振袖選びのポイント!ふくよか体型でも美しく着こなす方法

振袖, 着付け

成人式や特別なイベントで振袖を着ることは、多くの女性にとって大切な瞬間です。しかし、寸胴の体型を持つ方々にとっては、振袖を美しく着こなすことが難しく感じられることもあります。寸胴の体型は、ウエストのくびれが少なく、全体的にまっすぐなラインが特徴であり、この体型をカバーしつつ美しく見せるためには、いくつかの工夫が必要です。

着物選びから着付け、小物の選び方まで、寸胴の体型に合わせたコツやポイントを知ることで、振袖姿をより美しく仕上げることが可能です。寸胴に似合う振袖の選び方や、着付けの方法、さらに小物やアクセサリーの使い方を学ぶことで、どんな体型でも自信を持って振袖を着こなせるようになります。また、振袖レンタルの際の注意点や、撮影やイベントでの崩れ対策も重要です。

このように、寸胴の体型でも振袖を美しく着るための知識とテクニックを身につけることで、特別な日をより一層素敵なものにすることができます。専門的な視点からのアドバイスや実体験に基づく情報を提供し、寸胴の体型の方々が安心して振袖を楽しめるようサポートします。

振袖・振袖レンタル・着物・着物レンタル・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖や卒業袴、各種着物のレンタルと着付け、さらに振袖ドレスまで提供しています。常設のフォトスタジオも備え、一人ひとりに合った着物選びのサポートを行っています。こだわりの商品セレクトとプロの着付け技術が強みで、お客様が自信を持って着物を楽しめるよう全力で支援します。

和遊館丸豊
店名 和遊館丸豊 豊橋店
住所 〒441-8113愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601

予約・お問合わせ

ふくよかな体型について

着物選びのポイント

振袖選び
寸胴の体型は、ウエストのくびれが少なく、全体的に直線的なラインが特徴です。このような体型の方が振袖を美しく着こなすためには、いくつかの工夫が必要です。まず、寸胴の体型に合った着物を選ぶことが重要です。振袖選びの際には、ウエスト部分にポイントがあるデザインや、縦のラインを強調する柄を選ぶと良いです。これにより、全体のシルエットが引き締まり、スタイルアップ効果が期待できます。

ふくよかな体型に合う振袖の選び方として、まず色と柄の選び方がポイントです。濃い色や縦縞の柄は、視覚的に体型を引き締める効果があります。また、大きな柄よりも小さめの柄を選ぶことで、全体のバランスが良くなり、寸胴の体型を目立たせない工夫ができます。さらに、帯の結び方にも工夫が必要です。帯を高めに結ぶことで、ウエストラインを強調し、寸胴の体型をカバーすることができます。

実際に振袖を着用する際には、補正下着やタオルを使ってウエスト部分を補正する方法もあります。これにより、着物が体にしっかりとフィットし、美しいラインを作り出すことができます。専門的な知識を持つ着付け師に相談することで、寸胴の体型でも無理なく美しく着物を着こなす方法を学ぶことができます。

振袖選びや着付けのコツを押さえておくことで、寸胴の体型でも自信を持って振袖を楽しむことができます。特別な日のために、しっかりと準備をして、自分に最適な振袖スタイルを見つけましょう。

自分に合った振袖の選び方

振袖の選び方

自分に合った振袖の選び方は、体型や個々の好みに応じて慎重に行うことが大切です。まず、自分の体型を理解することが重要です。例えば、寸胴の体型の場合、ウエストラインが目立たないデザインや、縦のラインを強調する柄を選ぶと良いです。具体的には、濃い色や縦縞の柄が体型を引き締める効果があります。

次に、色や柄の選び方も重要です。自分の肌の色に合う色を選ぶことで、顔色が明るく見えます。例えば、肌の色が明るい人には、淡い色やパステルカラーが似合います。一方で、肌の色が少し暗めの人には、深い色や鮮やかな色が映えるでしょう。柄に関しては、背の低い人は小さめの柄を選ぶとバランスが良く見えます。

