振袖はいつ着る⁉ 最適なタイミングとシーンの解説

イベント, 成人式, 振袖

振袖は、成人式での着用が最も一般的ですが、それ以外にも多くの機会があります。本記事では、振袖を着るさまざまなシチュエーションと、それぞれのシーンにおけるルールや注意点を解説します。また、振袖の魅力や活用方法についても紹介し、あなたが振袖を何度でも楽しむためのプランを提案します。振袖は、成人式や結婚式など、特別な日に着用される日本の伝統的な衣装です。多くの人にとって、振袖を着る機会は人生の中で数えるほどしかありませんが、それだけにその瞬間は非常に特別なものとなります。しかし、成人式以外に振袖を着る機会はあるのでしょうか。実は、振袖を着るシチュエーションは成人式に限らず、さまざまな場面であります。例えば、結納や特別なパーティー、式典、または家族の記念撮影など、振袖を着用することでその日の記憶をより美しく、そして特別なものにすることができます。この記事では、振袖を着る機会に焦点を当て、どのようなシチュエーションで振袖を選ぶべきか、また振袖を選ぶ際のポイントや注意点について解説していきます。振袖はただの衣装ではなく、着る人の魅力を引き立て、大切な日をさらに彩るための大切な役割を持っています。

振袖の魅力とその伝統

振袖が持つ文化的意義と美しさの紹介

振袖は、日本の伝統的な衣装の中でも特に華やかさと格式を象徴する衣服です。元々は若い未婚女性の正装として位置づけられ、成人式や結婚式の前撮り、特別な式典など、人生の重要な節目で着用されます。振袖が持つ文化的意義は、単に美しい衣装を身にまとうということ以上のものがあります。それは、成人への通過儀礼、家族の絆の象徴、そして日本の伝統と文化を次世代に伝える役割を担っています。

振袖・日本の伝統的な衣装

振袖の着用・成人式・結婚式・式典・パーティ・結納

振袖の美しさは、その豪華な色彩、繊細な柄、そして流れるような長い袖によって際立ちます。袖が地面に届くほど長いことから「振袖」と名付けられ、この長い袖が若さと華やかさを象徴しています。伝統的な染めや織り技術によって生み出される柄は、季節の花や古典的な文様が用いられ、見る人に日本の四季の美しさや歴史の深さを感じさせます。

また、振袖を選ぶ過程やコーディネート、着付けは、自己表現の一形態ともなり得ます。どの振袖を選ぶか、どのようにコーディネートするかは、その人の個性や美意識を反映します。家族や友人と選び、準備を共にする時間は、絆を深める貴重な機会となり、振袖はその記憶を色鮮やかに保持します。

振袖が持つ文化的意義と美しさは、単なる衣装を超えた、日本の美意識、家族の絆、そして個人の成長といった多層的な価値を内包しています。この伝統的な衣装を通じて、日本の文化は未来へと受け継がれ、新たな世代によって再解釈され、さらに豊かなものへと発展していくでしょう。

成人式での振袖の役割とその歴史的背景

成人式での振袖の役割は、単に美しい伝統的衣装を着ること以上の意味を持ちます。この儀式は、若者が成人として社会に一歩を踏み出す重要な節目を祝う日本の文化的行事です。振袖を着用することは、新たな成人が社会的、精神的に成熟したことを象徴し、家族や地域社会にその準備が整ったことを宣言する行為とされています。

成人式での振袖

成人式での振袖

成人式の起源は、日本の古い成年の儀式に遡ります。もともとは「元服」と呼ばれる儀式で、若者が成人と認められると、新たな名前を与えられ、大人の社会に参加する資格を得ました。時代が変わるにつれて、この儀式は形を変え、現代の成人式へと発展しました。特に、第二次世界大戦後の日本で、新たな民主主義社会の構築とともに、すべての若者が成人として新たなスタートを切る機会として、成人式が全国的に広まりました。

振袖は、この成人式において中心的な役割を果たします。伝統的に、未婚の女性がこの特別な日に振袖を着ることは、彼女たちの美しさ、若さ、そして新たな成人としての地位を象徴します。振袖の豊かな色彩、複雑な柄、そして流れるような長い袖は、特別な日の喜びと期待を表現し、個人の新しい章の始まりを祝福します。

