぴったりな振袖を見つけるためには、自分の体型を理解し、それに合った振袖を選ぶことが大切です。
以上のポイントを押さえて、あなたらしい振袖を探してみてください。

肩幅広くがっしり、またはふくよか体型の方の振袖の選択方法

「振袖選びって難しいよね」と感じているあなた、大丈夫です。
肩幅が広くてがっしり、または少しお腹や腰回りが気になるという方でも、自分にピッタリな振袖を見つけるポイントをご紹介します。

まず大切なのは、振袖の色選びです。

一般的に濃い色は体型を細く、すっきりと見せる効果があります。
なので、肩幅が広めまたはふくよかな方は、例えば深紅や黒、紺などの濃い色の振袖を選ぶと良いでしょう。

一方、パステルカラーの振袖は、柔らかく優しい印象を与えますが、体型が膨張して見える傾向があります。
恐らくあなたも、自分の体型を良く見せたいと思っているはず。だからこそ、パステルカラーの振袖は避けた方が無難かもしれません。

ただし、これらは一般的なアドバイスであり、何よりも大切なのはあなた自身が振袖を着て自信を持てるかどうかです。
自分の体型を気にせず、好きな色や柄の振袖を選びたいという方も大勢いるでしょう。その場合は、自分が一番輝く振袖を選びましょう。

年齢別の振袖の選択方法

どのようにして年齢に合わせて振袖を選ぶべきでしょうか。
一般的には、若い年齢の方は色鮮やかで、柄も大きく華やかなものを選ぶことが多いです。

また、大胆なデザインや現代風のアレンジがされたものも、若い世代には人気があります。

一方、年齢を重ねるごとに柄は控えめに、色味も落ち着いたものを選ぶ傾向にあります。

その理由は、着物には「年齢や場の格を示す」役割があるからです。

若い時は華やかさを前面に出し、成熟した大人の女性としての品格を示すためには、控えめなデザインが適しているとされています。
しかし最終的には、自分が着ていて気に入ったもの、自分自身を一番美しく見せてくれるものを選べば良いのです。

総じて、振袖選びは自分自身の好みと、自分がどう見られたいか、どう見せたいかという意志の表現でもあります。
自分自身の内面を映し出す振袖選びを楽しんでくださいね。

10代後半〜20代前半向けの振袖選び

吉祥文様の振袖あなたがまさに輝く瞬間、それが10代後半から20代前半です。
これこそが、振袖が一番際立つ年齢と言えるでしょう。
これからの人生を象徴するかのような、明るく躍動感溢れるカラーと華やかな印象の振袖を選ぶことで、君自身の魅力をより一層引き立てることができるのです。

そして、振袖のデザインについても一考する価値があります。
どのような場面で振袖を着るのか、それによって選ぶべき柄や色合いが変わってきます。

例えば結婚式といった華やかなイベントでは、吉祥文様や古典柄の振袖をチョイスすることで、伝統的な美しさと品のある可愛らしさを両立することが可能になります。

それぞれの柄には、特別な意味が込められています。
吉祥文様は、縁起の良い意味を持つ柄で、幸せを願う気持ちを表現します。
古典柄は、日本の伝統や歴史を感じさせるデザインで、着る人の品格を引き立てます。

あなたが振袖を着るとき、それはただのドレスアップではなく、自分自身を表現する大切な機会です。
だからこそ、あなたの魅力を最大限に引き立てる振袖を選ぶことが大切なのです。

20代後半向け振袖のおすすめ

モダン柄の振袖皆さん、20代後半の女性と言えば、これまでの人生で様々な経験を積んできた頃ですよね。

そんな皆さんには、大切な選択の一つとして、古典柄から一歩踏み出し、モダン柄やレトロ感のある色柄の振袖に挑戦することをおすすめします。

「モダン柄って難しそう」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、心配はいりません。

モダン柄の振袖は、着る勇気さえあれば、まるでファッションのプロのような印象を与えることができます。
自分自身を表現するための特別な一日、振袖選びはまさに自己表現の一つです。ぜひ、自分らしさを表現するために、モダン柄の振袖に挑戦してみてはいかがでしょうか。

「30代前半でも振袖を着る方へ!抑え色柄のシックな振袖をご提案」

深みのある色を基調にした振袖自分らしさを表現できる、伝統的な振袖。でも、20歳を超えてから振袖を着るのは少し抵抗があるかもしれませんよね。
でも大丈夫!30代前半のあなたにもぴったりな振袖の選び方があります。

深みのある色を基調にした振袖は、落ち着いた印象を与えつつ、年齢を問わず美しく見せてくれます。
柄数や色数を控えめにすることで、シックで洗練された雰囲気を醸し出します。これが大人の振袖の魅力なのです。

ただ、地味すぎてしまわないように気をつけてくださいね。華やかさをプラスするためには、帯や小物の選び方がポイントになります。
明るい色の帯や、煌びやかな小物でアクセントをつければ、洗練された大人の振袖スタイルを完成させることができます。

あなたが振袖を着る場が結婚式であれば、より一層華やかさが求められるでしょう。
そんな時には、金彩が施された帯や、豪華な帯締めを選んでみてはいかがでしょうか?