また、着物の素材にも注意を払うことが必要です。絹や綿など、自然素材の振袖は肌触りが良く、着心地も快適です。さらに、試着を重ねることが大切です。試着をすることで、実際に自分に合った振袖が見つかりやすくなります。着付け師や専門のアドバイザーに相談することで、より自分にぴったりの振袖を見つけることができます。

全体のコーディネートを考慮することも忘れないでください。帯や小物、アクセサリーなどのアイテムを組み合わせることで、自分らしいスタイルを完成させることができます。自分に合った振袖を選ぶことで、特別な日の装いがより一層輝くものとなるでしょう。

ふくよかな方に似合う着物の特徴

似合う振袖、着物

寸胴体型の方に似合う振袖の特徴について考えると、まず第一に、全体のシルエットを美しく見せる工夫が必要です。寸胴体型はウエストのくびれが少ないため、ウエストラインを強調するデザインや着付けが効果的です。例えば、縦のラインを強調する柄やデザインの振袖を選ぶと、体型がスッキリ見えます。具体的には、縦縞や流れるような曲線の柄が視覚的に引き締め効果をもたらします。

色選びも重要なポイントです。濃いめの色やシックな色合いの振袖は、全体のラインを引き締めて見せる効果があります。対照的に、淡い色や明るい色の振袖は、体型をふんわりと包み込む印象を与えます。これにより、寸胴の体型を目立たせずに美しく見せることができます。

さらに、帯の結び方にも工夫が必要です。帯を高めの位置で結ぶことで、ウエストラインを強調し、体型のバランスを整えることができます。帯の幅や結び方にも注意を払い、体型に合わせたアレンジを施すことで、寸胴の体型をカバーすることができます。

寸胴体型に合わせた着付けのテクニックや、補正下着の利用も効果的です。タオルや補正パッドを使用することで、ウエストラインを作り出し、全体のバランスを整えることができます。これにより、振袖がより一層美しく見えるようになります。

このように、寸胴体型に合った着物を選ぶ際には、デザインや色、帯の結び方などのポイントを押さえることが大切です。専門的な知識を持つ着付け師に相談することで、最適な振袖を見つけ、特別な日を自信を持って迎えることができます。

着付けのコツ

寸胴をカバーする着付けの方法

着付けのコツ

寸胴の体型をカバーする着付けの方法には、いくつかのポイントがあります。まず、ウエストラインを強調することが大切です。これにより、体型のバランスが整い、美しいシルエットを作ることができます。具体的には、帯を高めに結ぶことが有効です。帯をウエストより少し上に結ぶことで、くびれが強調され、全体のプロポーションが良く見えます。

次に、補正用具の活用も効果的です。タオルや補正パッドを使って、ウエスト部分を補正することで、寸胴の体型をカバーできます。補正用具を使う際は、体にフィットするようにしっかりと固定し、着物がずれないように工夫します。これにより、着物のラインが美しく整います。

また、着物の素材やデザインにも工夫が必要です。柔らかい素材の着物は体に馴染みやすく、寸胴の体型を優しく包み込んでくれます。さらに、縦のラインを強調する柄やデザインを選ぶことで、視覚的に体型を引き締める効果があります。

帯結びのアレンジも重要です。華やかな帯結びを取り入れることで、視線を上に引き、ウエストラインを強調できます。帯の結び方にはさまざまな種類がありますが、寸胴の体型をカバーするには、ボリュームのある結び方がおすすめです。これにより、全体のバランスが良くなり、スタイルが引き締まります。

着付けの際は、専門の着付け師に相談することも一つの方法です。専門的な知識と経験を持つ着付け師に依頼することで、自分の体型に最適な着付けをしてもらうことができます。これにより、寸胴の体型をカバーし、美しく着物を着こなすことが可能です。

寸胴を美しく見せるポイント

美しく見せるコツ

寸胴の体型を美しく見せるポイントはいくつかあります。まず、視覚的にウエストラインを強調することが大切です。これには、ウエストの位置を高めに設定することが効果的です。具体的には、帯を通常よりも少し上の位置に結ぶことで、ウエストが細く見える効果があります。帯の結び方にも工夫を凝らし、ボリュームのある結び方を選ぶと、全体のバランスが良くなります。