また、成人式で振袖を着ることは、家族の絆を象徴する行為でもあります。多くの場合、振袖は母親や祖母から娘へと受け継がれる家宝となり、世代を超えたつながりと伝統の継承を象徴します。このように、成人式での振袖の着用は、個人の成長を祝うだけでなく、家族の愛と支え、そして日本の文化と伝統を称える深い意味を持っています。

成人式と振袖は、日本の社会と文化の中で変わらぬ価値を持ち続けています。この伝統を通じて、新たな成人たちは自らのアイデンティティを確立し、社会の一員としての自覚を新たにする機会を得るのです。

振袖を着る機会

成人式

成人式は、日本における成人の節目を祝う重要な行事であり、多くの若者がこの日に振袖を着用します。20歳になる年に行われるこの式典は、新たな成人として社会に一歩を踏み出す象徴的な瞬間であり、家族や友人と共に祝う特別な日です。振袖は、成人式において女性が選ぶ伝統的な衣装で、成人の門出を華やかに彩ります。

成人式での振袖・男袴

成人式での振袖・男袴

成人式で振袖を着ることは、ただ美しい伝統的な衣装を身にまとうだけでなく、成人としての新しいスタートを切る意味合いを持ちます。この日のために特別に選んだ振袖は、個人の趣味や個性を表現する機会でもあります。色や柄、アクセサリーの選択から、ヘアスタイルやメイクに至るまで、自分自身を最も美しく魅力的に見せるための準備と工夫が行われます。

また、成人式では、新成人が地域社会や家族から祝福を受けるとともに、社会人としての責任や義務についても改めて意識する機会となります。振袖を着ることで、自分が成人として新たなステージに立ったことを実感し、これからの人生に対する期待や希望を新たにすることができるのです。

卒業式

卒業式は、学生生活の終わりと新たな人生の始まりを祝う重要な節目です。この特別な日に振袖を着ることは、多くの女性にとって一生に一度の記念となります。振袖は、成人式に着用するイメージが強いかもしれませんが、卒業式でもその美しさと格式を存分に発揮することができます。特に、大学や専門学校の卒業式では、個性を表現するために振袖を選ぶ女性が増えています。

卒業式袴×振袖スタイル

卒業式袴×振袖スタイル

振袖を卒業式で着用する際には、式の性質や学校の雰囲気に合わせた選び方が求められます。たとえば、伝統的な学校や式典では、落ち着いた色合いや古典的な柄の振袖が好まれることがあります。一方で、自由度の高い学校では、明るい色やモダンなデザインの振袖を選ぶことで、自分らしさを表現することができます。

卒業式で振袖を着ることの魅力は、ただ華やかに見えるだけではありません。振袖は、着る人の成長や成熟を象徴する衣装としても位置づけられています。学生から社会人へという大きな節目に振袖を着ることで、自分自身の新たなスタートを美しく飾ることができるのです。また、家族や友人との記念撮影では、振袖を着た姿が一生の思い出として残ります。

卒業式で振袖を着ることは、自分自身を美しく見せるだけでなく、新たな門出を祝う意味も込められています。振袖一つ一つに込められた願いや思いを胸に、卒業式の日を迎えることで、その瞬間がより特別なものになるでしょう。

結婚式の参列

結婚式では、新郎新婦はもちろんのこと、参列者もその日の雰囲気に合わせて特別な装いをします。特に、親族や親しい友人として結婚式に招待された場合、振袖を選ぶことで祝福の気持ちを表現することができます。

結婚式で振袖で参列

結婚式で振袖で参列

振袖を結婚式の参列で着用する際には、いくつかのポイントを考慮する必要があります。まず、結婚式の場所や時間、新郎新婦の希望によって、着用する振袖の種類や色が異なる場合があります。例えば、格式の高いホテルでの結婚式では、伝統的なデザインの振袖が適しているかもしれません。一方、カジュアルなレストランでの結婚式では、少し明るめの色やモダンなデザインの振袖が好まれることがあります。

また、結婚式の参列者として振袖を選ぶ際には、新郎新婦やその家族との関係性を考慮することも大切です。親族であれば、より伝統的な振袖を選ぶことが望ましいかもしれません。友人として参列する場合は、少し自由な選択が可能ですが、全体の雰囲気に合わせることが重要です。

結婚式で振袖を着用する際には、事前の準備が欠かせません。着付けやヘアスタイル、アクセサリー選びには時間をかけ、全体のコーディネートを計画的に行うことが大切です。また、振袖を美しく保つためには、正しい着方や扱い方を学ぶことも重要です。結婚式で振袖を着ることは、自分自身を美しく見せるだけでなく、新郎新婦への祝福の気持ちを形にする素晴らしい方法です。