あなたの年齢やスタイルに合わせた振袖選びで、自信を持って着物の美しさを堪能しましょう。
30代前半だからこそできる、大人の振袖スタイルを楽しんでくださいね。

結婚式のスタイル別、振袖の選び方のポイント

振袖、それは日本の伝統的な美を表現した華やかな装い。
成人式や結婚式など、人生の大切な節目に身を包む特別な衣装です。そんな振袖を選ぶ際、結婚式のスタイルに合わせることはとても大切です。

結婚式は、新婦自身が主役となる場です。
そのため、新婦の個性や好みを反映した振袖を選ぶことが一般的です。

しかし、それだけでなく、結婚式のスタイルやテーマにも配慮することが求められます。
例えば、和風の結婚式には伝統的な柄の振袖、洋風の結婚式には洗練されたモダンなデザインの振袖を選ぶと、一体感が生まれ、より華やかな雰囲気を醸し出すことができます。

また、振袖の色選びも重要なポイントです。色は、その人の雰囲気やイメージを大きく左右します。
明るい色の振袖は、元気で活発なイメージを、深い色の振袖は、落ち着いた大人の雰囲気を演出します。自分の個性や好み、そして結婚式のテーマに合った色を選ぶことで、より魅力的な振袖姿を演出することができます。

振袖選びは、自分自身を表現する大切な手段です。
自分の個性や好みを大切にしつつ、結婚式のスタイルやテーマにも配慮した振袖選びを楽しんでみてください。

由緒溢れる結婚式場や一流ホテルの場合

由緒ある結婚式場結婚式といえば、その一生に一度の特別な日に相応しい、格式高く、そして華やかな会場を選ぶことが多いですよね。
そんな由緒ある結婚式場や一流ホテルでの結婚式に招待された際の、振袖選びについて考えてみましょう。

ここで大切なのは、自分自身が主役ではないことを思い出すこと。

ですので、過度に派手なものではなく、それでいて格式の高さを感じさせる振袖を選ぶことが求められます。
そんな時にピッタリなのが、扇や鞠、御所車などの古典的な柄の振袖。これらのデザインは、日本の伝統美を感じさせ、格式高い場での装いとして間違いありません。

また、結婚式という祝福の場に相応しい柄として、鶴や亀、松竹梅などの吉祥文様を選ぶのもおすすめです。

これらは長寿や繁栄、幸運を象徴するデザインで、祝福の気持ちを形にしたような振袖に仕立てることができます。
さらに、「きちんと感」を演出し、未来への祝福と共に、自分自身の成熟した一面を見せることもできますよ。

モダン柄を使ったレストランやガーデン

 

大きな花柄が施された振袖挙式の場所が、レストランやガーデン、リゾート地といった場所でカジュアルに行うウエディングなら、少し違ったモダンな柄の振袖がオススメです。

濃い地色にバラやヒマワリなどの洋花や大きな花柄が施された振袖なら、一味違う個性的でオシャレな印象を与えることができます。チャペルでの挙式にも違和感なく、まるでその場所に溶け込んだかのような感じを出すことができます。

自分だけのオリジナリティを大切にする皆さんにぴったりの選択肢ではないでしょうか。

これからの新たなステージに向けて、自分らしい振袖選びを楽しんでみてください。

どんなスタイルにもマッチする花柄の振袖

華やかで可愛らしい花柄の振袖

あなたが20歳の成人式で着たいイメージを思い浮かべてみてください。

そして、そのイメージに満ち溢れるような、キラキラと輝く花の美しさをあしらった振袖はいかがでしょうか。華やかで可愛らしい花柄の振袖は、どんなスタイルにもマッチし、あなたをまるで花畑のような鮮やかで明るい印象に包み込みます。

特に、古くから日本で愛されている梅、菊、牡丹などの花柄は、お祝い事にピッタリの華やかさと縁起の良さを兼ね備えています。
このような花柄を選ぶことで、華麗で一際目立つ成人式を演出することができます。

ただし、地域によっては、桜の花が早く散ることから縁起が悪いとされることもあるため、桜柄がメインの振袖は避けることをおすすめします。

また、花をモチーフにした古典柄の花文、花丸文、花車なども人気の絵柄です。
これらの柄は、古典的な美しさとモダンな雰囲気を兼ね備えていて、成人式の衣装としてはもちろん、その後のパーティーやイベントでも活躍すること間違いなしです。

あなたの20歳の記念日を、一生の思い出に残る特別な日にするために、是非とも花柄の振袖を検討してみてはいかがでしょうか。

結婚式へ振袖を選ぶ為のまとめ

振袖は、日本の伝統的な衣装で、特に結婚式などのフォーマルな場に出席する際に着ることが多いものです。

しかし、ただ着ればいいというものではなく、しっかりとしたルールやマナーが存在します。
特に、お呼ばれした結婚式で振袖を着る場合、中振袖を選んだり、花嫁の衣裳と色がかぶらないものを選ぶという考え方が必要です。

中振袖とは、振袖の中でも特に華美でなく、普段着としても着られるものを指します。
あなたの友人や知人から結婚式へのお呼ばれがあった際は、この中振袖を選んでみてください。

そして、色選びについては、花嫁が主役であることを忘れずに、彼女の衣裳と色がかぶらないように注意しましょう。
これは、マナーの一環と言えます。

また、振袖は未婚女性の礼装とされています。

そのため、実際に着るなら未婚でも30代前半までをひとつの目安にすると良いでしょう。
それ以上の年齢だと、少し浮いてしまう可能性があるからです。

さらに、自分の立場や年齢、体型、結婚式のスタイルなどに合わせて、振袖を選んでみることも大切です。これにより、一層華やかな結婚式に参加することができるでしょう。

予約・問合せページ

振袖/玉城ティナ

振袖/中村里砂

 

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

和遊館丸豊にLINEで予約・問い合わせ

LINEなら24時間受付可能!

豊橋店LINE問い合わせ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