次に、着物の柄や色選びも重要です。縦のラインを強調する柄やデザインは、体型を引き締めて見せる効果があります。例えば、縦縞や流れるような曲線の柄は、寸胴の体型をカバーするのに適しています。また、濃い色やシックな色合いの振袖を選ぶことで、全体のラインがスッキリ見えます。

補正用具の使用も一つのポイントです。タオルや補正パッドを使ってウエスト部分を補正することで、体型を整えることができます。補正具をしっかりと固定し、着物がずれないようにすることで、長時間でも美しいシルエットを保つことができます。

さらに、小物やアクセサリーの選び方にも工夫が必要です。華やかな帯飾りや、目を引くヘアアクセサリーを取り入れることで、視線を上に引き、ウエストラインを強調することができます。また、着物とコーディネートする小物の色やデザインも、全体のバランスを考慮して選ぶと良いです。

実際の着付けでは、専門的な知識を持つ着付け師に相談することもおすすめです。自分の体型に合った着付け方法を提案してもらうことで、寸胴の体型でも自信を持って振袖を着こなすことができます。このような工夫を凝らすことで、寸胴の体型を美しく見せることが可能です。

小物の選び方

寸胴に合った小物の種類と使い方

振袖小物の選び方

寸胴の体型に合った小物の選び方とその使い方について解説します。まず、帯飾りや帯揚げ、帯締めなどの小物は、着物の印象を大きく変える重要なアイテムです。これらを上手に活用することで、寸胴の体型をカバーし、全体のバランスを整えることができます。

帯飾りは、ウエスト部分を引き締める視覚効果があります。華やかな帯飾りを選ぶと、視線が自然とウエストに集まり、ウエストラインが強調されます。帯揚げと帯締めは、コーディネートのアクセントとして重要です。帯揚げは柔らかい素材のものを選び、ふんわりとした結び方をすることで、優雅な印象を与えつつ、寸胴をカバーできます。帯締めは少し太めのものを選ぶと、ウエストラインを強調しやすくなります。

次に、襟元の装飾も重要です。半襟を使うことで、顔周りが明るくなり、全体のバランスが整います。刺繍が施された半襟や、色鮮やかなものを選ぶと、視線が上に引き上げられ、寸胴の体型を目立たせない効果があります。

さらに、髪飾りやヘアアクセサリーも効果的です。大きめの髪飾りや華やかなヘアアクセサリーを使うことで、視線を上に引き上げ、全体のバランスを取ることができます。髪型も、高めのアップスタイルやボリュームのあるスタイルを選ぶと、より効果的です。

実際にこれらの小物を使う際は、全体のコーディネートを考慮しつつ、バランスよく配置することが大切です。専門的なアドバイスを受けながら、小物の使い方を工夫することで、寸胴の体型でも美しく着物を着こなすことができます。経験に基づいた知識と工夫を取り入れることで、自分に最適なスタイルを見つけましょう。

振袖レンタルの利用方法

寸胴の体型に合った振袖を探すポイント

振袖レンタル、振袖

振袖レンタルを利用する際に寸胴の体型に合った振袖を探すためには、いくつかのポイントに注意することが大切です。まず、試着は必須です。振袖はデザインやサイズ感が多種多様であるため、自分の体型にフィットするものを実際に着て確認することが重要です。特に、ウエストラインや全体のシルエットを確認することが必要です。高めのウエストラインを持つデザインや、縦のラインを強調する柄が体型を引き締めて見せる効果があります。

次に、レンタル店のスタッフに相談することも有効です。スタッフは豊富な経験を持っており、体型に合った振袖を提案してくれることが多いです。具体的な体型の悩みや希望を伝えることで、適切なアドバイスを受けることができます。また、補正下着や補正パッドの使用も相談すると良いです。これにより、振袖がより体にフィットし、理想的なシルエットを作り出すことができます。