振袖着用時の注意点

場にふさわしい選択

振袖を着用する際には、その場にふさわしい選択をすることが非常に重要です。振袖は日本の伝統的な衣装であり、成人式や結婚式の参列、特別な祝賀会など、人生の節目や重要な行事で着用されます。これらの場において振袖を選ぶ際には、イベントの性質、開催場所、時間帯、そして自分の役割や立場を考慮する必要があります。

振袖で成人式例えば、成人式では華やかで明るい色や大胆な柄の振袖が好まれますが、結婚式の参列では新郎新婦を引き立てるために控えめな色合いや柄のものを選ぶべきです。また、親族として参加する場合は、より格式高いデザインや色味を選ぶことが期待されることもあります。さらに、時間帯によっても適切な振袖は異なります。昼間の式典では明るい色の振袖が適していますが、夕方以降のパーティーでは落ち着いた色や光沢のある素材の振袖が好ましいとされます。

振袖を選ぶ際には、アクセサリーや小物選びも重要です。帯、帯締め、帯揚げ、草履、バッグなどの小物は、振袖との調和を考えて選ぶ必要があります。また、髪型やメイクも振袖に合わせて、場の雰囲気にふさわしいものを選ぶことが大切です。

振袖を着用する際には、その美しさだけでなく、着る人の内面からも美しさがあふれるよう心がけることが大切です。場にふさわしい振袖を選ぶことは、自分自身を尊重し、またその場に集う人々や行事そのものへの敬意を表す行為です。適切な選択をすることで、振袖は着る人の魅力を最大限に引き出し、特別な日をさらに輝かせることができます。

手入れと保管

振袖は、その美しさと華やかさで特別な日を彩る日本の伝統衣装です。しかし、その美しさを長く保つためには、適切な手入れと保管が欠かせません。振袖を着用した後の正しい手入れと保管方法について理解し、実践することは、振袖を長期間にわたって美しい状態で保つために非常に重要です。

まず、振袖を着用した後は、汗や汚れを放置せず、専門のクリーニング店に出すことが推奨されます。特に、振袖はデリケートな素材で作られていることが多く、自宅での洗濯は避けるべきです。専門店では、素材や染料の特性を理解した上で、適切な方法でクリーニングを行ってくれます。また、シミがついた場合は早急に専門店に相談することが大切です。時間が経過するとシミが落ちにくくなるため、できるだけ早めの対応が必要です。

着物の保管・たとう紙

着物の保管・たとう紙

保管に関しては、振袖を長期間保管する際には、湿度と温度が一定の場所を選ぶことが重要です。直射日光が当たる場所や湿気の多い場所は避け、風通しの良い暗所で保管することが望ましいです。また、振袖を畳んで保管する際には、折りじわがつかないように注意が必要です。和紙などを挟んで畳むと、折りじわを防ぐことができます。さらに、数ヶ月に一度は振袖を取り出し、風を通して湿気を取り除くことも大切です。これにより、カビや虫食いのリスクを減らすことができます。

振袖は、適切な手入れと保管を行うことで、何世代にもわたって受け継がれる価値のある衣装です。大切な記念日に着用する振袖を、未来の世代も楽しめるように、日頃からの丁寧な手入れと保管が求められます。振袖を長く大切にすることは、日本の美しい文化を守り、次世代に伝えることにも繋がります。

レンタルと購入

振袖を着用する際には、レンタルするか購入するかを選択する必要があります。どちらの選択肢もそれぞれメリットとデメリットがあり、自分の状況や将来の予定を考慮して決定することが重要です。

レンタルの最大のメリットは、コストパフォーマンスに優れている点です。特に、一度きりのイベントで振袖を着用する場合、購入に比べて経済的な負担が少なくなります。また、レンタルでは多種多様なデザインから選ぶことができ、流行の柄や色を選んで着ることが可能です。しかし、レンタルの場合は、着たい振袖が既に予約されている可能性があり、希望する日に利用できないリスクがあります。また、レンタル品は多くの人が着用するため、細かなサイズ調整や小さなダメージがある場合があります。