さらに、色選びも重要です。濃い色や縦縞の柄は、寸胴の体型を引き締めて見せる効果があります。また、装飾が少なくシンプルなデザインは、体型をすっきりと見せるために適しています。逆に、大きな柄や派手な装飾が多い振袖は、体型を強調してしまうことがあるため、避ける方が無難です。

レンタルする振袖のセット内容も確認しておきましょう。帯や帯締め、小物などが含まれている場合、それらのアイテムも寸胴の体型に合ったものを選ぶことが重要です。特に帯の結び方や位置がウエストラインを強調する役割を果たすため、細部にこだわることが大切です。

これらのポイントを踏まえて、慎重に振袖を選ぶことで、寸胴の体型でも美しく振袖を着こなすことができます。しっかりと試着を行い、専門家の意見を参考にしながら、自分に最適な振袖を見つけましょう。

レンタル店で対応のアドバイス

レンタル店での試着

レンタル店で寸胴の体型に対応するためのアドバイスを紹介します。まず、レンタル店での試着は非常に重要です。自分の体型に合った振袖を見つけるためには、実際に試着してみることが必要です。試着時には、ウエストラインや全体のシルエットを確認し、自分に最適なフィット感を確かめることが大切です

次に、スタッフに自分の体型について具体的に伝えることが効果的です。寸胴の体型に対してどのような悩みを持っているかを詳しく説明することで、スタッフは適切なアドバイスを提供してくれます。例えば、ウエストを強調するデザインや、縦のラインが際立つ柄の振袖を提案してもらうことができます。スタッフの経験と知識を活用することで、理想的な振袖選びが実現します。

さらに、補正下着や補正パッドの利用も相談すると良いです。補正下着や補正パッドを使用することで、ウエストラインを整え、振袖がより美しく見えるようにサポートできます。これにより、着物が体にしっかりとフィットし、長時間でも快適に過ごせるようになります。

色選びも重要な要素です。濃い色や縦縞の柄を選ぶことで、寸胴の体型を引き締めて見せる効果があります。対照的に、淡い色や大きな柄は避ける方が良いです。シンプルで洗練されたデザインの振袖を選ぶことで、体型をすっきりと見せることができます。

帯の結び方にも工夫が必要です。帯を高めの位置で結ぶことで、ウエストラインが強調され、寸胴の体型をカバーすることができます。帯の幅や結び方も、自分に合ったスタイルを選ぶことで、全体のバランスが良くなります。

これらのポイントを押さえながら、レンタル店での試着やスタッフとの相談を通じて、自分に最適な振袖を見つけてください。寸胴の体型でも美しく着こなせる振袖を選ぶことで、特別な日を自信を持って迎えることができます。

撮影やイベントでの崩れ対策

寸胴の体型でも崩れない撮影のコツ

振袖の着崩れ防止対策

撮影やイベントで振袖を着用する際、寸胴体型でも崩れないための対策について解説します。まず、補正具を適切に使うことが重要です。タオルや補正パッドをウエスト部分にしっかりと配置し、着物が体にフィットするように補正します。これにより、着物がズレにくくなり、長時間の着用でも美しいシルエットを保つことができます。

次に、帯の結び方に工夫を凝らします。帯は高めの位置でしっかりと結び、ウエストラインを強調します。帯の結び方にはいくつかの種類がありますが、寸胴の体型にはボリュームのある結び方が適しています。これにより、ウエストラインが引き締まり、全体のバランスが良くなります。

撮影の際には、姿勢にも注意が必要です。背筋を伸ばし、胸を張ることで、ウエストラインが自然に強調され、寸胴の体型をカバーできます。特に写真撮影のときには、顎を少し引いて目線を上げることで、顔周りがスッキリと見え、全体のバランスが整います。プロのカメラマンに撮影を依頼する場合も、これらのポイントを意識してポーズを取ると良い結果が得られます。