一方、購入の最大のメリットは、完全に自分専用の振袖を持つことができる点です。自分の体型にぴったり合わせたサイズ調整が可能であり、大切な記念日にふさわしい一着を選ぶことができます。また、家族の伝統として振袖を受け継いでいくことも可能になります。しかし、購入は高額な投資となり、特に若い時期にはその負担が大きく感じられることがあります。さらに、購入した振袖は保管やメンテナンスにも注意が必要です。

レンタルと購入のどちらを選択するにせよ、振袖を選ぶ際には、イベントの性質、自分の好み、将来的な使用予定などを総合的に考慮することが大切です。また、レンタルの場合は早めに予約をする、購入の場合は信頼できる店舗を選ぶなど、事前の準備とリサーチが重要となります。どちらの方法を選んでも、振袖は特別な日を彩る大切な衣装です。選択した振袖で、記憶に残る美しい一日を過ごすことができるよう、慎重に選びましょう。

振袖を活用するメリット

世代を超えて受け継ぐ

振袖を世代を超えて受け継ぐことは、単に美しい衣装を保持する以上の多くのメリットをもたらします。この伝統は、家族の絆を深め、文化的な価値を次世代に伝え、経済的な利点も享受できるという点で、非常に意義深い行為です。

振袖を受け継ぐことは、家族間の絆を強化します。振袖は、母から娘へ、または祖母から孫へと受け継がれることが多く、この過程で家族の歴史や思い出が語り継がれます。振袖を通じて、家族の女性たちが経験した成人式や特別な記念日の話が共有され、世代間のつながりが深まります。

振袖を受け継ぐ 家族の絆文化的な価値の伝承という面でも、振袖を受け継ぐことは大きな意味を持ちます。日本の伝統的な衣装である振袖は、日本の美意識や伝統文化の象徴です。これを受け継ぐことで、若い世代は自国の文化を学び、尊重する機会を得ます。また、振袖を着ることで、その文化を実践し、体験することができるため、文化的アイデンティティの形成にも寄与します。

経済的な観点から見ても、振袖を受け継ぐことは大きなメリットがあります。高品質な振袖は価格が高く、特別な機会にしか着用しないため、新たに購入するには大きな出費となります。しかし、世代を超えて振袖を受け継ぐことで、その費用を節約し、他の重要な家族のニーズに資金を充てることが可能になります。

振袖を世代を超えて受け継ぐことは、家族の絆を深め、文化的価値を伝え、経済的にも合理的な選択であり、環境に優しい行動と言えるでしょう。この美しい伝統を守り続けることは、個人だけでなく社会全体にとっても価値のあることです。

コーディネートの楽しみ

振袖を着ることは、単に伝統的な衣装を身に纏う以上の楽しみを提供します。特に、コーディネートの過程では、個人のセンスや創造性が光る瞬間であり、振袖を活用する大きなメリットの一つです。振袖一式は、振袖本体だけでなく、帯、帯締め、帯揚げ、草履、バッグ、さらには髪飾りに至るまで、多岐にわたるアイテムで構成されます。これらのアイテムを組み合わせることで、無限に近いバリエーションの中から自分だけのスタイルを創出することができます。

振袖の人気色・コーディネートコーディネートの楽しみは、自分自身の個性やその日の気分、さらには参加するイベントの性質に合わせて、色や柄、素材を選ぶ過程にあります。例えば、春の結婚式に参列する場合は、桜や梅の花が描かれた振袖を選び、帯には明るい色を選んで季節感を表現することができます。また、成人式では、一生に一度の特別な日を祝うために、より華やかなデザインや色彩の振袖を選ぶことが多いです。

さらに、コーディネートの過程では、伝統的なルールを学びながらも、現代のファッションセンスを取り入れることが可能です。伝統的な美しさを大切にしつつ、現代的なアクセサリーや小物を加えることで、古典と現代の融合したスタイルを楽しむことができます。このように、振袖を通じて自分だけのスタイルを追求することは、自己表現の幅を広げ、自信を持って特別な日を迎えるための準備となります。

コーディネートの楽しみは、振袖を着ることの醍醐味の一つであり、自分自身を表現するための豊かな手段を提供します。振袖を活用することで、伝統的な美しさを守りつつ、個人のセンスを反映させたファッションを楽しむことができるのです。

特別な体験

振袖を着用することは、単に美しい衣装を身に纏う以上の体験を提供します。この伝統的な衣装を活用することにより得られる特別な体験は、人生の記憶に深く刻まれ、個人の成長や家族の絆を祝う貴重な瞬間となります。振袖を着ることは、日本の文化と伝統に触れ、自己のアイデンティティを探求する機会を提供し、特に成人式や結婚式などの節目でその価値が際立ちます。

振袖を着用する体験は、準備の段階から始まります。選ぶ過程では、家族や友人と共にデザインや色、柄を選び、自分にとって意味のある振袖を見つけることができます。この過程は、自己表現の手段としてだけでなく、家族間のコミュニケーションを深める機会ともなります。また、着付けの儀式は、振袖を着ることの精神性を感じさせ、特別な日の始まりを告げる重要な瞬間です。

振袖で特別な体験を振袖を着用することで参加するイベントや式典は、人生の中で忘れられない記憶となります。特に成人式では、新たな成人として社会に一歩を踏み出す節目を、伝統的な衣装を通じて祝福します。このような体験は、自己の成長を実感するとともに、家族や友人との絆を深める貴重な機会となります。

さらに、振袖を着ることは、日本の文化や伝統を身近に感じることができる特別な方法です。振袖の歴史や意味を学び、それを自らの体で表現することは、文化的アイデンティティを深める体験となります。また、振袖を通じて世代間のつながりを感じることができるのも、この伝統的な衣装を活用する大きなメリットです。

振袖を着用することは、美しさを追求するだけでなく、自己成長の節目を祝い、家族や社会とのつながりを深める特別な体験を提供します。このような体験は、個人の人生において大きな意味を持ち、振袖を活用することの大きな価値となります。

振袖を活用するためのアイデア

写真撮影やリメイクの提案

振袖は、特別な日のためだけではなく、写真撮影やアレンジ・リメイクを通じて新たな命を吹き込むことができるアイテムです。これらの活用方法は、振袖の価値をさらに高め、長く愛用するための素晴らしい手段となります。

振袖の前撮り写真

振袖の前撮り写真

写真撮影:振袖を着用した写真撮影は、特別な瞬間を永遠に残すための最良の方法の一つです。成人式や結婚式などのイベントだけでなく、家族や友人との記念撮影、または個人のポートレート撮影としても振袖は最適です。プロのフォトグラファーによる撮影は、振袖の美しさを最大限に引き出し、被写体の魅力を際立たせます。また、季節ごとの自然の中で撮影することで、日本の四季を背景にした美しい写真を残すことができます。これらの写真は、将来にわたって家族の宝物となり、世代を超えて振袖の思い出を共有することができます。

リメイクの提案:振袖をリメイクすることは、その価値を再発見し、日常生活で活用するための創造的な方法です。例えば、振袖の生地を使ってバッグやアクセサリーを作ることで、普段使いできるアイテムに変身させることができます。また、振袖をモダンなドレスやスカートに仕立て直すことで、特別な日だけでなく、普段のお出かけやパーティーでも着用することが可能になります。リメイクは、振袖の新たな魅力を引き出し、長く愛用するための素晴らしい方法です。さらに、リメイクを通じて、伝統的な衣装に新たな息吹を与え、現代のファッションとして楽しむことができます。

振袖を活用することで、特別な体験を創出し、その価値を長く楽しむことができます。写真撮影では、大切な瞬間を美しく残し、リメイクを通じて、振袖を日常生活に取り入れることができます。これらの活用方法は、振袖の魅力を再発見し、伝統を現代につなぐ架け橋となるでしょう。

世代を超えて振袖を楽しむためのアドバイス

世代を超えて振袖を楽しむためには、その価値を理解し、大切に扱うことが重要です。振袖は単なる衣装ではなく、家族の歴史や文化的遺産を象徴するものです。以下に、振袖を世代を超えて楽しむためのアドバイスをいくつか紹介します。

振袖の意味を共有する:振袖が持つ文化的な意味や家族にとっての価値を、若い世代に伝えることが大切です。振袖を着ることの意義や、それを通じて表現される家族の物語を共有することで、若い世代も振袖を身に纏うことの重要性を理解し、誇りを持つことができます。

適切な保管方法を実践する:振袖を長持ちさせるためには、適切な保管方法が必要です。湿度と温度がコントロールされた場所で保管し、定期的に風通しを良くすることで、振袖を美しい状態で保つことができます。また、専門のクリーニングサービスを利用して、振袖を適切に手入れすることも重要です。

特別な機会に着用する:成人式や結婚式だけでなく、家族の集まりや記念日など、特別な機会に振袖を着用することで、その価値を高めることができます。振袖を着ることで、普段とは違った特別な時間を過ごすことができ、家族間の絆を深めることにもつながります。