さらに、着物が崩れないようにするために、動作にも気を付けることが大切です。大きな動きや急な動きを避け、ゆっくりと優雅に動くことで、着物がズレたり崩れたりするのを防げます。特にイベントなどで長時間過ごす場合は、こまめに鏡でチェックし、必要に応じて着物の位置を直すことも大切です。

専門の着付け師に依頼することもおすすめです。経験豊富な着付け師は、体型に合わせた補正や着付けを行い、長時間崩れないように工夫してくれます。これにより、安心して撮影やイベントを楽しむことができます。

これらのポイントを押さえておくことで、寸胴の体型でも崩れにくい着物姿を保ち、美しい写真を撮影することができます。特別な日の思い出を、素晴らしい姿で残すための準備をしっかりと行いましょう。

イベント中の寸胴の崩れ対策方法

振袖の着崩れ防止対策

イベント中に寸胴の体型で着物が崩れないようにするためには、いくつかの対策を講じることが大切です。まず、着付けの際にしっかりと補正を行うことが基本です。タオルや補正パッドを使用してウエスト部分を整え、着物が体にフィットするようにします。補正具はきちんと固定することで、動いてもズレにくくなり、長時間のイベントでも安心です。

次に、帯の結び方に注意を払います。帯はしっかりと結び、緩みが出ないように工夫します。帯結びの際には、緩みが出やすい部分に注意を払い、特にウエスト周りをしっかりと固定することで、動いても崩れにくくなります。また、帯締めや帯揚げを使って、帯をさらに固定することも効果的です。

イベント中は、こまめに着物の状態をチェックする習慣をつけることが重要です。鏡を持ち歩き、トイレなどで定期的に確認することで、着物が崩れていないかを確認します。少しでもズレを感じた場合は、すぐに直すことが大切です。これにより、大きな崩れを未然に防ぐことができます。

動作にも気を付けることが必要です。急な動きや大きな動きを避け、ゆっくりとした動作を心がけることで、着物が崩れるリスクを減らせます。特に座ったり立ったりする動作は、慎重に行うことが大切です。また、イベント中に長時間座る場合は、腰に負担がかからないようにクッションを使用すると良いです。

さらに、着物が崩れた場合に備えて、予備の補正具や安全ピンを持ち歩くと安心です。これにより、緊急時にも迅速に対処でき、着物の美しい状態を保つことができます。

事前に着付け師と相談し、自分の体型に合った着付けの方法を学んでおくことも重要です。専門家のアドバイスを受けることで、寸胴の体型でも崩れにくい着付けを実現できます。これらの対策を講じることで、イベント中も安心して美しい着物姿を楽しむことができます。

着物の補正や修正について

寸胴に合わせた着物の補正方法

 

着物の補正や修正

寸胴の体型に合わせた着物の補正方法について説明します。寸胴の体型はウエストのくびれが少なく、全体的に直線的なシルエットが特徴です。この体型を補正するためには、まずウエスト部分に適切な補正用具を使用することが重要です。タオルや補正パッドを使ってウエストをしっかりと補正し、体型にフィットさせることで、美しいシルエットを作り出します。

補正用具を使う際には、タオルをウエストに巻き付け、その上から補正パッドを装着します。タオルは薄手のものを選び、しっかりと固定することで、動いてもズレにくくなります。補正パッドは、ウエストラインを強調するために使用しますが、体に密着するように配置し、着物が自然に体に沿うようにします。

次に、着物の着付けにおいては、帯の位置を工夫することが大切です。帯はウエストより少し高めの位置に結ぶことで、ウエストラインが強調され、寸胴の体型をカバーできます。帯を結ぶ際には、しっかりと締めることで、着物全体がずれにくくなり、長時間の着用でも美しいシルエットを保つことができます。

また、襟元の調整も重要です。襟元をしっかりと引き締め、ゆるみが出ないようにすることで、全体のバランスが整います。襟がきれいに整うことで、上半身がスッキリと見え、寸胴の体型をカバーする効果があります。

さらに、着物を着る際には、細部にも注意を払います。例えば、袖や裾が長すぎないように調整し、全体のバランスを取ることが大切です。着物の長さや幅が体に合っているかどうかを確認し、必要に応じて調整することで、寸胴の体型でも美しい着姿を保つことができます。

専門の着付け師に相談することもおすすめです。プロの着付け師は、体型に合わせた補正方法や着付けのコツを知っており、寸胴の体型に最適なアドバイスを提供してくれます。自分の体型に合った補正方法を学び、実践することで、特別な日を自信を持って迎えることができます。

着崩れを防ぐための補正ポイント

着崩れを防ぐための補正ポイントについて解説します。まず、ウエスト部分の補正が重要です。タオルや補正パッドを使用し、ウエストラインをしっかりと補正することで、着物が体にフィットしやすくなります。タオルは薄手のものを選び、ウエストに巻き付けます。これにより、ウエストのラインが整い、着物のずれを防ぐことができます。補正パッドは、体の凹凸を補い、着物が滑らかに体に沿うようにします。

次に、帯の結び方も大切です。帯はしっかりと結び、緩みが出ないようにすることで、着物全体が安定します。帯を結ぶ位置は少し高めに設定すると、ウエストラインが強調され、全体のバランスが良くなります。また、帯の結び目がしっかりと固定されていることを確認し、必要に応じて帯締めや帯揚げを使ってさらに固定します。

襟元の補正も忘れずに行います。襟元は特に崩れやすい部分であるため、補正用具を使用してしっかりと固定します。襟がゆるまないように、襟芯や襟留めを使って調整します。これにより、襟がきれいに整い、上半身のシルエットが美しく保たれます。

さらに、動作に注意を払うことも重要です。急な動きや大きな動作を避け、ゆっくりと優雅に動くことで、着物のずれや崩れを防ぐことができます。特に座ったり立ったりする際は、慎重に動くことが大切です。長時間のイベントや撮影の際には、定期的に鏡でチェックし、必要に応じて着物を直す習慣をつけると良いです。

また、着付けの際にプロの着付け師に依頼することもおすすめです。プロの着付け師は、体型に合わせた補正方法を知っており、着崩れしにくい着付けを提供してくれます。専門的な知識と経験を持つ着付け師に依頼することで、安心して特別な日を迎えることができます。

これらのポイントを押さえて補正を行うことで、着崩れを防ぎ、美しい着物姿を長時間保つことができます。しっかりと準備をして、自信を持ってイベントや撮影に臨みましょう。

美しい振袖姿を引き立てる小物とヘアスタイル

寸胴に合ったアクセサリーの選び方と使い方

小物、髪飾り

小物は振袖姿を引き立てる重要な要素です。寸胴の体型を美しく見せるためには、視線を上に引き上げる小物を選ぶことがポイントです。例えば、大きな帯飾り付きの帯〆や華やかな帯揚げを使用することで、ウエストラインが強調され、全体のバランスが整います。また、イヤリングやネックレスも効果的です。顔周りを明るくすることで、視線が自然と顔に集まり、寸胴の体型を目立たせない効果があります。アクセサリーの選び方や使い方を工夫することで、振袖姿が一段と引き立ちます。

ヘアスタイルで寸胴をカバーするテクニック

ヘアスタイルもまた、寸胴の体型をカバーするための重要な要素です。高めのアップスタイルやボリュームのあるヘアスタイルを選ぶことで、視線が上に引き上げられ、ウエストラインが強調されます。また、華やかな髪飾りを使用することで、顔周りが明るくなり、全体のバランスが良くなります。例えば、大きな花の髪飾りやパールをあしらった小物を使うと、上品で華やかな印象を与えることができます。ヘアスタイルと髪飾りを工夫することで、寸胴の体型をカバーし、美しい振袖姿を実現することができます。

小物・髪飾りとヘアスタイルの選び方を工夫することで、寸胴の体型でも自信を持って振袖を着こなすことができます。専門的な知識と経験を活かして、自分に最適なスタイルを見つけてください。