リメイクやアップサイクルを検討する:振袖を現代のライフスタイルに合わせてリメイクすることも、世代を超えて楽しむための一つの方法です。例えば、振袖の生地を使って小物を作ることで、日常生活の中で振袖を身近に感じることができます。また、振袖をアップサイクルして新しいデザインの衣装に仕立て直すことも可能です。

振袖を着る楽しみを共有する:家族や友人と振袖を着る楽しみを共有することで、その魅力をより深く理解することができます。振袖を着るワークショップに参加したり、写真撮影を行ったりすることで、振袖を着ることの楽しさを共有し、新たな思い出を作ることができます。

振袖を世代を超えて楽しむためには、その価値を理解し、大切に扱うことが何よりも重要です。振袖を通じて、家族の絆を深め、日本の美しい文化を次世代に伝えていくことができるでしょう。

まとめ

振袖を身に纏うことは、ただのファッションで言葉を用いない主張をすることを超えた、深い文化的意義と個人的な成長の象徴です。振袖が持つ文化的背景、成人式での役割、世代を超えた価値、コーディネートの楽しみ、そして特別な体験という側面を探求してきました。振袖は、日本の伝統と美を体現するとともに、着る人にとっての重要な人生の節目を祝福し、記憶に残る瞬間を作り出すための手段となります。

振袖を選び、コーディネートし、ヘアメイク、着付け、そして着用する過程は、自己表現の旅であり、家族や友人との絆を深める経験です。それはまた、自分自身を振り返り、成長を実感し、未来への一歩を踏み出す勇気を与えてくれます。振袖は、その美しさで注目を集めるだけでなく、着る人の内面の美しさを引き出し、自信と誇りを持って特別な日を迎えることを可能にします。

さらに、振袖を通じて日本の豊かな文化遺産に触れることは、文化的アイデンティティを深め、伝統を尊重し継承することの重要性を再認識させます。世代を超えて受け継がれる振袖は、家族の歴史の一部となり、未来へと伝えるべき価値ある宝物です。

この記事が、振袖の持つ深い意味と、それを着ることの喜びを伝えることができたなら幸いです。振袖は、単なる衣装ではなく、人生の特別な瞬間を彩るための魔法のような存在です。それは、着る人の人生に美しさと色を加え、未来への希望と夢を象徴するものです。振袖を通じて、私たちは自分自身と向き合い、大切な人々との絆を深め、日本の美しい伝統を次世代に伝えていくことができるのです。

振袖・振袖レンタル・着物・着物レンタル・着付け教室・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖や卒業袴、各種着物のレンタルと着付け、さらに振袖ドレスまで提供しています。常設のフォトスタジオも備え、一人ひとりに合った着物選びのサポートを行っています。こだわりの商品セレクトとプロの着付け技術が強みで、お客様が自信を持って着物を楽しめるよう全力で支援します。

和遊館丸豊
店名1 和遊館丸豊 豊橋店
住所 〒441-8113愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601
店名2 和遊館丸豊 田原本店
住所 〒441-3416愛知県田原市東赤石4丁目83
電話 0531-22-0071

予約・お問合わせ

よくある質問

Q.いつ頃、振袖を見に来てますか?
A.振袖を見に来るのは、高3の春ぐらいからスタートして、成人式の2年半〜1年前までが一般的です。

理由としては、選べる振袖の種類が多かったり、当日のお支度時間を優先的に選べたりすることから、多くの方が大学1年生の夏休みまでに選んでいます。

Q.いつ頃、振袖を決めてますか?
A.大体60%以上の人が、成人式の1年前までに振袖を決めています。

Q.振袖選びは時間がかかりますか?
A.平均して約8〜10着を試着して選んでいますので、平均約1.5~2時間ほどです。

Q.最近の振袖は何色が人気ですか?
A.人気は白系(約24%)続いて赤色(約15%)が人気です!最近は、緑色(約14%)や青色(約14%)の人気が高まってきているカラーですね。案外、色については偏りが少なくなってきています。

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 豊橋店
所在地・・・〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話番号・・・0532-26-2601

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 田原本店
所在地・・・〒441-3416 愛知県田原市東赤石4丁目83
電話番号・・・0531-22-0071

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

和遊館丸豊にLINEで予約・問い合わせ

LINEなら24時間受付可能!

田原本店LINE問い合わせ

関連記事一覧