振袖|選び方のまとめ

着物・振袖を着る際に寸胴体型であることが気になる方も多いかもしれませんが、適切な補正と着付けを行うことで、誰もが美しい着姿を楽しむことができます。さらに、体型に合った振袖を選ぶことで、自信を持って特別な日を迎えることができます。寸胴体型に合わせた補正方法を理解し、実践することが、振袖や着物を美しく着こなすための第一歩です。

ウエスト部分に適切な補正を加えることで、身体のラインを美しく見せることが可能です。タオルや補正パッドを活用して、ウエストをしっかりとマークし、着物が体にフィットするように調整します。帯の結び方一つを工夫するだけでも、見た目の印象が大きく変わります。また、着崩れを防ぐためには、帯や襟元の正しい位置と固定方法が重要であり、これらを適切に行うことで、長時間美しい着姿を保つことができます。

さらに、イベントや撮影の際には、定期的に着姿をチェックし、必要に応じて微調整を行うことが大切です。小さなズレやシワも見逃さず、こまめに直すことで、常に最良の状態を維持できます。専門の着付け師に相談することも、より確実な方法です。プロの手による着付けは、特別な日の自信と美しさをさらに高めてくれるでしょう。

着物の補正や着付けの基本から応用技術までを学び、寸胴の体型に合った方法を身につけることができたら幸いです。着物は日本の伝統的な衣装であり、その美しさを最大限に引き出すためには、正しい知識と技術が不可欠です。これからも、これらの技術を活用し、どんな体型でも自分らしく着物を楽しんでいただければと思います。自分の体型に合った振袖を選び、着付けのコツをマスターすることで、特別な日の装いを一層引き立てることができます。美しい着姿で特別な日を迎えるための準備をしっかりと整え、安心してイベントや撮影を楽しみながら忘れられない思い出を作ってください。

振袖・振袖レンタル・着物・着物レンタル・着付け教室・フォトスタジオ・前撮り・撮影なら和遊館丸豊

和遊館丸豊は、振袖、卒業袴、着物レンタルから着付け教室、振袖ドレスまで、お客様の大切な一日を彩るための全てをご提供しています。フォトスタジオを常設し、着物・振袖専門店として、商品セレクト、着付け、コーディネートに力を入れ、お客様一人ひとりに合った最適な着物選びをお手伝いしています。和遊館丸豊の強みは、細部にまでこだわったセレクト力と、美しく着こなすための着付け技術です。お客様が自信を持って着物を楽しめるよう、心を込めてサポートいたします。

和遊館丸豊
店名1 和遊館丸豊 豊橋店
住所 〒441-8113愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話 0532-26-2601
店名2 和遊館丸豊 田原本店
住所 〒441-3416愛知県田原市東赤石4丁目83
電話 0531-22-0071

予約・お問合わせ

よくある質問

Q.いつ頃、振袖を見に来てますか?
A.振袖を見に来るのは、高3の春ぐらいからスタートして、成人式の2年半〜1年前までが一般的です。

理由としては、選べる振袖の種類が多かったり、当日のお支度時間を優先的に選べたりすることから、多くの方が大学1年生の夏休みまでに選んでいます。

Q.いつ頃、振袖を決めてますか?
A.大体60%以上の人が、成人式の1年前までに振袖を決めています。

Q.振袖選びは時間がかかりますか?
A.平均して約8〜10着を試着して選んでいますので、平均約1.5~2時間ほどです。

Q.最近の振袖は何色が人気ですか?
A.人気は白系(約24%)続いて赤色(約15%)が人気です!最近は、緑色(約14%)や青色(約14%)の人気が高まってきているカラーですね。案外、色については偏りが少なくなってきています。

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 豊橋店
所在地・・・〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町笠松27−2
電話番号・・・0532-26-2601

店舗概要

店舗名・・・和遊館丸豊 田原本店
所在地・・・〒441-3416 愛知県田原市東赤石4丁目83
電話番号・・・0531-22-0071

和遊館丸豊にLINEで予約・問い合わせ

LINEなら24時間受付可能!

豊橋店LINE問い合わせ

関連記事一覧